【出会いの高速道路】・1

2017.05.05(23:18)

あらすじ
 高速道路に現れる少女の姿。彼女は幽霊なのか、それとも人間なのか。高速道路という場所に現れる理由は…。
 俺は仕事上、高速道路をよく使っていた。
 だがある日、同僚から高速道路に現れる女の子の幽霊について聞いた。
 信じていなかった俺だが、ある夜、高速道路を1人であるく女の子の姿を見つけてしまい…。


『高速道路で出会った女の子』

 俺は仕事上、高速道路をよく使っていた。
 下手に普通道路を使うより、早く進めて気に入っていた。
 ―が、ある春の日、同僚から変な話を聞いた。
「なあ、お前の使っているあの高速道路。出るんだってな」
「何が?」
「女の幽霊だよ」
 同僚は顔は笑っていたが、目がおびえていた。
「1人の若い女の幽霊が、高速道路を歩いているらしい」
「歩く? 高速道路は歩けないだろう?」
「だから幽霊だから、歩けるんだろう?」
 ああ、なるほど。
 思わず納得してしまった。
「最近、若い女が連続で襲われる事件が多くなっているからな。それを苦にして、自殺した女の幽霊じゃないかと言われている」
「まあ春だからな。そういうのも多いだろう」
 そう言って本気にはしていなかった。


 だかある夜、出先で帰りが遅くなったが、それでも会社に戻らなくてはいけなくなり、高速道路を通って帰った。
 …ところが、高速で車を走らせている途中、ライトが1人の人物の姿を浮かび上げた。
 真っ赤な服を着た、女の子の姿を―。
 しかし一瞬のことで、車はそのまま走っていく。
「…疲れてんのかな、俺」
 仕事で疲れていたのと、周囲が暗かったせいでおかしな幻覚でも見てしまったのだろうか?
 …それにしては、ハッキリと見えた気がしたが…。


 その後、夜遅い日に高速道路を通ると、必ずと言って良いほど、その女の子を見かけた。
 同僚にそのことを伝えると、真っ青になった。
「やっぱそのコ、幽霊だって!」
「…にしては、何か現実味があったような感じがするんだよな」
 そう、彼女が幽霊だとは、何故か思えなかった。
 夜中に高速道路を1人で歩くなど、普通の女の子ならできないことだ。
 いや、そもそもそんなことをしたら、彼女は警察に捕まり、注意されるだろう。
 そんなことを考えていたある日の夜、通った高速道路は空いていた。
 そしてライトがまた彼女の姿を浮かび上げた時、俺は思わず車を止めた。
「ねっねえ、キミっ!」
「はい?」
 可憐な声で、彼女は振り返った。
 今日の服装も、真っ赤だ。
 もしかして精神病なのかもしれない…。
「高速道路を1人で歩いていたら危険だよ。送るから車に乗って」
「えっと…」
 彼女の困惑した表情を見て、ハッとした。 
 これではナンパだ。
 俺は名刺を一枚取り出し、彼女に差し出した。
「俺の身分証明。警察に持っていきたかったら、持ってっていいから。でもここは本当に危険だ。車に乗ってくれないか?」
 名刺には俺の顔写真や社名、それに仕事用のケータイナンバーも載っている。
 彼女は戸惑いながらも名刺を受け取り、弱々しく微笑んだ。
「それじゃあ…サービスエリアで降ろしてもらって良いですか? 家族に連絡しますので」
「分かった。じゃあ助手席に」
「はい」
 にっこり笑った彼女の笑顔はとてもキレイだった。
 隣に乗せて気付いたことだが、彼女の肌はとても白い。
 長く黒い髪に、大きな琥珀色の瞳。
 まるでお人形みたいだ。
「今まで何度もキミを見かけたんだけどね。どうして夜の高速道路を1人で歩いているんだ?」
「わたし、探している人がいるんです。その人はこの高速道路をよく使う人なので、歩いていれば見つかるんじゃないかなって」
「探している人って、誰?」
「う~ん…。重要な人です、わたしにとっては」
 重要? 『大切』、ではなく?
「…こんな聞き方をして、悪いとは思う。キミはその…精神的にうんぬんってコなのかな?」
「どうでしょう? わたしは自分では正常だとは思いますけど、周りの人から見れば、おかしいのかもしれませんね」
 彼女はコロコロと笑う。
 サービスエリアを見つけて、俺はほっとした。
 彼女は見た目はとても素敵で、魅力的だ。
 しかし中身がおかしいと言うより…純粋過ぎる気がした。
「あの、よろしかったら、何か一緒に食べません? 家族が迎えに来るまで時間かかりますし、お礼に奢ります」
「キミ、未成年だろ? 年下に奢ってもらうのはなぁ」
「う~ん…。あっ、これならどうでしょう? 後から来るわたしの父に払わせるんです。それなら構わないでしょう? 後からお礼に行くのも、重苦しいと思ったんですけど…」
 …確かに後から家に来られても、ちょっと困るな。
「それじゃあ、ごちそうになるよ」
「はい♪ お好きなだけ、食べてくださいね」
 俺は車を降りて、食堂に彼女と向かった。



にほんブログ村←よかったら、ぽちっと押してください。

スポンサーサイト

コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hosimure.blog33.fc2.com/tb.php/1010-2423283d