【出会いの高速道路】・2

2017.05.05(23:26)

「今のサービスエリアって、豪華になりましたよね。24時間営業なんて、昔はありえませんでしたし」
「ホテルや温泉まである所まであるからね。まあ食事が取れるのは一人暮らしとしてはありがたい」
「独身なんですか? 恋人は?」
「仕事が恋人なんだ」
「まあ」
 店内の光の下で見た彼女は、本当にキレイで可愛い。
 そして食堂の店員が彼女を認識したことで、俺は安心していた。
 やっぱり彼女は幽霊なんかじゃない。
「親子丼セットにしょうかな。味噌汁付きの」
「じゃあわたしも同じので」
 店員に注文した後、彼女はケータイを開いた。
「それじゃあちょっと家族に連絡してきますね」
「分かった」
 彼女はケータイを持って、店の隅へと移動した。
 その間、俺は席を立ち、水をコップ2つに入れた。
 ここでは水やお茶は無料だが、自分で取りに行かなければならない。
 まあ店内に人はまばらだから、苦にならないが。
「お待たせしました! あっ、お水ありがとうございます」
 彼女は美味しそうに水を飲む。
「お父さん、すぐに来てくれるって?」
「はい、でも30分以上はかかるって言われました」
「それじゃあその間、付き合うよ。キミを1人にするのは何だか危険な気がする」
「そうですか? ではお願いします。1人じゃ味気ないですからね」
 会話をしている間に、注文の品が来た。
「結構美味しいですね♪」
「ああ、俺はよくここで食べるんだ。メニューはほとんど食べたかな」
「スゴイですね。お仕事でここの高速道路、よく使われるんですか?」
「ああ。本社勤めなんだけどね。いろいろお店を回らなくちゃいけなくて、ここの高速道路は毎日何回も使うぐらいだ」
「へぇ…。それって会社の人、ほとんどですか?」
「まあそうだな。俺の部署の人間はほとんど本社にいない。おかしな部署だろ?」
「移動好きな人にはたまらない部署ですよね」
「確かに。車が好きなら、たまらないね」
 彼女と会話をしながら、食事を済ませた。
 その後はお茶を飲みながら、談笑した。
「あっ、そうだ。キミはもしかしたら知らないかもしれないけど、最近、若い女性ばかり被害に合う事件が多発しているんだ。気をつけた方がいい」
「ああ…そう、ですね」
 そこで店内に置いてあるテレビで、ニュースが流れた。
 30ぐらいの女性キャスターが重々しくニュースを読み上げる。
 内容は例の女性ばかりが被害に合うヤツだった。
 新たな犠牲者が出たらしい。
 被害者達に共通点はなく、ただ若くキレイなコばかり狙われるというウワサだ。
 夜道を1人で歩いていると、いきなりライトを消した車が近付いてきて、突然車の中に引っ張り込まれる。
 そして暴行を受けた後、見知らぬ土地に捨てられるという、残酷極まりない事件だった。
 しかし女性達がさらわれた場所は各地転々としていて、次にどの土地で事件が行われるか分からないというのが、恐ろしい。
「…あんな事件が起こっているんだ。探している人がいるなら、他の人に頼んでみるといい。探偵や警察とか」
「…それで見つかるなら、良いんですけどね」
 そう呟いた彼女の声と表情は、ぞっとするほど冷たかった。
 被害者達が捨てられる場所は各地転々。
 この県でもあったことだし、近隣の県でもある。
 あまりに範囲が広過ぎて、警察の混乱ぶりが目に見えるほどた。
 しばらくは沈黙がおりた。
 しかし1人の男性が店内に来たことで、彼女の表情が変わった。
「お父さん!」
「お前、またこんなことをっ…!」
 父親は娘を見て、何故か安堵の表情ではなく、困惑の表情を浮かべた。
「この人が、わたしを保護してくれたの」
「あっ、ご挨拶が遅れて申し訳ございません。この子がご迷惑をおかけしまして…」
「いっいえ、危ないと思ったので、保護したまでですから」 
 頭を下げられると、こっちが恐縮してしまう。
「それじゃ、お会計、よろしく」
 彼女が笑顔で、伝票を父親に差し出した。
「分かった分かった。それでは失礼します」
「はい…」
 父と娘はお会計に向かい、そのまま店を出た。
 ガラス越しに見ていたが、父親はどこか疲れた顔をしていて、彼女は明るかった。
 しかしいきなり彼女は振り返り、俺に向かった笑顔を見せた。
 そして彼女の唇が何かを言った。
 …でも距離がありすぎて、聞こえなかった。
 だが父親には聞こえていたらしく、憤怒し、彼女の腕を掴んで行ってしまった。
 何だ? 彼女は一体、何を言ったんだ?



にほんブログ村←よかったら、ぽちっと押してください。

スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hosimure.blog33.fc2.com/tb.php/1011-62dcfa24