フリーのシナリオライターとして活動しています
「コイツが…キミに何をした?」
「わたしには何も。ただ、結婚間近だった妹を誘拐され、暴行され、捨てられただけです」
 ああっ…!
 俺は両膝を地面についた。
 例の連続婦女誘拐・暴行事件の犯人は、同僚のコイツだったのか…。
「妹はショックで、自殺しました。三週間も前の話ですけど」
「…それで、復讐を考えたのか」
「ええ。警察の人も気付いていました。犯人の男がこの高速道路を使っていることを。なのでわたしがオトリとなり、歩いていたんです。妹の姿を真似して」
 彼女はそう言うと、自分の赤い服を見て、一回りした。
「この人、この高速道路を使って、被害者達を誘拐し、各地に捨ててたんです。なのでここを何度も通れば、必ず事故を起こしてくれると思っていました。わたしと妹の顔は、似ていますから」
「似て…いたのか?」
「ええ、何せ双子ですから。もっともニ卵生ですが」
 彼女は淡々と語る。
 アイツはさぞ肝が冷えただろうな。
 夜の高速道路、自分が暴行した女の子を見かけたら…そりゃ事故るな。
「…だからキミのお父さんはあんなに疲れていたのか」
「ええ。捜査は難航していた上に、母が気をおかしくしてしまったので。ならば動くのはわたしの役目でしょう?」
「警察は信用しなかったのか?」
「いいえ。ただ力不足なのは憎んでいます」
 この高速道路を犯人が使うと分かっていても、特定するのは難しかっただろう。
「どうして…犯人がコイツだと分かった?」
「犯人の行動パターンを、詳細に調べたんです。いろいろな手をつくして、いろいろなパターンを考えましたよ。そしたらあなた達の働く特殊な部署を見つけたんです」
 特殊、か…。
 確かにそう言えるな。
 思わず苦笑が浮かぶ。
 こんな特殊な部署でなければ、ヤツも犯罪に走ることもなかったのかもしれない。
 そして彼女にバレることも…。
「それじゃあ俺のことも候補にあがっていたのか?」
「最初の頃は。でもあなたは本当に仕事をしていただけです。調べたらすぐに分かることですよ」
「…そうだな」
 そしていつも定時に帰っているコイツは、その後、犯罪を繰り返していたというワケか…。
「何度かこの人をつけていた結果、犯罪の現場を目撃して、間違いないことを確信しました。だから死んでもらったんです」
「まさに自業自得だな」
 俺は失笑しながら立ち上がった。
 膝のほこりを払い、聞こえてきた救急車の音を聞く。
「それでは、わたしの役目はここまでです」
 彼女は俺に向かって微笑んだ。
「もう…二度とここを歩かないでくれよ?」
「分かっていますよ」
「あっ、それともう一つ」
「はい? 何でしょう」
「キミと食事をした日、お父さんに叱られていただろう? 俺に向かって、何を言ったんだ?」
「ああ…あの時ですか?」
 彼女はくるっと振り返り、数歩歩いた。
 そしてまた振り返り、俺を見て微笑む。
 …あの時のように。

「あなたは『違う』。だから生かしてあげます」

 その言葉を発した唇の動きが、あの夜の彼女の唇の動きと重なった。
 ぞくっ!と背筋が震えた。
「なるほど…。お父さんが怒るわけだ」
「はい。車の中でも説教されました。でも悪いことじゃなかったんですけどね」
「確かに。俺は何もしていないから、生かされているワケだし」
「ええ、無関係の人は巻き込む気はありませんでしたから」
 辺りに救急車の音が響いてきた。
「それじゃあわたしはこの高速道路を降りますね。もう二度と歩くことはないでしょう。さようなら!」
 彼女は眩しい笑顔で、その場を立ち去った。
 俺には引き止めることはできなかった。
 燃え盛る車から見えるアイツの犯罪を、止めることができなかったのだから…。


 それから数日後。
 ニュースはアイツのことで独占されていた。
 事故はただの事故だと処理された。
 しかしアイツの車の中から、被害者達の痕跡が発見され、アイツの犯罪が明るみになってしまったのだ。
 会社はアイツの仕出かしたことで、大きな痛手を負った。
 でも俺だけは冷静に仕事をしていた。
 高速道路に現れる女の子の話は、あの日以来聞かないし、見かけもしなかった。
 全ては終わってしまったことなのだ。
 だがある日、新入社員が会社にやってきた。
 新入と言っても、退社する者が多くなり、途中採用で入ってきた。
 まだ23歳の青年ということから、俺に教育係が回ってきた。
 会社の最上階のカフェで待ち合わせをしていた。
 ブラックコーヒーを飲みながら、ぼんやり街並みを見下ろしていると声をかけられた。
「あの、遅くなってすみません。途中採用で入ってきた者ですが…」
「あっああ、話は聞いている。これからよろし…」
 最後の言葉は、言えなかった。
 途中採用で入ってきた青年は、あの彼女だった。
 今はスーツに身を包み、髪を茶色く染め、短く切っている。
 だが、その顔には見覚えがあった。キレイな、笑顔。
「ご縁がありますね」
 彼女…いや、彼はニッコリ微笑んだ。
「キミ…わざとだろう? 今度はまさか、会社に復讐しに来たんじゃないだろうな?」
「普通に就職ですよ。ホラ、僕の家族、今大変なことになっていますから」
 父親は発狂した母親の看病をしているとか言っていたな。
「だから大学院を辞めて、就職したんです。本当は教師になりたかったんですけどね。今は手っ取り早く、稼ぎたいので」
 肩を竦めて苦笑する彼を見て、俺は深くため息をついた。
「まっ、これからよろしくな。キミは根性があるみたいだから、ここの仕事は合うと思うよ」
「僕もそう思います。よろしくお願いします、先輩」
 彼は笑顔で俺と握手をした。

 ―そこで俺は気付いた。

 ああ、俺ももうまともじゃないんだなってことに。
 警察に彼の存在を知らせず、彼を受け入れてしまっている。
 だがそれもまた、正気の成せることなのではないかと、俺は思ってしまう。
 正気と狂気。
 表の顔と、裏の顔。
 俺とアイツ、そして彼が持っている二つの顔は、案外誰もが持つ顔なのではないのかと…。


【終わり】



にほんブログ村←よかったら、ぽちっと押してください。

スポンサーサイト

【2017/05/08 06:03】 | 【ホラー/オカルト短編集】
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック