フリーのシナリオライターとして活動しています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 親が転勤族で、学校が変わることなんて当たり前の日々を送っていた。
 それは高校に入ってからも変わらず、二年も同じ土地にいられれば良いほうになっていた。
 そのせいか、アタシは友達をあえて作らなくなった。
 作っても、離れれば意味が無いから。
 距離が離れれば、気持ちが離れてしまうのを、よく知っていたから。
 だから適度な距離をおいて、友達を作っていた。
 学校にいる時は一緒にいても、転校したら一切連絡を取らないような友達を。
 友達付き合いもこうなのだから、恋人はもう絶望視していた。
 何回か付き合ったけれど、やっぱりお互いにムリだって分かって自然消滅。
 全戦全敗なのだから、諦めもつく。
 だから今回転校してきた高校でも、同じように済ます気だった。
 なのに…。
「…何でアンタがいるのよ?」
「ん?」
 ズズッ~と紙パックのコーヒー牛乳をすすりながら、アイツは首を傾げた。
 転校してきたクラスで、隣の席になった男子生徒。
 まあ適当な接し方はした。
 転校してきたばかりだし、彼を頼ることも多かった。
 でも…何で昼休みに、アタシはコイツとお昼を食べているんだろう?
 人気の少ない特別教室がある四階の階段。
 そこでいつも昼食を1人で食べていた。
 クラスメートから誘われることはあったけど、あまり一緒にはいたくなかった。
 だから週に1・2回はここで1人で過ごすことにしていた。
 しかしいつの頃か、アイツがいた。
 アタシの後ろで、購買部から買ってきたお昼を食べている。
 そして昼休みが終わる頃になって、勝手に戻っていく。
 その間、会話はほとんど無し。
「別にどこで食べようが、オレの勝手だろう? ここはみんなの学校だし」
「それはそうだけど…」
 でも何故?と聞きたいけれど、同じ答えが返ってくるだけ。
 アタシはため息をつきつつも、お弁当を平らげる。
「なあ」
「何よ?」
「その弁当って、お前が作ってきてんの?」
「ううん、お母さんが。ウチ、過保護だから」
 そう言いつつ水筒のお茶を飲む。
 アタシが生まれる前から転勤族だった両親。
 同じ会社に勤めてて、今でも夫婦の仲は良い。
 幼い頃から友達が長続きしないアタシを心配して、仕事以外の時間はほぼアタシに付きっきりだ。
 2人の愛情はとても優しくて大きい。
 おかげで反抗期も、ほぼ無し。
 …本当は中学時代、寮のある学校に転校した時に、1人暮らしをしたいと思ったこともあった。
 でも…両親から涙を流され、大反対されれば、誰だって折れる。
「ふぅん。娘思いなんだな」
「一人娘ですから」
 ちなみにお茶も母の作ったもの。
 あたたかいハーブティーは、疲れた心と体を癒してくれる。
 もう一杯飲もうとして、コップにそそいだ時だった。
「どれ」
 ひょいっとコップを奪われ、ハーブティーはあっという間にアイツの口の中へ流し込まれた。
「ああ!? いきなり何すんのよ!」
 コップを奪い返すも、すでに一滴も残っていなかった…。
 なのにアイツは青い顔で、口元を押さえた。
「…何か匂いがすっごくて、味がしないんですケド」
「それがハーブティーなの! 味を知らないんだったら、飲むなぁ!」
 最後の一杯だったのに…くっすん。
「まあまあ。ホレ、イチゴミルクの方が美味いぞ」
 そう言ってアタシの頭の上に、冷たい紙パックのイチゴミルクを置く。
「冷たっ! あったかいのを飲んだのに、冷たいのなんか飲めますか! …でも、いただくわ」
 イチゴミルクは好き。…今の季節じゃなかったら、すぐに飲むほどに。
「ついでにコレもどーぞ。購買部で新発売のお菓子」
 小さな袋を2つ差し出してきたので、素直に受け取って、1つ開けて食べた。
「あっ、美味しい♪ チョコクッキーだぁ」
「ええっと…。チョコチップクッキーにチョコレートをかけたヤツだって」
「なるほど。美味しいわね」
 ニコニコしながら2袋めを開けて食べていると、ふと視線を感じた。
「…ん? 何?」
「…アンタさぁ、そうやって笑ってれば可愛いのに。何で教室ではあんなブスッとしているんだ?」
 アイツは頬杖をつき、不審げなものでも見るような目付きでアタシを見ている。
 だからアタシの笑みもすぐに引っ込んだ。
 代わりに出てくるのは、彼の言う『ブスッ』とした表情。
「なるべく友達を作らないように。アタシ、いつ引っ越すか分からない身だから」
「何だ、そんな理由で…」
「そんな理由なの。だから」
 アタシは荷物を持って立ち上がり、まっすぐに彼の眼を見た。
「アタシに構わないで、近付かないで。アタシは誰かと親しくなるなんて、そんなこと、望んでいないから」
 ハッキリ言うと、彼はため息をついて、頭をかいた。
 頑固な子供でも相手にしてしまった、というように。
 だからアタシは彼に背を向けた。
「ジュースとお菓子、ありがとう。―さよなら」
 そのまま彼の前から走り去ってしまった。
 けれど途中で立ち止まった。
 涙が…溢れてきたから。
 熱い涙が、冷たい頬に流れるから。
「何で…涙なんか…」
 理由は分かっていた。
 けれど認めたくなんてなかった。
 誰かのことで、心揺さぶられる自分なんて…信じたくはなかったから…。
 誰もいない廊下で声を押し殺しながら泣いた。
 だけど時間は過ぎていく。
 やがて涙は止まり、アタシは走り出した。
 教室に戻ると、クラスメートはアタシの異変に気付いた。
「ああ、走って来たから!」
 そう言って誤魔化した。
 彼は授業が始まるギリギリに戻って来た。

 そして次の日のお昼、いつもの所に、彼は来なかった。
 …自分のせいだって、分かっていた。
 彼には本当に申し訳ないことをしたとも、分かっている。
 勝手なことを言って、きっと傷付けた。
 教室にいる時も、お互いに意識してさけていた。
 …申し訳ない気持ちと、そして…寂しい気持ちが半分ずつ。
 だけど、コレで良かったんだ。
 誰にも言ってなかったけど、ここには最初っから三ヶ月間の予定だった。
 あと二週間で…三ヶ月になる。
 荷物をまとめはじめた。
 けれど気持ちを整理できなかった。
 いきなり転校するより、こうやって彼とは決別をつけたかった。
 そうすれば、アタシがいきなり消えても、きっと寂しくなんて思わない。
 アタシだって、いつかは忘れるだろう。
 ほんのささいなことだ。
 お昼休み、いつも2人だけでお弁当を食べていたことなんて…小さな出来事だから…。

 ―そう思ったのが、つい一ヶ月前のこと。
 今はもう、新しい制服も慣れてきた。
 アタシは相変わらず、お昼を1人で食べる時間を作っていた。
 ここでは中庭がベストスポットだ。
 1人で誰にも邪魔されずに食べているのに…思い出すのは彼のことばかり。
「…何で忘れられないんだろう? やっぱり…好きだったのかな?」
 好きだったから、あんな別れ方をしてしまったのか?
 今更悩んでも悔やんでも、全てが遅いのに…。
「そういうことは、本人の前で言うことだ」
 いきなり背後から抱き締められた。
 懐かしい彼の声と匂いに、涙が浮かぶ。
「なっんで…!?」
「オレも転校してきたから」
 振り返ると、確かにここの制服だ。でも!
「まさか、アタシを追って?」
「当たり前だろう? 惚れた女追いかけて、何が悪い?」
 相変わらずのふてぶてしさ。
 だけどそれが嬉しくて、アタシは彼に―キスをした。

<終わり>

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村←よかったら、ぽちっと押してください。

スポンサーサイト

【2017/06/04 21:19】 | <Kiss>シリーズ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。