【もう1人のボク】・11

2012.01.17(14:29)

「希…更さん」
 ぼやけた視界に映るのは、希更さんの戸惑った表情だった。
「ハルくん、なのね? コレは一体、どうしたの?」
「あっ、月夜が…」
「月夜くんが出てきたの?」
 びっくりする希更さんを見ながら、僕は軽く頭を振った。
「ええ、僕を助ける為に…。どうやら例の事件の首謀者は、遊間だったようです」
「やっぱり、か…」
 重々しい声で現れたのは、門馬さんだった。
「門馬さん…。気付いていたんですか?」
「何となく、刑事の勘でな。前々から怪しいとは思っていたんだが…」
「…その口ぶりだと、彼が怪しいと分かっていて、あえて僕と接触させてたってことですかね」
「えっ、それは…」
 口ごもる希更さんの様子を見て、僕は確信した。
 やっぱり…エサとされていたか。
「良いです。何も言わなくて」
「ハルくん…」
「事件があの日以来、ピタッと止まれば、怪しまれるのも当然ですもんね」
 遊間はあの日、僕と月夜が話しているのを聞いて、確信したんだろう。
 僕と月夜がまだ、切れていないことを。
 だから事件を起こさなくなった。
 目的は達成されたから。
「…月夜くんの方は?」
 門馬さんが不安そうに僕を見る。
 月夜の怒りの恐ろしさは、門馬さんでさえおびえさせる。
「今、引かせました。大分興奮していますが、僕の言うことを聞いてくれましたから」
「そうか…」
 安堵する門馬さんと希更さんの姿を見て、僕は複雑な思いにかられる。
 結局…事件解決の為に、僕は遊間と共に泳がされた。
 けれどここで怒りを出せば、また月夜が暴れてしまう…!
 胸元を押さえながらも、僕は落ちたケータイを拾った。
「…じゃあ、僕は帰りますね」
「あっ、送って行くわ!」
「いえ、結構です。僕のことより、彼等のことをお願いします」
 僕は2人に遊間達のことを頼み、学校から出た。



 結局、今回も月夜に助けられてしまった。
 月夜は徐々に出来上がった人格じゃない。
 ある日突然、僕の中から生まれ出た人格だった。
 どの人格障害の本にも、分裂してしまった人格は統合すべきだと書かれてある。
 でも僕は、月夜がいなければ何もできない。
 彼がいなければ、本当に生きていけない…!
 だから病院に通うことも拒否している。
 決して表に出さないのなら、という2人の刑事の条件で、僕は普通の学生の生活を送れている。
 だけど…僕は彼の存在を消すことはできない。
 分裂してしまった、もう1人のボク。
 けれど今、僕はたった1人なんだ。
 家族もバラバラ。
 友人関係だって、昔のことがあって、上手に作れない。
 心を許せるのは、月夜だけなんだ!



 ―ああ、そうだぜ、陽日。
 お前のことを分かってやれるのは、オレだけだ。
 オレとお前は『同じ』。
 お前の喜びは、オレの喜び。
 お前の怒りは、オレの怒り。
 全ての感情・記憶を共有するオレだから、お前を守っていられるんだ。
 ありとあらゆるモノから、お前を守ってやるよ。
 だからオレを消そうなんて、無駄なことは考えるなよ?
 そんなことしたら、お前は絶対生きていけないんだからな。
 オレと共に生きてくれんなら、お前の身も心も守り続けてやるぜ?
 なあ、兄貴?


<終わり>

スポンサーサイト

【もう1人のボク】・10

2012.01.16(13:42)

 3年前、陽日は精神的に追い詰められていた。
 そこで生み出されたのが、月夜という人格。
 カリスマ性があり、何でも上手くこなせる彼を、陽日は自分の中から生み出してしまった。
 ところが主人格である陽日の手を離れつつあった月夜。
 暴走の代償として、月夜は陽日の中で深い眠りにつかされた。
「なるほど。彼の3年前の状況を考えれば、簡単なことだったね」
 遊間は笑いながら立ち上がった。
「ねぇ、会いたかった…! 俺はずっとキミに会いたかったんだ!」
 夢見心地の表情で近付いてくる遊間を、月夜は冷めた眼差しで見ている。
「あんなつまらない人格に、キミは囚われるべきじゃない」
「つまらない?」
 月夜の眼が、険しくなった。
「そうだよ! 陽日なんて控え目なフリをしているけど、ただの臆病者じゃないか! キミこそ、主人格として生きるべきだ!」
 殺気立つ月夜の雰囲気に、遊間は気付かない。
「てめぇ…! 言っちゃならねぇことを、言いやがったな?」
「えっ?」
 後一歩という所で、遊間はようやく空気の温度差に気付いた。
 そして気付いた時には、首を捕まれ、地面に叩き付けられた。
「ぐはっ! なっ何故…?」
「バカ言ってんじゃねーよ。オレにとっちゃ、アイツが全てなんだ」
 月夜は陽日を乗っ取る為に生まれた存在ではない。
 守る為だけに、生まれてきたのだ。
 それを否定されることが、月夜は何よりもキライだった。
「お前、このまま生かしておくと、後々アイツに危害を加えそうだな。早めに始末しておくか」
 首を絞める手を緩めないまま、月夜は遊間の体を引きずり、手摺までやって来た。
「なっ何をっ…!」
「あっ? テメーが言ってじゃねーか。ここで飛び降りても、自殺になるって」
 イヤな笑みを浮かべる月夜を見て、遊間は自分の危機を悟った。
「まっ待って! 俺は陽日に危害を加えない! キミに会えただけで、満足なんだから!」
「ウソつくな。コレもさっき言ってただろ? アイツの存在を否定するようなことを!」
「ひっ…!」
「アイツを傷付けるものは、全て消す。それがオレの存在する意味だからな」
 遊間の体をいとも簡単に持ち上げ、上半身を手摺の向こうに押した。
「やっやめっ!」
「じゃあな」

―ダメだっ! 月夜っ! 殺すな!

「ぐっ…。陽日?」
 突如頭の中に響いた陽日の声に、月夜の手が止まった。

―人殺しは絶対にダメ! 僕ら、それこそもう二度と会えなくなる!

「だが陽日、コイツを野放しには出来ない。お前を傷付けたコイツを、許すことはできない」

―それでもだ! …月夜、僕はキミを失いたいくない…!

「陽日…」

 切ない陽日の声で、月夜は少し考えた。
「はぁ…。分かったよ」
 ため息をつくと同時に、遊間の体を屋上の床に投げ捨てる。
 すでに遊間は意識を失っていた。
「今日のところはお前に免じてコイツを解放するが…。二度は無いぞ?」

―…うん! ありがと、月夜。

「全てはお前とオレの為、だろ? ならオレは引くとしますか」
 月夜が肩を竦めるのと同時に、屋上の扉が音を立てて開いた。
「ハルくん! 大丈夫?」
 希更刑事が、飛び込んできた。
「…っ! コレは一体…」
 希更は倒れている学生達の中、1人立つ陽日の後姿を見つめた。
「ハル、くん?」
 恐る恐る声をかけると、陽日はゆっくりと振り返った。


【もう1人のボク】・9

2012.01.15(15:39)

 『人形』達は虚ろな笑みを浮かべながら、僕に近付いてくる!
 希更さん達に連絡しようと、ケータイを取り出すと、
「押さえろ」
 遊間の一声で、『人形』達が一斉に襲い掛かってきた!
「うっ…!」
 あっという間に、僕は地面に押さえ付けられた。
「彼に連絡してくれるなら良いんだけど。警察はカンベンだなぁ」
 僕の手から落ちたケータイを拾い上げ、遊間は操作し始めた。
「…ねえ、どれが彼に通じるの?」
 ケータイには門馬さんと希更さん、そして数人の情報しか入っていない。
「もしかして、シークレットにしてる?」
「さあ、ね」
 苦しい息の中、僕は笑って見せる。
 遊間の目が、僅かにつり上がった。
「陽日、俺はキミのことも気に入っているんだ。できれば傷付けたくない」
「こんなことをしといてっ、何を今更…」
「うん、そうだね。だから早く彼を出してよ」
 急に恐ろしい顔付きになった遊間は、僕の上に乗りかかり、首を締め上げてきた。
「がはっ!」
「彼に会いたいんだ。会いたくて会いたくて、仕方ないんだ」
 遊間の目は、苦しげに歪んでいる。
 まるで恋焦がれているように…。
「彼が俺のことを知らないのが、苦痛でたまらない。会わせてくれるだけでいいんだ。キミに迷惑はかけないと誓えるよ」
「イヤっ、だ!」
 それでも僕は頷かない。
「―そう。なら、仕方無いな」
 遊間は片手を外した。
 すると『人形』の1人が、遊間の手に、ナイフを持たせた。
「キミを傷付ければ、さすがに彼も出てこないワケにもいかないだろう? キミは彼に、大事にされてたんだし」
「やめっ…! ゆうっ、まっ!」
 そんなことしたら、本当にボクが現れてしまう!
 それだけは!
「最後のお願い、だよ? 彼に会わせて」
 僕は唇を噛んだ。
 それでも…それでも僕は!
「ダメだ」
 ハッキリと拒絶した。
「そっ。じゃあ仕方ないね。彼の怒りを買うのは予定外だけど、しょうがないもんね」
 そう言った遊間の手に握られたナイフが、僕に振り下ろされた…。



 ―しかし、ナイフが陽日を傷付けることはなかった。
「なっ!?」
 遊間の腕を、陽日の手がしっかりと掴んで止めたから。
「はぁ…。ヤレヤレ。ようやく出られたな」
 陽日の声なのに、陽日ではない。
 顔を上げた顔も、陽日のそれではない。
「ったく。ギリッギリで出しやがって…。後で説教もんだぞ? 陽日」
「…陽日?」
 陽日の変貌ぶりに、遊間は動揺する。
「あっ? ちげーよ。俺の名前は…」
 恐るべき力で、自分を押さえ込む連中を引き剥がしながら、彼は笑った。
「月夜だ」
 自分の腹の上に乗る遊間を蹴り飛ばし、月夜は身のホコリを叩き落としながら立ち上がった。
「随分出来の悪い『人形』を作りやがって…。お前、よっぽどオレに殺されたいらしいな?」
 そう言いつつ、月夜は戦闘態勢に入った。
 男女混ざっている『人形』達を、一瞬の躊躇いも無く暴力で地面に叩き伏せる。
 そこに、迷いや罪悪感なんてまるでない。
 陽日に傷付けた連中に、月夜は容赦しない。
 陽日を守る―それが月夜の存在意義だから。
「はっははっ…! まさか陽日が、ツキヤだったなんて…!」
 『人形』達が次々にやられていく中、遊間は狂喜の笑みを浮かべた。
「そうか…そうだったんだ! ツキヤ、キミは陽日が生み出した人格。陽日は二重人格だったのか!」
「何を今更。オレが誰よりも何よりも陽日を優先し、大事にしてきたことを知っているんだろ? なら、簡単に出せる答えだ」


【もう1人のボク】・8

2012.01.14(14:27)

「陽日は控え目ながらも優等生だったんだよね? でもそれを気に喰わない連中から、ひどいイジメを受けてたんだ。ご家族はそれを知って、キミを庇うどころか、逆に情け無いヤツだって、切り捨てたんだろう?」
「あっ…ああっ!」
 眼を閉じると、次々と思い出してしまう。



 …中学時代、入学したての頃はまだ良かった。
 でも2年になると、周囲の態度は冷ややかなものになっていった。
 僕の家族はみんなエリートの道を進んでいた。
 だから僕も僕なりに一生懸命に頑張ってきた。
 でも…。
 頑張れば頑張るほど、友達は冷たくなっていく。
 頑張っているのに、家族は認めてくれない。
 そして…ボクが現れた。
 僕を守る為に現れたのだと言って、ボクは…。
 ボク―月夜はまず、夜の街に出るようになった。
 そしてナイトクラブに通い詰め、そこで手下達を集めた。
 手下達は主に暴走族や不良達。
 そこからヤクザや警察にまで、手や顔を伸ばした。
 そうして夜の街は、月夜の物になった。
 次に学生達。
 月夜は僕をイジメた連中を、暴走族や不良達を使って、ヒドイ目に合わせた。
 そして一般の生徒達は、そのカリスマを以て、自分の配下とした。
 そう…『人形』だ。
 月夜の為ならば、何でもする『人形』達を作り出した。
 そこに薬や脅迫は必要無い。
 ただ、月夜のカリスマ性を見せれば、誰でも言い成りになってしまう。
 そのぐらいの強さと力を、ボクは持っていたから…。
 だがその動きはエスカレートした。
 やがては僕の家族をも不幸にして、社会にまで月夜の存在は出てきた。
 それで警察が動かないワケにはいかない。
 門馬さんと希更さんがある日、僕に接触してきた。
 起こっている事件に心当たりがないか―と。
 被害者の身内である僕を、最初は疑わなかった二人だけど、僕の周囲でばかり事件が起こることを不審には思っていた。
 その時には、僕はボクを止められなくなっていた。
 面白半分に『人形』を使い、事件を起こし、笑う月夜を…暴走し始めたボクを止められなかった。
 だから最初は何も知らないことを通した。
 月夜は2人が現れても、平気で動いていた。
 やがて…僕自身が耐え切れなくなった。
 その時、すでに月夜の信者は4ケタにも上り、最早…僕が手を付けられなくなってしまった。
 だから…終わりにしたかった。
 僕は門馬さんと希更さんに、ボクを会わせた。
 最初はシラを切っていた月夜だけど、僕が深く傷付いていることを2人から教えられ、表の世に出ないことを決めた。
 そして2人の説得もあって、僕は家族から離れ、一人暮らしをはじめた。



 …コレがもう2年も前の話だ。
 事件を終わらせるのに、1年もかかってしまった。
 死者こそ出ていないものの、心を殺された者は大勢いる。
 未だに病院から退院できない者もいる。
 家族だって、すでにバラバラで…。
 僕は全てを失った。
 …あの忌まわしい思い出がある土地から離れ、新たにここで暮らし始めたのに…。
 それでもやっぱり、僕の罪は消えないのか?
「ね、陽日。彼を呼んでよ」
「断る。僕はもう、彼を頼らないことを決めたんだ!」
「う~ん。困ったなぁ。陽日しか手掛かりがないんだよ」
「知らない! 僕はもう関係ないんだ!」
「…そこまでイヤがるなら、仕方ないね」
 遊間は肩を竦め、ため息をついた。
「悪いけど、ムリにでも呼び出してもらうよ?」
 ぞっとするほど冷たい目で僕を見る。
 思わず出口に駆け出そうとしたら…。
「あっ…」
 …例の、『人形』達が扉からゾロゾロ出てきた。
「ここで飛び降りても、自殺ってことになるよね?」
「遊間っ!」
 僕が怒鳴っても、遊間は笑みを崩さない。


【もう1人のボク】・7

2012.01.13(13:58)

「遊間! ゴメン、待たせたかな?」
「ううん、俺も今来たとこだから」
 遊間の高校の屋上で、僕達は待ち合わせをしていた。
 近辺の高校同士の交流会で、僕は遊間の学校へ来ていた。
「遊間の学校、やっぱりスゴイね。キレイで大きくて、僕の所なんて比べ物にならない」
「まあその分、お金かかるけどね」
「でも遊間もスゴイよね。1年の時から生徒会長なんて」
 ココに来て分かったことだけど、遊間はこのエリート校の中でも、カリスマ的存在だった。
 廊下を歩けば、生徒どころか先生達まで頭を下げてくる。
 彼が何か言えば、それは必ず実行される。
 ちょっと宗教っぽいところと、…ボクに似ているところが苦手に思えたけど、やっぱりスゴイ。
「周りにおだてられてなっただけだよ。陽日だって、頑張ればウチの学校に来れたんじゃない?」
「そっ…んなワケ、ないよ。確かに目指したことはあったけど、無理だって分かったし」
 3年前には、確かに僕はこの学校を目指して頑張っていた。
 ボクだったら、きっと余裕で合格したんだろうな。
 僕と違って頭も良いし、要領が良いから…。
「そっかな? 俺、陽日って、特別だと思うよ?」
 笑顔を浮かべながらも、遊間の目は真剣だ。
「そんなことないよ! 僕は普通の高校生だし」
 …そう、僕は『普通』だ。
 『特別』なのは、ボクの方なんだから…。
「遊間の方こそ、特別じゃない? すっごいカリスマ性持ってるし、優秀者だってウワサだよ?」
「俺なんて小物だよ。俺なんかより、すっごい人、知ってるし」
「へぇ。遊間よりもスゴイ人って、どんな人?」
「う~ん。そうだねぇ」
 遊間は沈みゆく夕日を見つめて、眼を細めた。
「俺も大概のことは難なくこなせるから、ある程度、自信過剰だったんだよね。でも3年前、俺よりすっごい人を見つけちゃってさ」
 3年前…!
 イヤな言葉に、心臓がギリッと痛んだ。
「そっそう…」
「俺はさ、人に命じなければ動かせないけど、その人は命じなくても人を動かせたんだ」
「…スゴイね」
「うん。その人がいるだけで、周りの雰囲気とか違っててさ。同じ人間だなんて思えないぐらい、スゴイ人」
 遊間はうっとりと、夢見るように語る。
 けれど僕は自分の血の気が下がっていく音が聞こえた。
「頭の回転も良いし、運動神経も抜群。何かピンチが起こったって、すぐに切り抜けられる。学生達のカリスマ的存在だったんだ」
 そして遊間は熱のこもった眼で、僕を見た。
「陽日、知っているよね?」
「何…を?」
「あの人のこと。―ツキヤのことだよ」

ズキッ!

 心臓が悲鳴をあげた。
 やっぱり、遊間は月夜のっ…!
「ねぇ、彼はどこ?」
 遊間はいきなり僕の両肩を掴んできた。
「3年も調べたんだ。そしたらキミが月夜ともっとも近しい人物だってことが分かったんだ」
「じゃあ…あの事件は…」
「うん、僕が起こしたことだよ。彼と、会う為にね」
 あっさりと認めた遊間。
 僕は目の前が真っ暗になる。
「月夜と会う為だけに、あんな事件を起こしたのか!」
 僕は遊間の手を振り払い、後ろに下がった。
「そうだよ。そうでもしなきゃ、彼に会えないじゃないか」
 遊間はそれが当たり前だと言うような顔をした。
「あの事件の後、話していた相手、ツキヤでしょ? 彼を呼び出してよ」
「冗談っ…! 僕は月夜をもう二度と表に出さないことを条件に、表の世に出てきたんだ! アイツの好き勝手にはもう二度とさせない!」
「ヒドイ言い様だね。そもそも3年前の事件、ツキヤが動いたのは、キミのせいだって聞いたけど?」
「なっ!」
 どこでそれをっ!
 …遊間はどこまで知っている?
「まっ、俺が知っているのは、キミが中学時代、イジメられていたことだけどね」
「あっ…」
 遊間はニヤッと笑った。


【BL風味・ホラー/オカルト短編集】

  1. 【もう1人のボク】・11(01/17)
  2. 【もう1人のボク】・10(01/16)
  3. 【もう1人のボク】・9(01/15)
  4. 【もう1人のボク】・8(01/14)
  5. 【もう1人のボク】・7(01/13)
次のページ