フリーのシナリオライターとして活動しています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「待ちたまえ! キミ!」
 ウンザリする聞き覚えのある声に、アタシは深く息を吐いた後に振り返った。
 そこにはやっぱりウンザリする知った顔があった。
「何よ、風紀委員長」
「昨夜、キミを見かけたよ。コンビニでバイトしてただろう?」
「それが何か? ウチの高校の校則変わって、バイトOKになったじゃない」
「問題はそこじゃない。時間の問題だ。校則では19時までならば、となっている。キミを見かけたのは20時過ぎだった」
 風紀委員長…と言うのは長いので、アイツと呼ぼう。
 アイツのメガネがキラッと光った。
 あ~、ヤダヤダ。厄介なヤツに見られたもんだ。
「そうだったっけ? ウッカリ時間過ぎちゃってたか」
「キミは一時間もウッカリできるの?」
「しちゃったもんはしょーがない。と言うことで、サイナラ。アタシ、今日のバイト行かなきゃだから」
腕時計を見ると、そろそろバイトの時間だ。
「じゃ、委員長。また明日ね」
 軽く手を振り、全力ダッシュで走った。
「あっ、コラー! 廊下は走らない!」
 声ももう遠く聞こえる。
 そのぐらい、アタシの足は速い。
 勢いを衰えさせないまま、アタシは学校を出る。
 途中、他の生徒達が笑顔で手を振ってきたり、またはイヤな顔をしたりする。
 コレはしゃーないね。
 学校の規則を忠実に守る優等生の風紀委員長派と、アタシは仲が悪い。
 世間から見れば優秀な生徒ばかり集まる高校だけど、その分個性が強い。
 真面目なのが1番とは言えないこの時代に、アタシみたいな自由な生徒がいたって不思議じゃない。
 アタシは面倒見が良い人として、学校で有名だ。
 その証拠に、風紀委員と対立する自立委員の委員長だから。
 自立委員とは、生徒の個性と自由を重視した委員会だ。
 以前は禁止されていたバイトを認めさせたり、またはケータイの所持も許させた。
 風紀委員とはそのたびにぶつかり、アタシと委員長はほぼ犬猿の仲。
 ほぼ、という微妙な言葉を使うのは、別にアイツのことを嫌っているワケじゃないから。
 真面目で一生懸命なのは、尊敬できるところ。
 ただ…頭が固いのは、なぁ。
 昭和初期のジイさん並みだから。
 まっ、それでも関わるのは学校の中だけ。
 学校から出れば、アタシ達は無関係…そう思っていたのに。
 問題はアタシがバイトを終え、家に帰った直後に起こった。
 父を早くに亡くし、母子家庭だったウチ。
 母親がモジモジしながら、こう言った。

―再婚したい人がいるのって。

 アタシはすぐにOKした。
 母は優しく、穏やかな女性だ。今までにも男性が近寄ってきたことはあった。
 けれどアタシ一筋だった為、母は男を寄せ付けなかった。
 でもこうやって再婚と言い出したのは、きっとアタシの成長を安心したのだろう―と思っていたのに。
 いざ相手と顔合わせをした時、アタシは自分の時が凍りつく音を、ハッキリ聞いた。
「なっ何でキミが…!」
 …アイツこと、風紀委員長が、いた。
 新しい義父も早くに妻を亡くし、息子が1人いるとは聞いていたけれど…。
 …黙っていやがったな、母。
 アイツのことはほぼ毎日グチってたから、知らないハズは無い。
 なのにっ!
 …と悔しがってももう遅い。


 この日を境に、悪夢が始まった。
 朝、目覚ましが鳴るよりも先に、
「いつまで寝ているんだ! キミは! とっくに朝食の準備は終わっているんだぞ!」
 …と、アイツが部屋にノックも無しに起こしにくる。
 そして家を出る時も、何故か2人一緒。
 料理が趣味だというアイツの手作り弁当を持って、毎朝登校。
 帰る時も何やかんやと一緒で、帰ったら帰ったで、家事の手伝いをさせられる。
 …何、コレ?
 虐待? 新手のイジメ!
「…味が濃いな。いつもこんなの作っているのか?」
 アタシの作った煮物を食べて、言った一言はあまりに小姑くさいものだから、両親も失笑。
 義父はとても優しい人で、いろいろとフォローしてくれるんだけど…。
 何でこんな息子に育ったのか、一度問い詰めたい気もする。
 または洗濯物をたためば、
「そんな折方ではダメだ!」
 部屋に掃除機をかければ、
「違うっ! ゴミがちゃんと吸い取られていないだろう!」
 ゴミを捨てようとすれば、
「分別はちゃんとしろ!」
 テストで平均点以下を取れば、
「どうしたらこんな点数になるんだ! 今日は徹夜で勉強を教えてやる!」
 …果ては裁縫までやらされる始末。
「雑巾ぐらい縫えるようになれ! 何でも買って済ませようとするな!」
 しかも新しい洋服を買って、着たら、
「そんな派手な服を着るな! もっと清楚かつ清潔感のある服を着ろ!」
 ……などという事を、家の外でも内でもやらかすので、最近周囲ではヘンなウワサ話が流れている。

―風紀委員長と自立委員長、同居しているのではないか?
―あるいは恋人同士?
―それとももう夫婦?

「どれもちゃうわっ!」
 上に投げたクッションに、拳をぶつける。
 クッションは壁にぶつかり、ぼすんっと落ちる。
「うあがぁ! ストレス急上昇中!」
 部屋の中でゴロゴロと転がる。
 今日はアイツは風紀委員会で、遅くなる。
 なのに先に帰ってろと言われた。
 従うアタシもアタシだけどさぁ!
 …親が再婚してから、バイトは全部辞めた。
 てーかアイツに辞めさせられた。
 義父は医者なので金には困らなくなった。
 だから変に気を使われる前に、辞めた方がいいとアイツに言われ、それもそうだなと思ってやめた。
 でも辞めるんじゃなかった。
 家と学校の往復だけでは、疲れる。
 友達と遊びに行ったって、門限がつくられて、楽しめなくなった。
 親の為と思ってガマンしてきたけど、もういっそのこと! 1人暮らしでもするか!
「ただいま。今帰ったぞ」
 いきなり扉が開き、アイツが我が物顔で帰ってきた。
 だからアタシはクッションを拾い上げ、アイツの顔目がけて投げつけた!
「失せろ! 元凶!」
「ぶっ! いっいきなり何をするっ!」
 ズレたメガネを直しながら、アイツが驚いた顔をした。
「ストレス満タンなのよ! もう耐えられるかぁ! アタシはこの家、出て行く!」
「なっ! どうして?」
「ふざけたことを聞き返すな! アンタの小姑ぶりに嫌気がさしたのよ! そもそもどこの世界に男子高校生が小姑になるのよ! アンタは何時代生まれよ!」
「落ち着け! 僕が口うるさいのはキミの不出来なせいだろう? 僕は家族として、キミがどこの嫁に行っても恥ずかしくないよう…」
「だからその昭和初期の考えを改めろー! 今は平成! 男が家事やってたって、恥ずかしくはないわ!」
 言いながらアイツのアゴに飛びケリをくらわし、廊下に吹っ飛んだアイツの腹の上にまたがった。
「アタシだって男並みに強いのよ! アンタだって、女並みに家事ができるでしょう? それと一緒! 時代は変わっているんだから!」
「そっそれはそうだが…。キミの場合、もう少し落ち着かないと、嫁の貰い手が…」
「だ~からそれが余計なお世話だっつーの! 大体相手ぐらい、自分で見つけるわ!」
 アイツの襟元を掴み上げ、間近で睨んだ。
 その動きで、メガネが床に落ちる。
 わっ…メガネなしのコイツの顔、こんなに間近で見たのははじめてかも…。
 …やっぱりキレイに整った顔してんな。
 風紀委員長は推薦で決まる。カリスマ性を持ち合わせるコイツは、多くの生徒に慕われている。
 けれど中身は小姑。
 …今までされたことを思い出し、頭に血が上った。
 コイツに一泡ふかせたい!
 そんな思いにかられて、アタシは…。
 アイツに噛み付くようにキスをした。
「んぐっ…!」
 頭を掴んで、放さない。
 むさぼるようにキスを繰り返した後、息が苦しくなって、離れた。
「なっ…にをするんだっ…! キミは」
「ハッ! ザマーミロ!」
 笑ってアイツの上からどこうとした。
 けれどいきなり手を掴まれ、引き寄せられた!
「なっ何よ!」
「責任…取ってくれるんだろうな?」
「はあ!?」
 何古臭い言葉を言ってんだか…。
「両親には僕から説得するから」
 …アレ? 何で寒気が…。
「家事はそれでも分担しよう。やって損はないから…」
 ……もしかしなくても!
「ぷっプロポーズしてんの!? 頭おかしいんじゃない?」
 たかがキスで、責任取って、結婚!?
「もちろんだ! でも結婚できる年齢になるまで、修行は続けるからな!」
 修行って、まさかっ!
 アイツははじめて見る、満面の笑みを浮かべた。
「花嫁修業をな!」
 全身の血の気が、音を立てて下がった。
「いっイヤっーーー!」
 …近所中に、アタシの悲鳴が響き渡ったことは、言うまでもない。
 悪夢の日々は、まだまだ続きそうだった。

―完―

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村←よかったら、ぽちっと押してください。



スポンサーサイト

【2017/06/03 18:17】 | <Kiss>シリーズ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。