【黒き手が…】・7

2017.06.10(05:27)

救いの手
「マカぁーっ!」
「ようやく呼んだな。ったく、遅いっ!」
「えっ?」
 マカが現れた。
 それこそ風のような速さで。
 フーカの体を抱え込み、光る右手でフーカの首元に触れた。
 すると黒い手のひらは黒いチリと化し、消えた。
「…まったく。余計なことにばかり首を突っ込みたがるな。ミナは」
 マカは険しい表情で、フーカの体を見た。
「まっ、ぎりぎりセーフってところか」
「あっ、フーカちゃん!」
 ミナは二人に駆け寄った。
 フーカは涙を流していたが、その寝息は安らいだものになっていた。
「気を失っただけだ。…それより、説明してもらおうか」
 いつものマカとは違った厳しい雰囲気に驚きながらも、ミナはこの前の夜のことを話した。
 するとマカはこめかみをぐりぐりと指で押した。
「…このプレハブ小屋を壊すよう、校長に進言したのは私だ。ここはあまりに邪気が集まり過ぎた」
「じゃっ邪気?」
「ああ。ここは人目に付きにくいだろ? 悪さをする生徒や、自殺をする生徒の悪しき気が溜まり、この場自体が手に負えなくなっていた。だからいっそのこと壊すように言ったんだが…」
「ごっゴメン…」
「ミナに謝られてもしょうがないさ。まずは、ここを何とかしなければな」
 マカはミナの後ろに眼をやった。
「おい。セツカ、ソウマ。出て来い」
「はいはい」
「こんばんわ、ミナさん」
「あっ、あなた達…」
 あの夜、ぶつかった少年と青年だった。
「マカの知り合いなの?」
「正確には血縁者だ。少年の方がセツカ、青年の方がソウマと言う。まっ、深くは気にするな」
 そう言いつつ、ソウマにフーカの体を渡す。
「例の物は?」
「急いで準備しましたよ」
 フーカを受け取る時、ソウマは手に持っていた紙袋をマカに渡した。
 紙袋の中身を確認して、マカは頷いた。
「礼は後で渡す。セツカ、手伝え」
「はいはい」
「あっ、ミナはソウマの近くにいろ」
「うっうん…」
 マカはセツカを連れ、プレハブ小屋へと入った。
「…またよく活性化しているな」
「こんなに溜まっているとはね。学校って怖いよね」
 マカは険しい顔で紙袋に手を突っ込んだ。
 ミナやフーカには視えないだろうが、小屋の中は黒い手でいっぱいだった。
 いや、視えない方がよかっただろう。
 いろいろな黒い腕が伸び、渦を巻いている光景など。
 そして取り出したのは、丸く平べったいロウソク。
 そのロウソクには魔方陣が彫られていた。
「ボクも手伝ったんだからね。半日でやるには苦労したよ」
「コレで前回のケータイの件は水に流してやる」
 そう言われ、セツカは言葉をなくした。
 マカは黒き手を何とも思わず、部屋の隅にロウソクを置いていく。
 最後に中心部に一つ置き、その前に立った。
「セツカ」
「はいはい」
 セツカはマカと向かい合うように立った。
 二人で手を合わせ、気を高める。

にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村←よかったら、ぽちっと押してください。

スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hosimure.blog33.fc2.com/tb.php/1088-4d518a65