フリーのシナリオライターとして活動しています
あらすじ
 桜の花びらが雪のように舞い散る中、オレは彼女を見かけた。
 オレが彼女をはじめて見かけたのは、桜の花びらがまるで雪のように舞い散る日だった。
 翌日、同じ高校の先輩として再会した彼女に、オレはすぐに告白した。
 恋人になってから1年―。
 再び桜が咲く頃になり、オレの胸の中には不安が降り積もっていた。
 まるで雪のように…。


『出会いの桜』

 オレが始めて彼女を見たのは、桜の花がまるで雪のように舞い散る日だった。
 その日は薄暗く、そして風が少し強かった。
 決してお花見日和とは言えない日だったけれども、舞い散る桜の白い花びらは、とても美しかった。
 学校から家へ帰る途中、桜の山に寄りたくなって、そこへ向かった。
 山一つ、桜の木ばかり植えられた山は、季節外れにも白く染まっていた。
 けれどこの風じゃあ、明日には茶色になっているかもしれない。
 そう思いながら、人気のない山の中を歩いた。
 花びらは吹雪のように舞い散り、視界を遮る。
 それでも上っていくと、頂上に人がいた。
 すでに細い土道しかない頂上に登る人間なんて、滅多にいないはずなんだが…。
 けれどそこは桜の木が密集していて、とても幻想的な雰囲気が広がっていた。
 そこに、彼女がいた。
 長く美しい黒髪を風に揺らして、笑顔でその場に立っていた。
 周囲の木より、一際大きい桜の木の下に立ち、舞い散る桜の花吹雪に身を委ねていた。
 同じ高校の制服に身を包みながらも、その姿はまるで桜の精のようだった。
 きっと、着物とか着たら、そう思っただろう。
「あっあの…」
 思わず声をかけた時、彼女の笑顔が固まった。
「えっ?」
 黒く大きな瞳が、オレを映した。
 けれどいきなり突風がふいて、オレは思わず腕で顔を覆った。
「うわっ…!?」
 桜の花が視界を覆う。彼女の姿を隠す。
 そして風がおさまった頃には…彼女の姿は消えていた。
「…幻、だったのか?」
 それにしては現実感があるし、何よりウチの学校の制服を着てたしなぁ。
 …明日、学校行ったら探してみるかな。


 しかし翌日、すぐに彼女は見つかった。
「1年生のみなさん、はじめまして。わたしは図書委員の副委員長です」
 入った図書委員の、副委員長だった。
 彼女は明るく、ハキハキとした人だった。
 昨日見た時は、とても儚げに見えたんだけど。
 そして委員会が終わって、彼女が1人になるのを見計らってオレは声をかけた。
「副委員長」
「はい?」
「昨日、桜の山でお会いしましたよね?」
「桜の山?」
 キョトンと、可愛らしく首を傾げるも、その口元は微妙に歪んでいる。
「…もしかして、委員会をサボッて行ってたとか?」
「ぎくっ★」
 自白してるし。
「みっみんなには内緒にしてくれると、嬉しいな」
「副委員長がデートしてくれるなら」
 すると今度は本当にキョトンとしてしまった。
「えっと…」
「一目惚れです。オレと付き合ってもらえませんか?」
「えっ…ええっ!?」
 白い彼女の肌が、桜色に染まる。
 キレイな人だな、と素直に思った。
「誰か他に好きな人とか、恋人とかいるんですか?」
「いっいないけど…急ね」
「モタモタして、取られるのはイヤですから」
「んっ…。まあその考えは理解できるけど」
 頬にかかる黒髪を上げる仕種。
 指が細くて長い。
 ツメも桜の花びらみたいに、キレイだ。
 ―キレイな人だ。
「じゃあ…よろしくね?」
「はい、よろしくお願いします」
 差し出された彼女の手は、あたたかくて柔らかかった。


 ―その後、恋人としての付き合いが始まった。
 恋人としてデートしたり、電話やメールをしたり。
 彼女はとても人気のある人で、男子生徒からはふざけた様子ながらも本気でどつかれたことがあったり…。
 何やかんやで、彼女と付き合って1年近く経過した。
 楽しい時間はあっと言う間で、オレは先輩から図書委員の副委員長の座を譲られた。
 3年になる先輩方は受験の為に、いったん身を引くからだ。
 付き合ってみて知ったことだが、彼女は本当にキレイで可愛らしい。
 …まあ恋人だから、夢中になっている自覚はあるけど。
 だから不思議に思うこともある。
「先輩は…何でオレを選んだんです?」
「ん? 副委員長のこと?」
 学校の帰り道、一緒に歩く彼女は1年前と変わらずキレイで可愛い。
「それもありますが…やっぱり恋人のこと。先輩、モテるでしょう? それこそオレという恋人ができた後にも告白されるぐらい」
「うっ! どこでその情報を…」
「入ってくるもんですよ。先輩、ウワサになりやすい人だから」
「ううっ! でっでもちゃんと断っているわよ! わたしにはあなたという恋人がいるからって!」
「『別れてからでもいい』、あるいは『二番手でも構わないから』とも言われているそうで」
「なっ何でそこまで知ってるの?」
「実は情報源、先輩のお仲間だったりしますから」
「アイツらぁ~!」
 怒っていても、可愛い人。
 オレはつないでいる手を少し強く握った。
「先輩、でもオレ、年下だからってワガママ言いません。受験勉強に専念したくなったら、言ってくださいね?」
「…あなたは年下だけど、わたしよりしっかりしているわね」
 上目遣いに睨まれたって、怖くない。
「ええ、先輩に嫌われたくないですから」
「キライになるワケないでしょ!」
「でも不安ですよ。オレの方から先に、好きになったんですし」
「すっ好きになるのに、先も後も関係ないでしょ! あっ愛情で大事なのは、深さなんだから!」
「そうですね。オレは先輩に深く愛されていますしね」
「なっ!? あっあなたって人はー!」
 ポカスカ叩かれるも、痛くない。
「んもうっ! …副委員長に任命したのは、あなたが年不相応にしっかりしているから! こっ恋人に選んだのは…」
 真っ赤な顔で眉をしかめながら、彼女は言った。
「うっ運命かな?って思ったからよ」
「運命?」
「そっ。だって出会い方、ある意味フツーじゃなかったでしょう?」
「…まあそうですね」
 天気が不安定な日に、普通の人は訪れないであろう山登りをして、出会ったのだから。
「出会い方もアレだけど…。次の日、同じ委員会で再会するのも、運命的でしょ? …しかも告白してくるんだから」
「告白は運命じゃないんですか?」
「…それだけは予想していなかったわ」
「ははっ」
「しかも一目惚れなんて…。逃げ出した女の子に言う言葉じゃないわよ」
「逃げられたんですか? やっぱり、アレは」
「ひっ人に見られると、マズイ現場だったから」
 後から聞いた話だと、細かい打ち合わせにイヤ気がさして、ウソをついて委員会を抜け出したらしい。
 なのに同じ学校の制服を着ているオレを見つけて、慌てて逃げ出したらしい。
 だからオレがはじめて声をかけた時、知らぬフリをしたのだ。
「ウソはいけませんよ、先輩」
「わっ分かっているわよ! 十分に反省しました!」
「でも先輩はこれから大変ですね。受験勉強。少しランクが高いんでしょ?」
「ううっ…! 言わないでよ。くじけそうになるから」
「まだ時間がありますから、じっくり頑張ってください」
「う~…」
 本気で落ち込みかけている彼女を見て、ちょっとかわいそうな気がした。
 ちょうどそこで、あの山を通りかかった。
「先輩、気晴らしに花見しましょうか?」
「花見? あっ、この山…」
「はい、先輩とはじめて出会った山です」
 まだ桜は咲き始めといったところだが、それでも屋台はもう出ている。
「何か食べましょうよ。奢りますよ?」
「ホント? じゃあクレープ食べたい! イチゴの!」
 嬉しそうにオレの腕にしがみついてくる行動は、年上とは思えないな。
「はいはい。じゃあ行きましょうか」
 屋台でクレープを買って、二人並んで頂上を目指して歩く。
「ここに来るのも久し振りね♪ 最後に来たのはお正月の初詣だったかしら?」
「そうですね。合格祈願参りしましたから。そこでお守りを先輩に買ってあげましたね」
「来年はわたしが買ってあげるね」
「もし先輩が合格したら、そのお守りをくださいよ」
「『もし』って何よ!」
「だってまだ、決まったわけでもないですしねぇ」
「う~! あなたってそういうとこ、イジワルよね」
「先輩があんまり可愛いから、イジメたくなるんですよ」
「…そういう恥ずかしいことは、アッサリ言うし」
「先輩の彼氏ですからね」
「ふぅ~んだ!」
 彼女はむくれながらも、黙々とクレープを食べる。
 やがて頂上にたどり着く頃には、2人ともクレープを食べ終えていた。
「う~ん。さすがにまだ満開まではいかないけど、コレはコレでキレイよね」
「そうですね。一斉に咲くのもキレイですけど、少しってのも良いもんですね」
 彼女は駆け出し、あの木の下に立った。
 そしてそっと、咲きかけの蕾に触れる。
「この分なら、あと10日ってとこかしら?」
「そしたらまた寄りましょうね」
「うん! もちろん!」
 彼女が笑顔で、蕾をなでる。
 その姿に、昨年の彼女の姿が重なって見えた。
 ―あの時、同じ学校の生徒だと分かっていても、消えてしまったことに、ひどく心が揺れ動いた。
 きっとそう…あの感情は『悲しみ』。
 喪失感から生まれた、負の感情。
 彼女は本当に存在したのか?
 もしかしたら、本当に幻だったのではなかったのか?
 そんな考えが駆け巡ったから…。
 思わず胸を押さえると、いきなり、あの時のように突風がふいた。
「きゃあっ…!?」
 彼女は驚いて、蕾から手を離した。
 乱れる黒髪で、彼女の顔が見えなくなってしまう。
 オレは駆け出していた。
「先輩っ!」
 突風から彼女を守るように、とっさに抱き締めていた。
 消えないように、逃げないように。
 強く、強く―!
 …しばらくして、風はやんだ。
 けれどオレは彼女から離れなかった。
「えっと…、風、やんだわよ?」
 腕の中で、彼女が恐る恐る声をかけてきた。
「そう…ですね」
 少し力を緩めると、彼女は顔を上げた。
「びっくりしたわねぇ、今の突風。春一番かしら?」
「ここは高い所ですから、風も強いんでしょう」
「そうね。…どうかした? 何か顔色悪いけど」
 彼女が心配そうに、オレの顔を両手で包み込む。
 その手に触れ、そのあたたかさにほっとする。
「いえ…。また先輩が消えてしまうんじゃないかと…ちょっと心配になったものですから」
「そっそれはないわよ! もう逃げる理由なんて、無いんだし」
「分かってはいるんですけどね」
 オレは力なく笑う。
 …実のところ、あの日のことは、ちょっとしたトラウマになっていた。
 雪のように舞い散る花吹雪の中、彼女を見失ってしまったことが、今でも強く心に残っていた。
 悲しい思いと共に―。
 だから一緒にいる時も、時々不安になっていた。
 彼女が急に消えてしまうような感覚が怖くて、いつも強く彼女を引き止めていた。
「…ゴメン。イヤな思いにさせちゃって」
「いえいえ。運命的な出会いでしたし?」
「運命にもいろんな感じ方があるの、忘れてたわ」
 彼女は珍しく神妙な顔付きになった。
 そして一度俯き、再び顔を上げた時には、何かを覚悟した表情をしていた。
 オレの顔を包んだまま、背伸びをして…キスをしてきた。
「っ!?」
 いや、キスやそれ以上のことはしたことあるけど、彼女からというのははじめてだった。
「…コレでイヤな思い出、吹っ飛んだでしょ?」
「ええ、いろんな意味で、吹っ飛びましたよ」
 あの時の悲しい思い出が、一気にあたたかなものへと変わった。
 彼女からキスしてきたという、甘い思い出に。
「…先輩」
「なぁに?」
 彼女をぎゅっと強く抱き締めながら、耳元に口を寄せた。
「桜が満開になったら…またここで、キスしてくれます?」
「うっ…! まっ満開になったら、ね?」
「ええ、そうですね」
 その時の天気は、晴れじゃなくていい。
 今にも雪が降り出しそうな、曇り空であってほしい。
 そして強い風がふいていれば、もっと良い。
 白い花びらが雪と錯覚できるぐらいの、桜吹雪があれば、あの日と重なる。
 ここでまたキスをすれば、また彼女との思い出が増える。
 そう、春の雪に包まれながら―…。


<終わり>


にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村←よかったら、ぽちっと押してください。

スポンサーサイト

【2017/05/05 17:02】 | 恋愛小説
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック