フリーのシナリオライターとして活動しています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「はぁ~い! みなさーん、こんばんはぁ」
 観客席に向かって笑顔と声をかけると、わぁっ!と歓声が上がる。
「さて、ULALAちゃん。今回の新曲は甘く切ないラブソングらしいですね? そういう恋愛の経験があるんですか?」
「それは秘密です♪ でもラブソングでも、ロック調ですからねぇ。甘い恋愛ばかり、しているワケではないですよ?」
「おおっと、問題発言! 厳しい恋愛のご経験が?」
「それはご想像にお任せします」
 あくまでもニコニコ笑顔を貫き通すのが大事。
 司会者も慣れたもので、笑顔で返す。
「それでは秘密主義のULALAちゃんに歌ってもらいましょう!」
「はーい! 行って来ます」
 スタジオの準備ができたらしい。
 ―今回の新曲は、アニメのOPの曲に採用された歌。
 さっき言った通り、ロック調でありながら、歌詞は甘くて切ない。
 …そんな経験は無いけどね。
 それでも演技に関しては自信がある。それは歌唱力にも通じることだ。
 だから精一杯歌える。
 歌うのは結構好き。演じると言うより、気持ちを吐き出せる感じが好きだから―。
 一通り歌い終えると、頭を下げる。
「ULALAちゃんでしたー! ありがとうございました」
 司会者の声で、再び向こう側に戻る。
 …と、何だか視線を感じる。
 司会者がいる所のセットには、他の歌手達が待機している。
 みんな笑顔で拍手をしてくれているのに、1人だけ、険しい顔でアタシを見ている。
 彼の名は確か…『クロウ』くん。
 まだ23歳ながらも、さまざまなところで活躍をしている。
 それこそモデルから始まり、ドラマ・映画・歌手などいろいろ。
 彼もまた、マルチタイプのタレントだ。
 ただ…彼はいわゆるおバカキャラ、だ。
 大人気クイズ番組のレギュラーで、毎回珍回答を出している。
 だから顔はビジュアル系の美形なのに、性格が素直でおバカキャラなだけに、いろいろな人から愛されるキャラでもある。
 アタシとはある意味、逆な人間だな。
 アタシは全てを演じている。キャラを演じることこそが、仕事だと思っているから…。
 純粋に芸能界に憧れて入ってきた彼とはまた違う。
 まっ、いっか。どうせ長くこの世界にいるつもりはないし。
 彼に向かって、あくまでも笑顔を浮かべてみせる。
「さて、次はクロウくんに歌ってもらいます」
 アタシの次は、彼の出番だ。
 すれ違いざま、彼はアタシに向かって何か言いたそうに口を開いたけれど、すぐに閉じた。
 何だろう? 何か話があったのかな?
 でも彼はそのままセットへ行ってしまった。
 そして熱唱する。熱く、切ないラブバラードを。
 思わず胸が熱くなる…。
 観客達もうっとりとしている。そのぐらい熱くて切なくて、そして愛おしい。
 一曲熱唱した彼は、すぐにこっちに来た。
 この後、司会者との会話を…するハズなのに、何故かアタシの元へ来た。
「うっULALAさん!」
「はっはい?」
 思わずビクッと構える。
 周囲にいる歌手達も、何事かと目を丸くしている。
「オレ、キミの事が好きです! 大好きですっ! 結婚を前提に、お付き合いしてくださいっ!」
 そう言って手を差し出してきた。
「えっ、えぇ~?」
 観客席からは、歓声とも悲鳴ともつかない声が上がる。
 ひっ悲鳴を上げたいのはアタシの方だぁ~!
 思わず司会者に視線を向けると、ハッと我に返った。
「そっそれじゃあCMにいきます!」
 すぐさまCMに移る。
「コラッ、クロウ!」
 慌てたクロウのマネージャーが駆け寄ってきて、彼を羽交い絞めにした。
「いきなり何を言い出すんだっ! この馬鹿っ!」
「だっだってぇ」
「だってじゃない! とりあえず、こっち来い!」
 …彼はそのままズルズルと引っ張られ、スタジオ、退出。
 あって良いのか? こんなこと。
「ULALAちゃん…。大丈夫?」
 近くにいた女の子のアイドルに声をかけられ、アタシも我に返った。


にほんブログ村←よかったら、ぽちっと押してください。

スポンサーサイト

【2017/05/28 07:29】 | 恋愛小説
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。