フリーのシナリオライターとして活動しています
「えっ…? うそっ…」
それは一本の電話から始まりました。
まだ夕飯を食べている時、電話が鳴り、出たのはわたしの母でした。
母は電話の内容を聞き、真っ青な顔色でわたし達を見ました。
そして…
「殺された…殺されてしまった…」
壊れたテープレコーダーのように母は繰り返しました。
「どっどうしたの? お母さん!」
わたしは母に駆け寄り、その肩を掴みました。
「あのコがっ…殺されてしまった!」
―母が次に言葉を紡いだ声の意味は、わたしの血縁者の女の子の名前でした。
「うそっ…!?」
その場にいた父に兄、そして弟も言葉をなくしました。
そしてわたしも。



血縁者達が、女の子の家に集まりました。
一戸建ての家はまだ新しく、住人が亡くなると言うのはまだ早過ぎる気がします。
「どうなるんだろうねぇ」
「どうなるって、そりゃあ…」
「やめろよ。今言うことじゃないだろ?」
十数人の血縁者達は、複雑な表情でボソボソと話し合っています。
女の子の両親は今、警察の人に呼ばれていません。
母が部屋に入って来た時、一気に静かになりました。
すでに黒い着物に身を包んだ母は、険しい表情で血縁者達の顔を見回しました。
「…警察の方から、事情は聞きました」
そして重い語りが始まりました。
女の子はまだ高校2年の17歳でした。
優しく温和なコで、性格は可愛かったけれど、見掛けは美人という、ちょっと変わった女の子だったんです。
でも…そんな女の子だから、多くの人に、強く好かれもしました。
女の子には1年前からストーカーがいました。
何でも女の子が前に、そのストーカーがケガしているのを手当てしたことから、不幸が始まったようです。
ストーカーは女の子が女神に見えたんでしょう。
そうしてほぼ毎日、何かしら女の子に好意を見せるも、ストーカー扱いされ、逆上し、女の子を殺してしまったんです。
「幸いにもその青年はすぐに警察に捕まったそうですけど…」
「どこが幸いだよ」
兄が重々しい口調で、母の言葉を遮りました。
「犯人は女の子を『殺した』んだろ? ただで済むワケねーだろ」
「兄さん!」
あんまりな言葉に、わたしは兄の腕を引っ張りました。
しかし兄は強い目で、わたしをにらみ返します。
「…こっちだって、被害者だっ!」
忌々しそうに呟く兄は、腕を振り解き、そっぽを向いてしまいました。
「…とりあえず、お葬式は明日にでもすぐ行います。マスコミなどは警察の方が抑えてくれるそうですから、みなさんもくれぐれも…」
「分かっているよ」
「身内のことだからな」
血縁者達は心得たように頷き合います。



そして翌日。
小雨が降る中、近所のお寺でお葬式は始まりました。
女の子のご両親は泣きながら、訪問者達に頭を下げます。
わたしも親族席に座りながら、女の子の遺影を見つめます。
明るく、わたしにも懐いていた可愛いコです。
いなくなったことが…今でも信じられません。
…ストーカーのことは、何となく感じていました。
けれど警察の人がいるし、学校のみんなもいるから、と明るく振る舞っていました。
その本心を、見抜けなかった自分が情けないです。
女の子は殺される時、どんなに怖かったでしょう?
どんなにさびしかったでしょう?
最期に何を思い描き、何を感じたのか…もう聞く手段はありません。
スポンサーサイト

【2011/06/30 23:57】 | 【ホラー/オカルト短編集】
トラックバック(0) |