【ケータイ電話の都市伝説】・3

2017.05.18(20:40)

『【解放】終了』
 その時、マカはミナの家の前にいた。
 無表情ながらも、その心境は複雑だった。
「杞憂ならいいが…」
 クラスメート達から聞いた【解放】後のこと。
 ミナはすでに中毒症状が出ていた。
 忠告はしていたが、ミナには届いたのか…。

ガシャーンッ!

 突如響いた音に、マカは顔を上げた。
 ミナの家の窓ガラスが割れた音だ。
 マカはミナの家に入った。
 そしてミナは…。

―ぐるるるぅっ…―

 理性の失った眼をして、リビングで暴れていた。
「チッ、予想通りか」
 マカは舌打ちし、素早くリビング内を見回した。
 リビングの隅に、ミナの両親がお互いを抱き締め合いながら小さくなっていた。
「ミナのご両親、そこにいろよ」
 ミナの両親はいきなり現れたマカの言葉に、首を縦に振って答えた。
「ミナっ!」
 マカが呼びかけると、ミナは手に持っていたイスを落とし、こちらを向いた。
「今度は理性から【解放】されることを望んだか…。いや、自分を抑える者達からか? どちらにしろ、そんな強さは偽物だ」

―ぐうっ…―

「言いたいことがあるなら、聞こう。ただし、場所を変えてな!」


『都市伝説の真実』
 そう言うとマカは踵を返し、家から飛び出した。
 続いてミナも追って来る。
 マカはケータイ電話を取り出し、素早く操作をし、例のサイトから魔方陣の画面を出した。
 黒い画面に浮かぶ青白い魔方陣。
「私は【解放】を望む。限界からの【解放】をっ!」
 マカがそう呟くと、魔方陣が赤く光輝いた。
 マカはその光を眼に受けると、地面を思いっきり強く蹴った。
 マカの体は二階建ての家の屋根の上に上がった。

―ぐるっ!―

 するとミナも同じように飛んで来た。
 マカはケータイを握り締めながら、屋根に飛び移る。
 しばらくミナと走り、二人は学校の屋上までやって来た。
「ここなら誰の邪魔も入らないだろう」
 そう言って、マカはミナと向き合った。
「さて、ミナ。人間としての理性を失ってまで得た【解放】の力はどうだ? 今のその姿が、お前の望んだものなのか」

―ぐっ…!―

「お前が何を思い、【解放】の力を求めたのかは私は知らないし、知らない方が良いのだろう。だが…」
 マカは真っ直ぐにミナを見た。
「今のお前は私の親友じゃない」
 ミナの眼が揺らいだ。
 そんなミナの様子を見て、マカは苦笑した。
「今のミナは好きじゃないよ」


『都市伝説の正体』
 ミナの眼が大きく見開かれた。

―ぐっおおおおおっ!―

 空に向かってほえたミナの体から、青白い光が飛び出てきた。
 その光が全て抜けた時、ミナの体から力が抜けた。
「ミナっ!」
 駆け寄ったマカは、ミナの体を受け止めた。
「マ…カ」
 虚ろな表情だが、ミナは理性を戻していた。
 やつれた顔で、マカの顔を見る。
「ゴメン、ね」
「…いや、いい。迷惑を掛け合うのも、親友の醍醐味だろ?」
「ふふっ…。ありが…と、う」
 柔らかく笑うと、ミナはそのまま気を失った。
 ミナの体を一度強く抱き締めると、静かに横たえた。
 そしてマカはケータイ電話を見た。
「―さて、ミナは失敗したぞ? 諦めることだな」
 赤く浮かぶ魔法陣に向かって声をかける。

―フフッ…。残念だなぁ―

 しかしケータイ電話から、少年の声が聞こえてくる。
「雑魚食いは悪食が過ぎるぞ? そんなに空腹なワケではあるまい」

―まあね。ちょっとおもしろそうなゲームを考えたから、やってみただけ。ちょうど良い具合に腹も膨れたし、ここいらで引き上げるよ―

「人間の持つ、本能の力を食らうとはお前らしいが、選ぶ相手はあまりよくないみたいだな」


『【解放】の意味』
 【解放】後、病院に入院する者達が絶えないらしい。
 クラスメート達はそれを心配していた。
 【解放】とはいろいろな仕方があるそうだが、最終的には理性を失い、暴れ出す。
 そうなれば、病院へ行くしかない。
 しかし入院しても理性は戻らず、まるで動物のようになってしまう。
 あるいは最悪、廃人状態にもなりうる。

―う~ん。そこら辺は相手次第なんだよ。どれだけの【解放】を望むか、だね―

「ウソをつくな。ある程度抑えられるのも、お前の力加減次第だろう?」

―ボクはキミのように力加減が上手くないんだよ―

「ならしばらくはおとなしくしていることだな。力加減を覚えるまで、お前の好き勝手にはさせない」

 マカの真剣さに、声の主は深くため息をついた。

―…分かったよ。しばらくは自重する。しばらくは、ね―
 
 含み笑いをし、ケータイ電話の画面は元の待ち受け画面に戻った。

「ったく…。イタズラが過ぎるぞ」
 グチりながら、マカはケータイをしまった。
 そしてぐったりとしているミナの体を抱き上げた。
「…まったく。お前が関わらなければ、私も動くことはなかったのに」
 苦笑しながら、ミナの額に口付ける。


『都市伝説よりも不思議な…』
「…どーもバカな子には甘いらしい。年は取りたくないものだな」
  そう言って地面を蹴り、屋上から地面へ飛び降りた。
 ―【開放】の力を使わずに。
「おっと。人目があるかもしれなかったな。いかんせん、癖は直りにくい。…言葉遣いも気を付けねばな」
 ため息をついたマカの眼は、鈍く赤く光っていた。
「ウワサにもなっているみたいだしな。都市伝説とはあなどりにくい。…まっ、それが私だと気付いた者はいないだろうが。…同属以外は、な」



 ―数日後。
 ミナは不思議そうに首を傾げた。
「何で無くなっちゃったんだろう? 例のサイト」
「サイトなんていつ消えてもおかしくないでしょう?それより集中! 試験近いんだから」
「あっ、はいはい」
 昼休み、ミナはマカに勉強を教わっていた。
 例のサイトが消えたことにより、【解放】の力が無くなったミナ。
 しかし考え方が変わったのか、マカに勉強を教わるようになった。
「不思議なのはあの夜もそうなんだよねぇ。例のサイトの画面を見てから記憶は無いし、リビングは散らかってたしぃ。両親も何で散らかってるのか分からないみたいだったし」
「局地的な地震でもあったんでしょ?」

にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村←よかったら、ぽちっと押してください。

スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hosimure.blog33.fc2.com/tb.php/1035-93790799