甘々のキス・3

2017.06.06(01:07)

「『可愛い』なんて、あてにならないわ!」
「…急に何を言い出すんだ?」
「だって! そう思わない?」
 わたしは憤慨しながら、シャープペンを握り締めた。
「人はいろんなところで『可愛い』を使うじゃない? 社交辞令でもしょっちゅう言うしさ!」
「一理あるが…。お前、勉強飽きたのか?」
「うっ…★」
「せっかく現役の塾講師の俺が来ているのに、飽きるとはひどいヤツだな」
「だっだてぇ。…少しは休みましょうよ。いい加減、疲れたわ」
「最初っからそう言えばいいのに。いきなり何を言い出すのかと思った」
「…でもそう思っているのは事実よ」
「お前は『可愛い』から。いろんな人から言われ過ぎて、疑心暗鬼になっているだけだよ」
 そう言って優しく笑う従兄を、わたしは上目づかいで軽く睨む。
「…言い方が、安っぽい」
「どう言えば良いんだよ? 『可愛い』もんは『可愛い』んだから。しょうがないだろう?」
「嬉しくない言い回しね…」
 わたしは肩を竦め、伸びをした。
「けど『可愛い』も大事だろ? お前、あの高校を目指しているのだって、制服が『可愛い』からだろ?」
「ぐっ!」
「『可愛い』を目指して、頑張るコだっている。案外バカにできるもんでもないだろう?」
 わたしの頭をぽんぽんっと叩く仕種は昔から変わらない。
 小さい駄々っ子を、落ち着かせる為の行動だ。
「でも、こういう行動はバカにしていると思う」
 わたしは従兄の腕を掴んだ。
「どこが? 可愛がっているじゃないか」
「生まれて十五年間、ずっと続けられている行動だと、『お前は成長していない』って言われているように感じるんだけど?」
「そんなことないさ。十五年間、俺はずっとお前のことを『可愛い』と思っている」
「それはっ…!」
「うん?」
 あくまでも穏やかに笑う従兄に、何も言えなくなってしまうわたし…。
「子供扱い、しないでよ…」
 いつまで経っても、従兄はわたしを年下の女の子扱いしかしない。
 あの名門校を選んだのだって、制服が『可愛い』からだけじゃない。
 偏差値がとても高い。
 だからそこを選べば、現役塾講師である従兄が勉強を教えに来てくれると、思っていたから…なのに。
「わたしだって、いつまでも子供じゃないんだから!」
 こう言っている時点で、わたしは子供だな。
 …だからいつまで経っても、従兄は従妹としか見てくれないって、分かっているのに。
「うむ。そうだなぁ…。そう言われて見れば、ちょっと甘やかし過ぎたかもな」
「いや、そういうんじゃなくてね」
「それじゃあもうちょっと、厳しく指導しよう」
 そう言った従兄の目が、キラッ★と光った!
「うっ!」
「実はもうちょっと厳しくしようと思っていたところだったんだ。このままじゃ、本気でマズイしな。ヤル気を出してくれて、嬉しいよ」
 んがっ!? 通じていないうえに、逆効果っ!
 …あっありえない。
 この鈍感さ…。いや、だからこそ、今まで彼女の1人もいなかったワケで…。
「あの高校、俺の塾から近いからな。受かれば会える機会も増えるだろ?」
「そっそうね…。その時はお茶でもご馳走してちょうだい」
「もちろん。デートはしっかりやるよ」
「でっデート!?」
 いっいや、従兄に深い意味はないだろう。
「当たり前だろう? ちゃんと1人の女性として、扱うよ。でも今は教え子、な?」
「わっ分かってるわよ!」
「なら今は、コレでガマンしろよ?」
 従兄の顔が間近に迫ってきた。
「っ!?」
 そのままそっと軽く重なる唇。
 甘さが…口の中に広がった。
「おっ教え子に何するのよ!?」
「ははっ。だからコレで受験日までガマンしろって。この続きは、お前が高校生になってからな?」
 頬を染めて嬉しそうに言う従兄に、わたしは参考書をぶつけた。
「ならっ! 合格できるように、ちゃんと教えて!」
「ああ、ちゃんと勉強しろよ?」
「当然でしょ? 恋がかかっているんだから!」

<終わり>


にほんブログ村←よかったら、ぽちっと押してください。

スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hosimure.blog33.fc2.com/tb.php/1079-8a9d01b2