フリーのシナリオライターとして活動しています
 普通、恋人キスと言うのは唇にするはず…よね?
 なのにたった一ヶ月前から付き合い始めた彼は、アタシにキスする場所は唇以外の場所。
「なあ、キスして良いか?」
「えっ? …うん、まあ良いけど」
 今はアタシの部屋で、彼と二人っきり。
 まったりのんびりした雰囲気を出していた。
 けれど彼はアタシを後ろから抱きしめていて、その唇が触れているのは首筋。
「ヤダ、ちょっと。くすぐったい」
「ん~。じゃあここは?」
 次にアタシの手首を掴んで、何故か甘噛み。
 …確かにくすぐったくはないんだけどね。
 そして頬、耳、また首といくけれど、唇には触れてこない。
 何でだろう?
「ねっねえ」
「何だ?」
「何でその…唇にキス、してくれないの?」
 ううっ…! 女の子から言うと、恥ずかしい。
 まるで誘っているみたいに、聞こえるだろうな。
 すると後ろの彼は、ニヤっと意地悪な笑みを浮かべる。
「唇にしてほしいのか?」
「と言うより、何で唇以外なのか知りたいの!」
 ちょっと見た目が怖い彼は、けれどアタシをとても優しくしてくれる。
 あんまり口数も多くないけれど、一緒にいて安らぐ人。
 彼がアタシに好意を抱いていることに気付いたアタシは、何となく彼を意識するようになった。
 そしてそれとなーく、付き合わないかと言ってみたら、やっぱりOKだった。
 それは素直に嬉しいんだけど…。
 恋人となってから、彼が言うキスとはずっと唇以外の体の場所。
 いや、別に良いんだけどね。
 キスされるたびに、彼に大事にされているのを感じるし。
 周囲にいる友達は、恋人ができるとあまり間もなく深い仲になってしまうらしい。
 キスなんて、恋人になってすぐにしてしまうコも多い。
 だからこそ、彼のキスはとても大切なものには思えるんだけど…。
「お前さ、キスと言えば唇だけだと思ってる?」
「そんなことはないわよ。頬でも手でも、キスはキスでしょ?」
 彼の唇が体に触れるたびに、くすぐったいけれど甘いしびれを感じる。
 それはきっと、唇だろうが体だろうが同じ。
 だってキスしているのは、アタシの大好きな彼なんだもん。
 まっまあだから、彼が唇にキスするのが嫌ならば、別にそれでも構わないんだけど…。
「キスする場所に意味があるの、知っているか?」
「へっ? …あっ、何となくは」
 確か22ヶ所ぐらい、キスの意味がある体の場所があるみたい。
 日本ではあまり馴染みがないけれど、外国では結構知られているみたいで…。
「って言うか、あなたは知っているの?」
「昔通っていた幼稚園が、そういうのを教えてくれたからな」
 …まず日本系ではないだろう。
「首筋は執着、手首は欲望、頬は厚意、耳は誘惑ってな」
 彼は言いながら、同じ場所に口付けていく。
 なっ何かとんでもない言葉ばかり飛び出てくるけれど…。
 もしかしたら、コレが彼のアタシへのメッセージなんだろうか?
 口数少ない彼が自分の気持ちを伝える方法として、キスを選んだのならば…理解できる。
 でもやっぱり理解できないことが、一つあった。
「…じゃあ、唇にするキスの意味は?」
 顔だけ振り返って彼の顔を真っ直ぐに見ると、今度はあたたかな笑みを浮かべる。
 そして静かにゆっくりと、唇にキスをされた。
「唇はもちろん、愛情だ」
「じゃあ何で今までしなかったの?」
「そりゃあもちろん…」
 そこで彼は言いつまった。
 眼をウロウロと泳がせて、顔色が僅かに赤くなる。
 アレ? これってもしかして…。
「恥ずかしかった、の?」
 アタシが先に言うと、一気に彼の顔色は真っ赤になった。
 …ああ、図星だったのね。
 彼は言葉よりも、態度で分かりやすいタイプみたい。
「…何でお前はいつも、俺より先に言うんだ?」
 それって告白のことも言っているんだろうな。
「だって…何かじれったいもん」
「んなっ!?」
 彼とは実は、中学時代からの知り合いだった。
 付き合い始めたのは、知り合って三年目になってから。
 随分と間があった。
 いい加減、アタシが耐え切れなくなったというのもある。
 お互い気になっていたのに、全然進展がないんだもん。
「あなたの言葉を待ってたら、おばあちゃんになっちゃうわ。だけどキスであなたの気持ちを伝えてくれるのならば、教えて?」
「…ああ、だが覚悟しろよ? キスする場所は、まだまだあるんだからな」
 ぎゅっと抱き締める力が強くなった。
「ふふっ。それは楽しみね。でも一番してほしい場所には、できるだけ多くしてね」
 アタシはニッコリ笑って、彼の唇に指で触れる。
「指先のキスは賞賛、だそうだ」
「じゃあ上手くキスできたことを、褒めているってわけね」
「調子に乗るな!」
 少しむくれた彼が、今度は強引に唇にキスしてきた。
 …こんなふうに彼の愛情に触れられるのならば、どこにキスされても良いと思っていることは、彼には内緒。

<終わり>
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:恋愛小説 - ジャンル:小説・文学

【2017/07/30 15:12】 | <Kiss>シリーズ
【タグ】 小説  短編  キスシリーズ  キス  恋愛  甘々  恋人  告白  学生  
トラックバック(0) |
「えっ? 付き合わないの?」
「どこへよ?」
「恋人としてだよ」
「……はっ?」
 イベントでのことは、私が関係者であるからやっただけだったのに?
「ああ、そこまでしなくても良いわよ。これから受験の準備があるんだし、そこでこじれたって言ってもいいし…」
 別れる言い訳なんて、高校三年になる私達には山のようにある。
 何でも良いのだ。
 なのに彼はニヤニヤしながら、私を見る。
「…何よ?」
「いや、医者を目指していることは知っていたけど、本当に真剣に頑張っているんだなって思って」
「何、それ。イヤミ?」
 彼は大病院の長男で、将来は跡継ぎになる予定。
 一方、私の実家は小さな町医者で、上に兄と姉がいるけれど二人とも医学生だ。
 将来、兄弟三人で病院を大きくしようというのが、小さい頃からの夢だった。
 だから私にとって、彼はいわゆる敵。
 思わず睨んでしまうと、彼は苦笑して手を振る。
「尊敬しているんだよ。ただもったいないなとも思っている。せっかくの青春時代、ただ勉強するだけじゃ味気なくない?」
 …何で兄や姉と同じことを言うんだろう?
 医学生でも兄には婚約者がいるし、姉には恋人がいる。
 けれど私は誰とも今まで付き合ったことがないので、心配されているのだ。
「どう? 良い機会だし、ボクと付き合ってみない?」
「何で?」
「ボクがキミを好きだから」
 …何か今、悪夢の幻聴が聞こえた。
「…アンタ、よりにもよって教会で何を言っているのよ?」
「ここだから、言えるんだよ。キミも本気にしてくれるだろう? それともこうでもしないと、信じてくれない?」
 彼の目に危険な光が宿るのを見て、身の危険を察知して後ろに下がったのに、すぐに両肩を掴まれて…
「んんっ…!?」
 キス、された。
 深く熱いキスは一瞬のことだったけれど、それでも感触は残る。
「…んのぉ、何をするのよっ!」
 ビンタをしようとするも、
「おっと、危ない」
 ひょいっとよけられる。
 …彼は運動神経が特に良かったっけ。
「ああ、ゴメン。つい避けちゃった。今度はよけないから、どうぞ」
 とニッコリ余裕の笑みを浮かべるので、遠慮なく、

バシンッ!

 と綺麗な顔を平手で叩いた。
「…いったぁ」
「こっちも痛いわよ」
 平手打ちっていうのは、意外と叩いた方もダメージを受ける。
 ジンジンと熱を持つ私の手は、彼の赤くなっている頬と同じだろう。
「いきなりキスなんてする方が悪いっ!」
「だからゴメンって。でも可愛いキミの姿を見たら、ガマンできなくなっちゃった」
「…それって普段、ブサイクだって言いたいの?」
「…キミって少し、卑屈だね」
 余計なお世話!
「でもそんなキミが好きだというのは本気で本当。…けれどボクは意外と臆病だから、こういう機会がなければ告白キスもできなかっただろうな」
 そう言って今度は優しく、穏やかに私を抱きしめてくる。
 彼のぬくもりに気を取られて、思わず抵抗するのを忘れてしまう。
「ボクはキミのことが好きだよ。さっきのイベントでキミが参加しているのを見て、誰にも取られたくないって思ったんだ。いつも何事にも一生懸命で、真面目なキミのことは前から気になっていたんだけどね」
 そう言って私の頭の上で、クスッと笑った。
「浮かれている女の子達よりも、落ち着いているキミに好きになってもらいたいって思ったんだ。…ダメ、かな?」
 …こういう時に弱い声を出すのは、ダメだと思う。
 けれど…彼を突き放せない私もダメ、だな。
 こんなつまらない私を、好きだと言ってくれる彼を手放せなくなっている。
「…私、面白くないわよ? 女の子らしくもないし」
「良いよ。とりあえず、キミの一番近くにいる男になれれば」
 そう言って再びキスをしてくる。
 …ああ、将来のこと、考え直さなきゃいけないな。


<終わり>

FC2blog テーマ:恋愛小説 - ジャンル:小説・文学

【2017/07/30 13:27】 | <Kiss>シリーズ
【タグ】 小説  短編  キスシリーズ  キス  恋愛  告白  学園  クリスマス  学生  
トラックバック(0) |
「へっ? 私にも参加しろって?」
 それは12月のこと。
 私の通っている高校は共学で、キリスト教関係の学校だ。
 そのせいか、終業式後には学園ではパーティーを行う。
 まあパーティーと言っても、軽くオシャレをして立食をしながら話をしたり、ダンスを踊ったりするもの。
 堅苦しいマナーはなしで、揉め事さえ起こさなければ自由に楽しめる。
 私は二年で、パーティーを取り仕切る係の一人だった。
 なのにパーティーの目玉イベントである『聖夜までに恋人を作ろう!』という、いわゆる数人の男女が集まり、思いを寄せる相手に告白して、カップルになるというものに、参加してほしいと言われた。
 言ってきたのは、イベントを取り仕切っていた同級生達。
 何でも女の子側が一人、急病で来れなくなったらしい。
 まあこのイベントはそもそも、先にアンケートを取って、その中から選ばれた出来イベントでもあるんだけど…。
「でも私、別に告白したい人とかいないんだけど…」
 ウチは進学校で、一年の頃からそれこそ死に物狂いで勉強ばかりさせられる。
 だからこそ、こういうイベントが人気あるのだ。
 同級生達はとりあえず出てくれ、と頭を下げるばかり。
 イベントは互いに自己紹介をして、気になっている相手をスケッチブックに名前を書いて、みんなの前で公表するというもの。
 互いの名前を書けば、カップル成立ってわけだけど…。
「ちなみに男子は誰が出るの?」
 本当はイベントが始まるまでは、異性のメンツは秘密にされている。
 けれど緊急事態なので、同級生達はファイルを見せてくれた。
「…ん? 彼がいるのね」
 ファイルの中には、この学園で人気ナンバー1の彼がいる。
 いつも穏やかで成績優秀、女の子には特に優しいけれど、特定の相手がいないことでも有名。
 …妙に一線を引いているのが、ちょっと腹黒さを感じる相手だ。
 でもちょうど良い相手かもしれない。
 彼の名前を書く女の子は多いだろうし、その中の一人となれば恥もかかない。
 彼だってまさか、あまり話したこともない私の名前を書くワケがないしな。
「…分かったわ。出るだけ出るわ」
 ――こうして私はイベントに参加することにした。


 パーティーは終業式が終わり、午後からとなる。
 体育館を使うので、私達はそれこそ目が回るほど大忙し。
 何せ準備する時間は二時間ほど。
 その間にテーブルや料理や飲み物を並べたり、吹奏楽部にも演奏の準備を指示しなくてはならない。
 着替えは学校に持ち込んでいて、更衣室で後で着替えなきゃ!
 そしてパーティーが無事開催され、最初は立食と談笑が始まる。
 その間に着替えて、軽くメイクもして、体育館に出た。
 イベントが行われるまでは自由時間。
 私は友達と合流して、束の間の安らぎの一時を過ごす。
 …そして悪夢の時間が始まった。
 壇上に並べられたイスに座ると、向かいには同じ数の男子達が座る。
 …多くの視線が痛い。
 本当に突き刺さるようだ。
 けれど男の子も女の子もはしゃいでいるし、楽しんでもいる。
 落ち着いているのは私…だけじゃなかった。
 真向かいに座る彼もまた、落ち着いていた。
 …まっ、彼も頼み込んで出てもらったと言っていたし、あまり興味がないんだろうな。
 あっ、目が合った。
 私を見てにっこり笑い、軽く手を振る。
 なので仕方なく、私もぎこちなく笑いながら手を振った。
 そしてスケッチブックに名前を書く時間になった。
 コレでようやく終われる…そう思いながら、私は彼の名前を適当に書く。
 そうして全員がスケッチブックを見せ合った時、第二の悪夢が始まった。
 何故か彼は、私の名前を書いていた!
 しかも私は彼の名前を書いていたワケで…めでたくなく、カップル成立してしまったのだった…。


「何でアンタ、私の名前を書いたのよ?」
 カップルになった二人は、特別に教会で二人っきりになれる。
 今年は男女七名ずつ出たのに、カップル成立になったのは私と彼、そしてもう一組だけだった…。
 残りの女の子達は全員彼の名前を書いていたので、視線が真面目に突き刺さったのが痛かった。
「え~、だって壇上で合図しただろう?」
 私に締め上げられながらも、彼は笑みを絶やさない。
…ちっ。身長の高い男をしばくのは、こっちが苦労する。
「合図って…あの手を振ったヤツ?」
「そうそう。てっきりボクに合わせてくれるんだと思っていたんだ」
 あっ…。あの時、私は手を振り返したっけ…。
 まさか打ち合わせるわけにもいかなかったし、彼もまた、イベントには困っていたからな。
 彼は私がパーティーを取り仕切る役であることを知っていたし、そう思っても仕方ないか。
「…そう。まあ良いわ。これから冬休みになるし、その間に仲がこじれたって言えば、女の子達は喜ぶでしょうしね」

FC2blog テーマ:恋愛小説 - ジャンル:小説・文学

【2017/07/30 12:35】 | <Kiss>シリーズ
【タグ】 小説  短編  キスシリーズ  キス  恋愛  学園  クリスマス  告白  パーティー  
トラックバック(0) |
「だから…と言うこともないが。お前が女として迫ってきた時は……その延長みたいなもんだと思った」
 …つまりアタシの接触は、過激なスキンシップの一つと思っていたと。
「だけどお前は若いし、未来がある。可能性な無限大だし、俺なんかに構っているのが勿体無いと思ったんだ」
「むっ…」
「外の世界に出れば、お前にふさわしい良い男がすぐに見つかるさ。だから俺ことなんて…」
「むうっ!」
 耐え切れずに叫んだアタシは突然立ち上がり、机に膝を載せて先生の両肩を掴み、くだらないことばかり言う唇を唇で塞ぐ。
「んんっ…! おっおい!」

 ガターンッ

 そのまま先生は背中から床に落ちる。
 あたしは先生が抱きしめて庇ってくれていたから、どこも痛くない。
 …やっぱり優しい。
 そんな先生の上に乗りながら、アタシは何度も先生キスをする。
 最初は抵抗していた先生だけど、途中から力が抜けたようになすがままになった。
 唇がしびれるようになって、ようやくアタシは先生から離れる。
「…お前なあ」
 困り果てた先生の顔、唇はアタシの唾液で濡れていた。
 こういうところが妙に色っぽいんだよなぁ。
「だぁって先生、くっだらないことばかり言うから。アタシはこの恋心を一生のモノにしたい。死ぬ時だって持っていきたいと思っている気持ちを、バカにされたら怒るッスよ」
「うっ…」
 少し怒ったように上から言うと、先生はますます困る。
 そんな先生に、アタシはフッ…と笑いかけた。
「先生、知ってったッスか? アタシ、実は国語が苦手だったッスよ」
「…ああ、そう言えば一年の夏までは六十点台だったな」
「そうッス。でも夏に先生に惚れて、国語の教科書を大事にしたり、何度も読み返したりしたッス。そうすると、少しでも先生に近付けたように思えたッスから」
 そうしているうちに、いつの間にか成績がトップになっていたのだ。
「思い込んだら一途! と言うのがアタシッスからね。…逃がさないッスよ」
 ぎゅうっと先生に抱きつくと、とうとう観念したようにため息を吐く先生。
「…お前には本当に負けるよ」
「じゃあお嫁さんにしてくれるッスか?」
「ちゃんと大学に行くか、就職を決めれば、な」
「うがっ!?」
 …ヒドイ、交換条件。
 本当は専業主婦になりたかったのに…。
「んっ…。じゃあ大学に通って先生の資格を取って、この学校に戻ってくるッス。もちろん、国語の先生として。それなら良いッスよね?」
「お前…俺をクビにさせたいのか?」
「そうなったら、先生は専業主夫になれば良いッス!」
 ニヤッと笑うと、先生は柔らかくあたたかく苦笑した。
「言ってろ」
 そしてゆっくりとアタシの頭を引き寄せ、キスしてくれる。

 ――やっぱり恋愛は一途で、多少強引じゃなきゃね!

<終わり>

FC2blog テーマ:恋愛小説 - ジャンル:小説・文学

【2017/07/30 12:27】 | <Kiss>シリーズ
【タグ】 小説  短編  キスシリーズ  キス  恋愛  高校生  先生  歳の差  学園    
トラックバック(0) |
「お前、どういうつもりだ?」
「何がッスか?」
「この進路希望だ」
 生徒指導室で、アタシの目の前にいる担任の先生は思いっきり顔をしかめて、アタシが書いた進路希望の用紙をピラピラと振って見せる。
そこに書いてあるのは、

先生の奥さん』

 という心から希望している進路だ。
「ふざけないで、どこの大学でも就職でもいいから書け」
「だーからぁ、本気ッス。アタシの気持ちはずっと先生に言ってたッスよ」
「その口調も止めろ…」
 先生はただでさえくたびれた中年オヤジなのに、今は余計にくたびれ感が出ている。
 先生とアタシが出会ったのは、中学一年の時。
 ウチの学校は共学で中・高一貫、しかも寮住まい。
 かなり厳しい進学校として有名で、アタシなんかは変わり種。
 けれど運動も勉強も上位の方だから、別に文句は言われない。
 …目の前にいる先生以外は。
 先生は国語担当の教師で、中学一年の時、アタシは国語係だった。
 教科の係は各クラス男女一名ずつ。
 先生が使う資料を運んだり、宿題の提出物を回収して渡す役目をする。
 ――が、アタシのパートナーは当時、係をサボってばっかいた。
 成績が思うように伸びなかったのと、アタシを敵視していた為、係の役目を押し付けやがった…!
 でもそのことに気付いた先生が、パートナーを説得してくれたおかげで、何とか役目をこなしてくれるようになった。
 一見はボサ~とした冴えないオッサンだけど、生徒のことをよく見て知っていてくれる。
 そんな先生に惹かれたアタシは、中学一年から先生に迫っていた。
 けれど年齢差が二回りも違ったせいで、最初は子供扱いだった。
 まあ確かに十二歳の女の子に、三十六歳の男が告白されても、懐かれたとしか思えない。
 だから思いきって高校に上がってすぐ、先生の部屋に夜這いに行ったのだ。
 先生は、男先生専用の寮の一階の角部屋だったから、侵入は楽だったなぁ。
 アタシも中等部の頃は二人部屋だったけど、高等部では一人部屋だから、抜け出しても結構バレない。
 だから男子寮と女子寮が離れていても、夜中に密会する恋人は多い。
 アタシと先生のように。
「アタシ、もう先生のせいで傷モノッスよ。責任取ってください」
「真夜中に夜這いしに来た女子高校生が何を言う」
 あっ、怒った。
 まあ確かに最初はそうだったけど…。
「でもそれから三年間は受け入れてくれたじゃないッスか」
「それはお前がいつまでも窓の外にいるからだろう!」
 …おっしゃる通りで。
 でもその気になれば、寮の部屋は空きがあるんだから移動することだってできた。
 それをしなかったんだから、多少なりと脈はあるはず!
「でも先生も無用心ッスよ。窓に鍵かけないなんて」
「寮の敷地で危ないヤツが侵入するとは思わなかったんだ。お前みたいなヤツがいるとは予想外だったがな」
 ヤレヤレといった感じで肩を竦める先生。
「…とにかく、お前は優秀な生徒だ。希望すればどこへだって行けるだろう? ふざけるのもいい加減にして、本気で進路を考えろ」
「何度も言わせないでほしいッス。アタシは先生の嫁になりたいッスよ。…それとも先生はこうやって女子生徒の気持ちを弄んでいたッスか?」

 ゴンッ!

「あいたっ!」
「…お前のその態度といい口調といい…頭の良いヤツはどこかおかしなもんだ」
 おっ女の子の頭にゲンコツを落とすか、普通?
「大体、何で俺なんだ? 遊ぶのもここら辺にしといた方が良いだろう?」
 先生の言葉で、アタシは首を傾げる。
「…まさか先生、アタシに弄ばれていると思っていたッスか?」
「そうじゃない! …ただ、擬似的な恋愛関係だっただけだろう?」
 ムッ!
「何ッスか、それ? アタシは本気ッス! だから先生の部屋に夜毎、通っていたし…」
「それをここで言うなっ!」
 小声で怒鳴って、先生はアタシの口を塞ぐ。
 まあ確かに人気の少なくなった校舎の中とはいえ、誰が通り過ぎるか分からないしな。
「…でもアタシ、ずっと待っていったッスよ? 先生がちゃんと独身で恋人いないことを知ったから、迫ったんだし…」
「そもそも三十過ぎの男に迫るな。俺ももう四十二だぞ?」
「知ってるッス。アタシはもう時期、十八。結婚できるッス」
「親の承諾が必要だろう?」
 …それもごもっとも。
「…じゃあ先生は何でアタシに付き合ってくれたんッスか? 遊びだったら遊びだったと、言ってほしいッス」
 ウソ、本当は言ってほしくない。
 けれど切るのならば、バッサリ切ってほしい。
 変な期待を持たせずに、背中を押してほしいと思うアタシはワガママだな。
 案の定、先生は困り顔で腕を組んで、ため息まで吐く。
「…正直言えば、こんなオヤジに懐いてくれるお前は可愛かった。まるで妹か娘が出来た気分だったしな」
 それは知っている。一緒にいて、感じていたから。

FC2blog テーマ:恋愛小説 - ジャンル:小説・文学

【2017/07/30 12:22】 | <Kiss>シリーズ
【タグ】 小説  短編  キスシリーズ  キス  恋愛  高校生  先生  歳の差  
トラックバック(0) |