フリーのシナリオライターとして活動しています
あらすじ
 マカは中学時代、コックリさんに誘われた。
 しかしクラスメイト達は分かっていない。交霊術の恐ろしさを…。
 マカの中学時代のお話です。
 ミナと出会う前、マカはクラスの女子生徒達にこっくりさんをしようと話を持ちかけられます。
 彼女達はマカが何者か知らずに…。
 【マカシリーズ】・過去編です。

『誘い』
 それはまだ、私が中学3年生だった時の話。
 自習の時間に、クラスの女子生徒達に交霊術に誘われた。
 当時、受験勉強から逃避したいと考えた生徒達の間でひそかなブームになっていた。
 私は自ら進んで行おうとは思わなかった。
 何故なら、私は…。


「ねぇ、マカ。こっくりさん、やってみない?」
 大人しく勉強をしていた私の目の前に、複数の女子が現れ言った。
「え~? 私、勉強中」
「そんなの家でやりなよ」
「ねぇ、ちょっとだけで良いからやろうよ。マカだったらちゃんと出来そう」
 嫌がる私を羽交い絞めにして、私は別の場所に移動させられた。
 どこの誰が調べたのか分からないが、教室での鬼門の位置に、交霊術の場が設けられていた。
 すでに二つの机が向かい合うように並べられ、机の中心には交霊術には必需品であるあの紙と、十円玉が置かれていて、私が座った向かい側の席には女子生徒が笑顔で待っていた。
「よろしくね、マカ」
 …すでに準備万全だった。
 ここで断れば、後でブーブー言われる。
 ストレスのたまりまくった女ほど、厄介なものは無い。
「じゃあ…一回だけね?」
 諦めて言うと、周りがわあっと盛り上がった。
 どうも自覚は無かったが、私の印象はミステリアスのようだ。
 そのせいで、こんなことにも巻き込まれやすい。
 ………いや、血のせいだな。絶対。
 私は右手の人差し指を、十円玉の上に乗せた。
 続いて向かいの女の子も乗せる。
「このコ、結構クルんだよね」
「マカとだったら、スゴイことになるかもよ?」
 周りがざわめく中、私は集中し始めた。
 緊張感が辺りに満ちる。
 他のクラスメート達が息を殺して見守る中、呪文を唱え始めた。
「こっくりさん、こっくりさん。近くにいましたら、どうかお越しください」
 女の子と声を合わせ、集中し続ける。
 けれど…。 
 何分経っても十円玉は少しも動かなかった。
 やがて、周囲の空気も変わってきた。
「…何かムリそうだから、私、抜けるね」
 そう言って私は十円玉から手を離した。
 クラスメイト達がため息をつく。
「な~んだ」
「マカが相手なら、大物、来ると思っていたのに」
「ねぇ。実際変なこと、起きたこともあるのに」
 …ああ、と納得する。
 最近、教室の中でラップ音がするわ、よく誰かが転んだり、物が勝手に落ちたり、おかしなことが続くとは思っていた。
 …どうやら向かいに座る女の子は、下級なモノを呼び寄せる力があるらしい。
 同属ではないにしろ、そういう力を持ったコはいないこともない。
 私は立ち上がり、自分の席に戻った。
 女の子はクラスメイト達に囲まれながら、青白い顔で苦笑している。
 どうも呼び寄せることにわずかな自信を持っていたみたいだが、何分、相手が悪い。
 私では、な。


 ―その後、教室ではおかしなことは一切起こらなかった。
 やがてクラスメイト達も交霊術に飽きて、やらなくなった。
 女の子もおとなしく勉強に専念し始めた。
 私は心の中で、女の子に少々詫びた。
 あの時、私は言葉では召喚の言葉を発していたものの、力では逆のことをしていた。
 つまり、呼び寄せないように力を使っていたのだ。
 あの女の子は呼び寄せる力はあれど、返せる力などなかった。
 だからこの教室にたまり、悪さを働いていた。
 だが私が『拒絶』の力を発揮したせいで、一掃した。
 紙に描かれた門から、下級のモノ達を逆に返したのだ。
 あのままでは下級のモノの溜まり場になっていただろう。
 下級のモノの厄介なところは、集まり過ぎると共食いをはじめ、中級―上級へと進化してしまうところ。
 やがては人間に悪さどころじゃないことをするだろう。
 大抵の人間がそうだが、呼んでも返せない。
 呼ぶよりも、返す力の方が強くなければならない。
 そうじゃなければ…。


 私はあの女の子を見た。
 彼女のように、呼び寄せたモノに取り付かれてしまうのだ。


【終わり】


にほんブログ村←よかったら、ぽちっと押してください。

スポンサーサイト

【2017/05/28 07:14】 | ★マカシリーズ★
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック