フリーのシナリオライターとして活動しています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あらすじ
 お互いに引っ込み思案で、なかなか告白ができなかった。そんなわたし達に、桜の奇跡が…。
 わたしに住む地域では、春でも時々雪が降る。
 真っ白な桜の花びらと一緒に降る雪は、とても幻想的で美しい。
 ―だから決めていた。
 今年、春に雪が降ったら、あの人に告白しようって…。


『春に降る雪 /告白のタイミング』

 わたしの住む地域では時々、春でも雪が降る。
 それはほんの短い間のことだけど、嬉しく思える瞬間でもあった。
 でも近年ではあまり降らず、さみしく思っていた。
 高校生活も終わりに近付いてきて、わたしは別れの季節を迎えようとしていた。
 …だからだろうか?
 いつもは引っ込み思案のわたしは、決心した。
 もし今年の春、雪が降ったら―彼に告白しよう、と。
 彼とは高校一年の頃から、同じ図書委員だった。
 好きな本の種類が似ていて、よく話をした。
 時々だけど、2人だけで出かけたりもしていた。
 お互い口には出さなかったけれど、多分…両想いなんだと思う。
 彼もわたしも引っ込み思案なところがあるから、はっきりとしたことは言えないケド…。
 でも、多分、そう!…だと思う。
 …ううっ。自信が無い。
 3年間も側にいて、恋人未満友達以上の関係は結構辛い。
 でもハッキリしたかったけれど、万が一、ピリオドを打たれたらキツイ…。
 そんな思いでズルズルと3年間過ごしてしまった。
 けれどこの春、お互い別の進路に進んでしまう。

 わたしは専門学校に。
 彼は大学に。

 そうなれば彼との交流も自然消滅しそうで、イヤだ。
 だから決心した。
 もし今年の春、雪が一瞬でも降ったら、彼に告白しようと。
 降らなかったら…きっと縁はなかったんだと、諦めることも決意した。
 運を天に任せる、と言うのもアレかもしれないけど、こうでもしなければ勇気が出ない。
 高校の卒業式では、雪は降らなかった。
 あとはお互いの入学式までが、勝負だ。
 入学式の後に降っても、告白はしない。
 それだけは心に決めていた。
 なのに、いきなり彼から電話。
「花見に行かない? 屋台いっぱい出ているしさ」
「うっうん…」
 本当は告白できるまで会わないつもりだったけど…。
 …惚れた弱味というヤツだった。
「お待たせ!」
「ううん、今来たところ」
 桜の咲く公園で、待ち合わせをしてしまった。
 屋台を見ながら、公園の中を歩いた。
「入学式、何着てくの?」
「一応スーツ。親が用意してくれたから。そっちは?」
「わたしも。でもスーツって制服と似てて、卒業した気にならないわよね」
 何気ない会話をしながら、公園の奥にある池まで来た。
 2人並んで座り、ちょっと休みを取った。
 空は…雪が降るというか、雨が降り出しそうだった。
 風も心なしか湿っぽいし。
 ううっ…。告白のシチュエーションとしては、最悪だ。
「何か天気悪いな。今日は早めに切り上げる?」
 …事態はもう、最悪の一途をたどっている気がする。
 もっもういっそのこと、ここで告白した方が良いのかな?
「あっあのねっ!」
「うん?」
 うっ…!
彼の無邪気な笑顔が眩しい!
「わっわたし…」
 弱気になる心を奮い立たせ、真っ直ぐに彼の眼を見つめた。
「あなたのことがっ…!」
「あっ、ちょっと待って」
 急にストップをかけられ、わたしは固まった。

ポツッ…

 でもふと、顔に冷たい雫が触れた。
 もしかして…。
 空を見上げると、雨の粒が次々と落ちてきた。
「ウソッ!? 雨降ってきた?」
「そうみたい。場所、移動しよう」
 彼は上着を脱いで、わたしの頭にかぶせてくれた。
 そして腕を掴んで、大きな桜の木の下に連れて来てくれた。
 …こういうことをアッサリとしてしまうところが、何気なくときめいてしまう。
 実際、顔は熱くなっているし、鼓動も早くなってしまった。
「通り雨だと良いな」
「うっうん…」
「寒くない? 花冷えしそうだな」
「だっ大丈夫」
 彼の上着で顔を隠しながら、答える。
 真っ赤に染まった顔を見られたら、告白もない。
 一発で、バレてしまう。
 しばらく2人黙って、そこに立っていた。
 雨のせいか、周囲に人気の気配はない。
 …雨じゃなく、雪だったら良かったのになぁ。
 桜が満開になる頃、あたたかな空気の中、降る雪は何故か心あたたかくなる。
 桜の花びらと共に待って、幻想的なあの風景がとても好きだった。
 その時、風は少し強めの方が良い。
 雪と桜の花びらの白さが、見分けつかなくぐらい舞い散るのが、美しいから。
 …でも今は無風、しかも冷たい雨。
 コレは何か? 
 告白なんて考えるだけムダだと、天が言っているのだろうか?
 やっぱり彼はわたしのことを、ただの友達としか見てくれていないということかな?
「はあ…」
 思わず吐いたため息が、白くなった。
 …思った以上に、空気が冷たいみたい。
 そう思うと、わたしの心まで暗くなってくる。
「寒い?」
「ん~、ちょっと。雨あがったら、あったかい飲み物でも飲もうか?」
 そろそろ顔も冷えてきた頃なので、顔をあげようとしたら…いきなり彼に抱き締められた。
「えっ、えっ?」
 突然のことにワタワタしていると、力を込めて抱き締められた。
「…これなら、寒くないだろ?」
「さっ寒くはないけど…」
 そこで気付いた。
 彼の心臓、強く高鳴っていることに。
 つられてわたしの心臓まで、痛いぐらいに高鳴る。
 そうして彼がわたしを抱き締めたまま、時間が過ぎ、気付けば雨はやみ始めていた。
 …こうなると、雨は降り続いてほしかった。
「あっありがと。もう大丈夫だから」
 それでも―雪は降らない。
 わたしは彼の胸を押して、半ば強引に離れた。
「あっ、うん…」
 本当は気付いていた。
 彼がわたしを思う気持ちに…。
 彼が自覚する前から、気付いてしまっていた。
 だからわたしの方から、言い出さなくちゃいけないのに…。
 …グダグダだなぁ。
 天気は味方をしてくれないし。
 気持ちは踏み切れないし。
 やっぱり…自然消滅なのかな。
 空を見上げると、雨は止んだけれどくもりのまま。
 まるでわたしの心境そのままを表しているみたい。
 わたしは彼の上着を手に取った。
「上着、ありがとね。ちゃんと洗濯して返すわ」
「うっうん。あの、さ」
 彼は顔を赤くし、何か言おうとした。
 けれどいきなり!

ざあっ…!

「きゃっ!」
「うわっ!」
 突風が吹き荒れた。
 天気本当に悪いな…。
 でもうっすらと開けたわたしの目に映ったのは…桜の花びらがまるで雪のように舞い散る風景だった。
「あっ、キレイ…」
 わたしの声に反応して、彼も眼を開けた。
「まるで雪みたいだ」
「そうね」
 わたしは両手を広げ、上げてみた。
 桜の花びらがわたしの手の上を通り過ぎる。
 でもほんの一瞬、冷たい感触があった。
「えっ?」
 白い桜の花びらにまざり降ってきたのは…まさか!
「雪!?」
 驚いて空を見上げると、白い花びらと共に雪が舞っていた。
「ああ、久し振りだね。雪が降るの」
 彼も嬉しそうに両手を広げる。
 その様子を見て、わたしはたまらなくなって、彼に抱きついた。
「えっ! どっどうかした?」
 泣き出しそうになるのを必死に堪えながら、わたしは言った。
「あなたのことがっ…好き」
「あっ…」
 彼の体が一瞬、固まった。
 けれどすぐに苦しいくらいに抱き締め返してくれた。
「うん。ボクもキミのことが好きだよ」
「…うん!」
 涙目になりながら映った光景は、雲間から差し込む光を受けて、輝く彼の笑顔だった。

<終わり>


にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村←よかったら、ぽちっと押してください。

スポンサーサイト

【2017/05/05 16:46】 | 恋愛小説
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。