『桜の恋 櫻の愛』・8

 よくあの兄は笑顔を絶やさず、こなせたもんだ。
「やぁやぁ、ご苦労さん」
 …と思ってはいけなかったな。
 本人が笑顔でやって来た。
「お兄様、この忙しい時に何かご用?」
「そう邪険にするなよ。トラブルが起きたんだって? 手伝ってやるよ」
 そう言ってわたしの頭を撫でる。
「でもお兄様、授業があるでしょう?」
 引退の身では、特権は使えない。
「一日ぐらい平気だって。成績は優秀だからな、オレ」
 だからと言って、堂々とサボる発言はやめてほしい。
「魅桜、ここは兄上にも手伝ってもらおう。流石にあたし達だけでは手が回らない」
 蘭も音を上げるほど、忙しいのだ。
「…まあね。じゃあお兄様、お願いします」
「あいよ。可愛い妹の為、頑張りますか」
 そうして兄は、笑みを絶やさずに次々と仕事をこなしていった。

 お昼休みを一時間ほど過ぎた後、わたしと兄は遅い昼食をカフェテリアで取っていた。

にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村←よかったら、ぽちっと押してください。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者数
最新記事
カテゴリ
最新コメント
お手紙はこちらにお願いします
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
同人誌を委託販売しています
CREATE うさぎ屋総本舗 CREATE CREATEの作品一覧
Kissシリーズ
アルファポリスランキング
BL風味・ホラー/オカルト短編集 うそでも良いから欲しい言葉 Fascinated by the darkness 空に月が輝く時 Boys Summer Love! SUN sweet poison 狂恋 甘い鎖 ハデな彼に、躾けられた、地味な僕 アルファポリス・ブログ
クラウドワークス
クラウドワークス
クラウドソーシング
クラウドソーシング「ランサーズ」
プロフィール

sakura

Author:sakura
 現在はフリーシナリオライターとして活動しています。活動記録を掲載していきたいと思っています。「久遠桜」の名前でツイッターもしていますので、よければそちらもご覧ください。仕事の依頼に関しては、メールフォールでお尋ねください。

私の作家としての活動の場です
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ランキングに参加しています





にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング
ニコッとタウン
絵本のような仮想生活コミュニティサイトです☆
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR