フリーのシナリオライターとして活動しています
あらすじ
 プレハブ小屋で行う恐怖の儀式。その儀式の本当の意味とは…。
 マカの親友・ミナは中学時代の友達に誘われ、とある儀式を行います。
 しかしそれは決して行ってはならないことで、その時マカは…。

『誘いの手』
「ねぇ、ミナ」
「えっ。…あっ、アキ…」
 ミナの顔が一瞬曇った。
 今時のギャル風の女子高校生二人が、ミナに近寄ってきた。
「何よ、どうしたの?」
 ミナは声を潜め、構える。
「冷たぁい。何、その態度ぉ」
 チャラけた声に、ミナの眼がつり上がる。
「…やめてよね。アンタ達との付き合いは、終わったんだから」
「ひどっ~い。ヤダね、ユマ」
「うん、ヒドイよミナ。中学時代、あんなに仲良かったのに」
「…うるさいなぁ。言いたいことがあるなら、ハッキリ言って。マカが戻ってきちゃう」
 今は放課後。
 教室の掃除当番だったミナと、日直だったマカ。
 ミナは掃除中で、マカは日誌を担任に渡す為に教室を出て行っている。
「マカ、ねぇ。あんなのと付き合ってて、何が楽しいの?」
 アキが鼻で笑うように言うと、ミナの眉間のシワが深くなった。
「マカの悪口を言うな。それより用は何なの? 早く言ってくれないと、ムシするけど?」
「あっ、そうそう。今晩、ヒマ?」
「ちょっとしたお遊びするんだけど、ミナも参加してよ」
「クラブなら行かないし、合コンもしない」
「違うって」
「そんなんなら、ミナ誘わないって」
 二人の笑い方に、ミナはホウキを持つ手に力を込めた。
 早くしないと、マカが戻ってきてしまう。
 こんな二人と一緒にいるところ、ホントはクラスメートにだって見られたくはない。
「学校の隅に、プレハブ小屋あるでしょ?」
「あそこでちょっと遊ぶんだ。大丈夫、どっちかって言えば、ホラー系だから」
「肝試しみたいなもの?」
「そうそう! それで夜の七時に、学校の門の前に集合ね」
「遅れちゃダメだかんね」
「って、ちょっと!」
「後一人、誘わなきゃいけないから」
「じゃ~ねぇ」
 二人はミナの返事も聞かず、教室から出て行った。
 入れ違いに、マカが戻ってきた。
「お待たせ、ミナ。…って、まだ掃除終わってないのね」
「あっ、ああ! ゴメン、マカ。すぐに終わらせるから!」
 ミナは慌ててホウキを動かし始めた。
 けれど頭の中は、アキとユマのことでいっぱいだった。
 マカには絶対に言えない、言いたくない過去が、ミナにはある。
 実はミナ、中学時代は少しグレていた。
 ギャル風の格好をし、行動や考え方もそっち寄りになっていた。
 両親が仕事一筋だった為、寂しさから行っていた。
 けれど高校受験を前に両親と和解し、高校ではマカと出会ったことにより、今のミナになった。
 アキとユマは中学時代の悪友。
 高校からは同じクラスになることもなかったし、あえて自ら声をかけたこともなかった。
 なのに今更…。
「ミナ? 手が止まってるわよ」
「あっ、ああ。ゴメン…」
 マカは首を捻り、ミナの額に手を置いた。
「…熱はないみたいね。でも勉強疲れが出たかしら?」
「そっそうかな?」
「そうよ、ここんとこ詰め込みすぎたわね。…んっ、掃除は私が代わるから、ミナは休んでなさい」

にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村←よかったら、ぽちっと押してください。

スポンサーサイト

【2017/06/04 21:28】 | ★マカシリーズ★
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック