フリーのシナリオライターとして活動しています
あらすじ
 かつて住んでいた所は、桜の森が存在していた。その姿を求め、久しぶりに行ってみたけれど…。
 わたしは10年前まで、違う土地で暮らしていた。
 けれど今はダムの底に沈んでしまっている。
 病床の祖母に言われ、故郷の桜を求めて帰ったわたしが体験したこととは…。


『失われし桜の森』

 わたしの家族は、両親と兄・姉・わたし・弟・妹、そして母方の両親と、今時珍しく大家族だ。
 昔は祖父達の実家がある所に住んでいた。
 だけどダムの建設が行われ、一家は都会へと引っ越した。
 わたしがまだ6歳の頃で、もう10年も前の話になる。
 住んでいた村は桜の木がたくさん植えられていて、まるで桜の森だった。
 何にもなかった田舎だったけれど、自然が遊び友達だった。
 特にあの桜の森はわたしのお気に入りだった。
 よく1人で遊びに行っては、迷子になっていた。
 そのたびに家族は大慌てで探してくれて、よく叱られもした。
 だけどわたしは懲りず、何度も桜の森に足を踏み入れた。
 桜の森は美しくも幻想的で、でもどこか現実感が無かった。
 だから迷子になりやすかった。
 祖母が一度、難しい顔をしながら言っていた言葉がある。

「桜の森はねぇ、空間が歪んでいるんだよ。だから人を飲み込む。気をつけないと、アンタも飲み込まれちまうよ」

 歳を取った祖母から出る言葉とは思えなかった。
 けれど実際、あの桜の森では何人もの人が行方不明になっているらしい。
 広い桜の森の中、迷ったら二度と出てこれない―。
 だけどわたしは信じていなかった。
 何故ならわたしは何度も迷子になっても、必ず出てこれたからだ。
 家族は必ずわたしを見付け出してくれた。
 そしてわたしは何度も一人で出てこれた。
 だからこそ、何度も行ってしまう。
 でもその桜の森も、今では影も形もなくなってしまった。
 ダムの建設により、山は削られ、桜の木もほとんどない。
 わたしは今、10年ぶりにその地に来ていた。
 僅かながらも残った桜を見に来た。
「う~ん。田舎だなぁ」
 1時間に1本しかないバスを降りると、そこは見渡す限りの山が並んでいた。
 民家は全部ダムの底。
 わたしはダムに向かって歩き出した。
 里帰りしたのには理由がある。
 祖母が病気になってしまった。しかもかなり重い病気に。
 そんな祖母が病床で言った一言が、わたしをつき動かした。
「桜が…あの桜が見たいねぇ」
 何も枝を折って、持って行くワケではない。
 何輪かの花を拾うか、あるいは落ちている花の付いた枝を持って帰るとか、そういう方法で祖母に桜を見せたい。
 行き方を祖父に聞いて、わたしは一人、ここに戻って来た。
 ダムがあった場所に、桜の森はあった。
 ダムは大きく、迫力があった。
 持ってきたデジカメで写真を撮る。
 兄から見たいからという理由で、デジカメを預けられた。
「桜、どこかに残っていると良いけど…」
 弟や妹は幼過ぎて、記憶に残っていないと言っていた。
 両親や姉も、久し振りに故郷が見たいと呟いていた。
 景色をデジカメで撮りながら歩いていく。
 やがて山の中に入る。
 桜の木は転々とあるが、記憶の中の桜の森とは違う。
「やっぱりもうないのかなぁ…」
 山を下り、ウロウロと周囲を歩く。
 ふと、一本の大きな桜の木を見つけた。
 何気なく行ってみると、その木の後ろにはまた、桜の木が連なってあった。
「この奥、かな?」
 更に奥へ進んでみる。
 しばらく歩くと、周囲の景色が変わったことに気付いた。
 見渡す限り、桜の木がある。
 まるで囲まれている気分になる。
「わあっ! やっぱり残っていたんだ!」
 記憶の中の桜の森と、景色が一致する。
 満開の桜の森の下、わたしは思わず目がくらんだ。
 澄み切った青い空、白い雲。
 ピンク色の桜が、わたしの視界を覆い隠す。
「っと、いけない。写真を撮らなきゃ」
 わたしは正気に戻り、デジカメを構えた。
 やがて、青空が茜色に染まり始めた頃、わたしは写真を撮るのを止めた。
「バス時間、大丈夫かな?」
 ケータイで時間を確認すると、大分時間が経っていた。
 写真を撮る途中、落ちている桜を拾ったりしていたから、夢中になってしまっていた。



にほんブログ村←よかったら、ぽちっと押してください。

スポンサーサイト

【2017/05/03 17:41】 | 【ホラー/オカルト短編集】
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック