フリーのシナリオライターとして活動しています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あっアタシね、この頃ヘンな夢を見るの。死んだ二人が、死ぬところの夢を…」
 それはミナも見ていた。
「それでね、考えてみたんだけど…。あの夜やったこと、順番で言うとアキさんやユマさんの順序だったよね?」
 そう、そして次は…。
「それで次は…アタシなのぉ?」
 ついにフーカは泣き出した。
 同じ不安を感じているフーカは何も言えない。
「じゃっじゃあ今夜、あたしの家に来る?」
「…えっ?」
「二人でいれば、何とかなるかもしれないでしょ?」
 確信なんて無かった。
 けれどもう一人で抱え込むには、ムリがあった。
「そ…そうね。じゃあ、お邪魔する」
「うん、来て」
 無理やり微笑み合う二人を、階段の影からマカが無表情で見つめていた。
「なるほど、な…」


黒き手のひら
 その夜、フーカはミナの部屋を訪れていた。
 両親は仕事で遅くなるらしい。
「自由にしててね」
「うっうん」
 しかしフーカはここに来た時から震えが止まらないらしい。
 もうすぐあの儀式を行った時刻だ。
 ミナはムリに笑みを浮かべ、立ち上がった。
「よしっ、お腹も減ってきたし、下におりてピザでも頼もう! 今の時間なら、バラエティ番組もいっぱいやっているだろうし」
「うっうん…」
 顔を上げたフーカだが、すぐに動きが止まった。
 表情が恐怖に引きつり、ミナの背後を震える指先で差す。
「あっああっ…!」

どんっ ばんばんっ どどんっ

 …何かを叩くような音。
 ミナはゆっくり振り返った。
 まだカーテンは閉めていなかった。
 だからはっきりと見てしまった。
 窓には黒い手のひらの跡が、音と共に次々と現れる。
 手のひらは、赤ん坊サイズから男性の大きなサイズまでさまざまだ。
 ミナは眼を見開き、口を開いた。
「いっやあああ!」
 二人は部屋を飛び出した。
 そのまま家からも、出てしまう。
 二人は駆け出し、学校へと向かった。
 そして校門を乗り越え、例のプレハブ小屋へと来た。
「えっ…?」
 息を切らせながら、ふとミナは正気に戻った。

―何故、ここへ来てしまったのだろう?

 逃げ場所ならば、もっと人気の多い所の方が良かったのではないのか?
 なのに逃げている途中、迷わずここへ来てしまった。
 まるで導かれているように―。
「ねっねぇ、フーカちゃん。帰ろう。ここは危ないよ!」
 しかしフーカは反応しない。
 体を折り曲げ、苦しげに顔を歪めていた。
「うぐっ…」
 苦しそうに首を掻き毟っている。
 ミナはフーカの首元を見て、言葉を無くした。
 その首には、黒い手のひらがまるで首を絞めるような形ではっきりと浮かんでいたからだ。
「ひっ!」
 ミナは思わず後ろに引いた。
 フーカは息が出来ないようで、口を何度も開かせるも吸えないようだ。
 脂汗が顔に浮かび、目が血走る。
「やっやぁあっ!」
 逃げ出すことも、助け出すことも出来ず、ミナは顔を恐怖に歪めた。
「どっどうしようどうしようどうしようっ…!」
 頭の中が混乱する中、一人の人物の顔が浮かんだ。
 そして、その名を叫んだ。

にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村←よかったら、ぽちっと押してください。

スポンサーサイト

【2017/06/10 05:11】 | ★マカシリーズ★
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。