『U・LA・LA!』・4

『えっ? 本当?』
「うん、これからよろしくね♪ クロウくん」
『い…やったぁあー!』
 大声は予想できたので、耳から離してた。
 その後、2時間ばかり話をして、彼とは電話を切った。
 そしてすぐに真希さんのケータイに電話する。
 彼女はとても優秀な人で、アタシの連絡にはすぐ応じてくれる。
『うらら、どうしたの? こんな時間に』
「うん、真希さん。今までクロウくんと話してた」
『そう? それで決めたの?』
「ええ、お付き合いすることにしたわ。社長にそう言っておいて」
『分かったわ。それじゃあ今日はゆっくりお休み。明日も朝、早いから』
「了解。おやすみなさい」
『おやすみ』
 真希さんのこういうところも良いな。楽で。
「さて、と」
 アタシは欠伸をしながら立ち上がった。
 明日からは今日以上に忙しい。早く休もう。


 ―そして翌日。
「あっちゃー☆」
 事務所に呼び出されたアタシは、会議室で今朝の朝刊&週刊誌を広げて見せられた。
 内容はどれも同じ、クロウとのことだ。
「事務所側としての返事はマスコミにはもう出してあるから。クロウくんの事務所もOKとのことだしね」
「ちゃっちゃっと話が進んだようで…」
「向こうのマネージャーが優秀だったのよ。どうも前々からうららちゃんに気があること、クロウくんがもらしていたみたいで、準備はしていたみたい」
「手腕なことで」
 アタシが皮肉まじりに言うと、真希さんは困り顔で肩を竦めた。
「まっ、これで交際が公になったわ。スタートも悪く無いし、良い関係を築いてね」
「はいはい」
 …ゴメンね、真希さん。
 アタシ、そんなに可愛い性格していないんだ。
「ところで初デートだけど、向こうのマネージャーと話し合った結果、ヒーローパークでどう?」
「…そういうのって、本人達が決めることじゃないの?」
「はじめのうちはどこ行ってもマスコミに付かれるわよ。それなら行き場所安全な所に行った方が、心構えもできていいじゃない」
 ヒーローパークというのは、いわゆる芸能人御用達の遊園地だ。
 芸能人か、その関係者を重宝される。
 もちろん一般人も入れるけど、結構厳しいところらしい。
 なので芸能人がワラワラいる。

<続く>

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村←よかったら、ぽちっと押してください。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
最新記事
カテゴリ
最新コメント
お手紙はこちらにお願いします
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
同人誌を委託販売しています
CREATE うさぎ屋総本舗 CREATE CREATEの作品一覧
Kissシリーズ
アルファポリスランキング
BL風味・ホラー/オカルト短編集 うそでも良いから欲しい言葉 Fascinated by the darkness 空に月が輝く時 Boys Summer Love! SUN sweet poison 狂恋 甘い鎖 ハデな彼に、躾けられた、地味な僕 アルファポリス・ブログ
クラウドワークス
クラウドワークス
クラウドソーシング
クラウドソーシング「ランサーズ」
プロフィール

sakura

Author:sakura
 現在はフリーシナリオライターとして活動しています。活動記録を掲載していきたいと思っています。「久遠桜」の名前でツイッターもしていますので、よければそちらもご覧ください。仕事の依頼に関しては、メールフォールでお尋ねください。

私の作家としての活動の場です
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ランキングに参加しています





にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング
ニコッとタウン
絵本のような仮想生活コミュニティサイトです☆
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR