【擬態】・5

2017.05.24(01:29)

『身内 /決断』
「なら、マカはどうする気だ?」
「…母様に会う。会って止める」
 マカの眼には光が宿った。
「だが、その前に」
 目の前にいる実父を睨み付ける。
「あの人形の製作をやめさせろ。どう取り引きしているのか知らないが、一般の人間に渡すのもだ」
「それは…カノン次第だね。あの家の中にはいるけれど、全てを取り仕切っているのはカノンだから」
「どうやってそんなことを…」
「まっ、会ってみれば分かるよ」
 そう言ってマサキは立ち上がった。
「さっ、行こうか。送るよ」
 本家に行く。
 僅かながらもマカは緊張していた。
 本家に行くには、一般の道路以外の道も通らなくてはならない。
 つまり、一般の普通の人間ならば、絶対に行くことのできない所に、マカ達一族の本拠地があるのだ。
 マカは跡継ぎゆえに、一族全てを受け継がなければならない。
 それは影も闇も、だ。
 人成らざるモノでありながらも、人として生きるにはリスクが大きい。
 だがそれを承知で今の人生を歩んできた。
 もう―後戻りはできない。
 そしてその道を邪魔するのなら、誰であろうと容赦もしない。
「例え実の母親でもな…」
 呟いたマカの言葉を、マサキは答えず、思いで受け止めた。
 やがて長いトンネルを抜け、森に出た。
 そここそが、マカの一族の本家のある場所。
 車は森の中心部へ向かう。
 本家へ向かって―。


「僕も一緒で良いかな?」
「…私の邪魔をしないと誓えるなら、許可しよう」
 マサキは苦笑しながら肩を竦めた。
 本家の家を門は、マカが立つと勝手に開いた。
 まるでマカを迎え入れるのが当たり前だというように。
 そしてどんどん中へ、奥へ進む。
 中庭を抜け、本家の住居から少し離れた建物へ。
 元は来客を泊める為の離れは、母の住居と化していた。
 声もかけずに中に進む。
 途中、女中達がマカ達の姿を見て、無言で頭を下げる。
 僅かな緊張感がこの離れに満ちている。
 そして―マカは気付いていた。
 この離れに満ちる、腐臭…いや、死臭に。
「マノン…」
 険しい顔で呟き、離れの一番奥の扉の前にたどり着く。
 匂いの元はここからだ。
 重厚な木の扉は、ある意味、封印だ。
 忌まわしいモノを封じる為の。
「マカ」
「分かってる」
 マカは深く息を吐くと、眼を閉じた。
 そして再び開いた眼は、赤く染まっている。
 右手を開くと、浮かぶ黒い紋章。
 マカは扉に刻まれた紋章と、右手の紋章を合わせた。
 すると、扉は開いてく。
 扉の向こうは、白く明るい。
 和の庭園。
 季節を無視した色とりどりの花々が咲き乱れる。
「…ふふっ。そうなの」
 庭園の奥から、美しい女性の声が聞こえる。

にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村←よかったら、ぽちっと押してください。

スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hosimure.blog33.fc2.com/tb.php/1050-cddcc681