純愛のキス・5

2017.06.03(01:49)

 好きだと気付いたのは、ほんの些細なことでした。
 高校に入ってすぐ、部活紹介の時に先輩を一目見て、
(あっ、好き)
 と思ったのが始まりでした。
 笑顔がとても優しかったから。
 語る言葉もとても柔らかかったから。
 だから彼を追うようにして、生徒会へ入りました。
 生徒会は多忙を極めていて、とても忙しくもやりがいのある仕事ばかりです。
 先輩はどんな時でも笑顔を崩しません。
 いつでも優しく微笑んで、怒鳴ったり怒ったりは絶対にしない人でした。
 成績も優秀で、人望も厚く、カッコ良い人。
 だからライバル…と言うか、わたしと同じように先輩を好きになる女の子はたくさんいました。
 けれどどのコとも、先輩は付き合いませんでした。
 …そのことに、ほっとしている自分が嫌いです。
 わたしは昔っから人付き合いが苦手で、言葉も少ないので、友人と呼べる人はごく少数。
 だけど先輩のおかげで、話しかけてくれる人がたくさんできました。
 嬉しかったケド…その分、先輩を凄く遠く感じてしまいます。
 わたしなんかが側にいて、迷惑になっているんじゃないかと…。
 基本的に、生徒会副会長である先輩から何か言われない限り、わたしはどう動いていいか、分からないのです。
 気を利かすこともできず、いつも部屋の隅で小さくなってしまいます。
 話の輪の中にも中々とけこめないでいるのが、もどかしい…。
 でもいつもそんな時、先輩はわたしを呼んで、輪の中に入れてくれます。
 嬉しい反面、申し訳なささでいっぱいでした。
 そんなある日のことです。
 文化祭の準備で、生徒会がいつも以上に忙しく、そして慌しくなりました。
 わたしでさえ、息つく暇なく動き回ります。
 さすがに目が回ってきたので、生徒会室で一休みすることにしました。
 誰もいないと思っていた生徒会室には、先客がいました。
 先輩です。
 イスに座り、眠っていました。
 わたしは気配を消し、できるだけ足音を立てないように先輩に近付きました。
 …かなり熟睡しているようです。
 眠っている顔を見るのは、はじめてでした。
 きっとファンの女の子達も見たことがない…寝顔。
 思わず先輩の唇に見入ってしまいます。
 薄く開かれた唇。
「………」
 そこから少し声が出ているようです。
 わたしは思わず顔を近付け、耳を傾けてしまいます。
「…好きだ」
「えっ…」
 思わず声を出すと、先輩の瞼が震えました。
 いけない!と思って、慌てて先輩から距離を取りました。
「んっ…? アレ? オレ、もしかして寝てた?」
「はっはい。でもわたしは今来たばかりなので、どれだけ眠っていたのかは分かりませんが…」
「そうか。いや、ゴメンゴメン。ちょっと疲れててさ」
 そう言いつつ目元をこすり、立ち上がります。
「おっと、もうこんな時間か。急がなくちゃな」
 机に置いていた書類を持って、先輩は生徒会室を出て行こうとしました。
「あっ、そうだ」
「はっはい」
 先輩は振り返り、真っ直ぐにわたしを見ます。
「オレ、何か寝言言ってた?」
 どきっと心臓が高鳴りました。
「いっいえ、何も聞いていません」
 頭と両手を振ると、先輩はフッと笑いました。
「そうか、なら良いんだ」
 いつもの笑顔で、先輩は今度こそ生徒会室を出て行きました。
「ふう…」
 本当はウソはいけないことだけど…正直に、あの寝言のことを言う気にはなれませんでした。
 先輩はあの時、確かに、
 「…好きだ」
 と言いました。
 それはつまり…先輩には好きな人がいるということです。
 …胸が苦しい。
 ぎゅうっとして、息ができない…。
 わたしは一人、生徒会室で声を押し殺して泣きました。


 それからというもの、わたしは生徒会の仕事に打ち込みました。
 動いている間は、先輩のことを忘れられるから…。
 でもムリがたたったのか、わたしはある日、倒れてしまいました。
 意識を失い、その場にバタンッと…。
 次に目を覚ましたのは、額にヒンヤリするものを感じたからです。
「あっ、気付いたか?」
「先輩…。あれ、わたしは…」
 辺りを見回すと、どうやら保健室に運ばれたようです。
「いきなり生徒会室で倒れて、オレが運んだんだ。ゴメン、具合悪かったんだな」
 うっ…!
 よりにもよって、先輩に運ばれてしまったようです。
「いっいえ…。わたしこそ、体調管理を怠ってしまい、すみませんでした。もう大丈夫ですから」
 そう言って起き上がろうとしたわたしの肩を、先輩は優しく止めました。
「いや、今日はもういい。一段落ついたし、しばらく休むといい」
「…はい」
 本当に役立たずです、わたしは…。
 先輩の手には冷たいタオルが握られていました。きっとわたしの顔を拭いてくれたんでしょう。
 申し訳なくて、わたしは上半身だけ起こしました。
「あっあの、先輩はもう戻っていただいてかまいませんよ? ご迷惑はもうおかけしませんから」
「迷惑だなんて思っていないよ。逆に役得だったから」
 そう言って笑われても、わたしにはサッパリ意味が…。
「ちょうど聞きたいこともあったしね」
「聞きたいこと?」
「そう。以前、生徒会室で居眠りしているところ、見られちゃっただろう? その時、オレ、本当に何も言ってなかった?」
 そう聞く先輩の目は…笑っていませんでした。
 顔は笑っているのに…。
 だからか、身の危険を感じて、わたしは白状することにしました。
「すっすみません。本当は聞いちゃいました」
「うん。オレ何て言ってた?」
「すっ『好きだ』って…」
 思わずわたしの顔が赤くなっちゃいます…。
「そっか。やっぱり言ってたか」
 先輩はため息をつくと、真っ直ぐにわたしを見ました。
「その言葉を聞いて、キミはどう思った?」
「どうって…」
 胸が痛くなりました。先輩に好きな人がいるなんて、今まで考えていなかったから…。
「…先輩が好きになった人が、とても…羨ましく思いました」
「羨ましい? 何で?」
「何でって…。そう、思っただけですから!」
 そう言って、わたしは先輩から顔をそむけました。
「うん。でもキミがそう感じる必要はないんだよ?」
「えっ…」
 思わず顔を戻すと、先輩の顔が間近に迫っていました。
「だってオレの好きな女の子って、キミのことなんだから」
 にっこり微笑むと、先輩は軽く私の唇に触れました。
 …これって…!
「なっ!」
 キス!?
 両手で唇を隠します!
 顔が音を立てて、赤くなります!
「…ホントに素直で可愛いなぁ」
 今度はいきなり抱きつかれました!
 あまりの展開の速さに、目が回ってきました…。
「キミ、オレにスゴク懐いてくれるし、素直で可愛いし。ホントにたまらない」
 先輩はそう言って、頬をすり寄せてきました。
「わわわっ!? せっ先輩、いつからわたしが先輩のこと好きだって、気付いたんですか?」
「ん~。何となく? 気付いた時にはオレもキミのこと、好きだったしね。何せ夢にまで見るぐらいだもの」
 あっ…あの寝言って、わたしの夢を見てたから?
「でもせっかく現実世界でも両想いになれたんだから、言ってほしいな。あの言葉」
 間近で微笑まれ、言葉に詰まります。
 だけど精一杯の勇気を持って、わたしは言いました!
「すっ好きです! 先輩!」
「―うん。オレも好きだ」
 先輩の頬が赤くなりました。
 再び近付いてくる唇。
 わたしは先輩にしがみつきながら、そのキスを受け止めました。

<終わり>

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村←よかったら、ぽちっと押してください。

スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hosimure.blog33.fc2.com/tb.php/1067-599bfd22