フリーのシナリオライターとして活動しています
 このホームページのカテゴリの欄に、「★マカシリーズ★」を加えました。
 マカシリーズとは、私のホラー/オカルト小説の中で代表作になります。
 摩訶(まか)不思議な物語なので、主人公の名前はマカになりました。
 
 ですがマカシリーズの特徴としまして、作品ごとに主人公や語り手が変わります。
 もちろん主人公のマカが中心人物であることには変わりありませんが、話によっては名前だけの登場だったり、全く出てこないけれど繋がりはある、といった感じになります。
 なので話が進むにつれて、どんどん登場人物が増えていくのです☆
 マカシリーズの世界が広がっていくのが、書いていて面白く楽しいです。
 マカシリーズの数は多いので、これからご愛読してくださると嬉しいです♪


にほんブログ村←よかったら、ぽちっと押してください。

スポンサーサイト

【2017/05/20 15:07】 | 小説
トラックバック(0) |
 私のもう一つのブログ・「MITUYA」で新作小説を掲載しはじめました。
 何故このブログで掲載しないかと言いますと、内容が男性向け官能小説だからです。
 バリッバリのR18小説なので、未成年の方はご遠慮ください★

 と言いましても、実は新作・「多額の借金を背負った未亡人妻にかけられる淫らな罠」は月刊ブロマガですので、有料記事になっています。
 毎日少しずつ掲載していまして、多分約一ヶ月ほどで完結すると思います。
 長編小説になりますので、300円というお値段に設定しました。

 なので月刊ブロマガの値段変更に伴いまして、今まで月刊ブロマガ扱いをしていた【こたつの中の秘め事(義父×娘)】の掲載方法を変更しました。
 こちらは短編小説でして、今まで記事を分けて掲載しておりましたが、今月からは単独記事として200円で販売することにしました。
 
 ちなみに6月の月刊ブロマガの中にも【こたつの中の秘め事(義父×娘)】は入っております。
 なので300円の月刊ブロマガですと、二本の小説がまとめて購入できます。
 もちろん単独記事でも購入は可能ですし、こちらの方がお安いのでお好み次第です☆
 詳しいことは、MITUYAのブログをご覧になってください♪


【2016/06/04 07:06】 | 小説
トラックバック(0) |
 久し振りに小説投稿ネタを続けたいと思います。
 HPからいろいろと投稿ページを見ていて気付いたことですが、今は「完全未発表作品じゃなくても良い」という出版社が増えていますね。
 「すでにHPやブログに無料で掲載している小説」・「オリジナル小説の同人誌」が投稿条件に当てはまるようです。
 まあ出版社によっては、多少なりと条件は違いますが。
 ともなれば、私も条件に当てはまる小説がいくつかあるんですよね。
 なのでそれらを改めて編集・見直しすれば良いかな?とも思わなくもないですが……。
 意外にも過去作品を直す方が、難しい時もあります。何せ今と昔の私の感性が違っている部分がありますからね。
 新しい作品を書いた方が楽と思う時もあり、なかなかに難しいものです。
 でもやっぱりすでに完成している過去作品を手直しした方が時間も手間もあまりかからないので、ちょっと昔の小説を見直してみて、投稿できそうなレベルの作品を見つけてみたいと思います。

 

【2015/10/18 04:52】 | 小説
トラックバック(0) |
 フリーのライターとして数年が経過しまして、多少なりと物書きとして経験が積めたと思い、久し振りに小説を投稿しました。
 ……と言いますか、ぶっちゃけ数年前まで小説を投稿することに夢中になっておりまして、未だ修正はしていないものの未投稿の完成作品はいくつかあるんですよね(汗)。
 でもやっぱり今の実力を試してみたいと思い、新たな作品を書いて投稿しました。
 今まで恋愛・BL・ホラー/オカルト・青春といろんなジャンルに挑戦してきましたが、今回はまた違ったジャンルに挑戦してみることにしました!
 どのジャンルに何の作品を投稿したかは、結果が出てからお知らせしたいと思います。
 
 未投稿の完結作品は、何とかしたいですね~。
 ……できれば「メール投稿OK」&「感想文付き」の出版社に(ぼそっと)。
 メール投稿OKの出版社は徐々に増えてきましたが、それでもまだ「郵送で」とおっしゃるところもありますからね。
 ぶっちゃけ、印刷するのが少々面倒と言いますか……。何せ古いプリンターを使っておりますので(汗ダラダラ)。
 感想文はやはり、出版社からいただくと身が引き締まります。読者の方からいただくのとは、また違った感動がありますしね。
 とりあえず少しずつでも投稿する作品数は増やしていきたいと思います。


 

【2015/10/18 04:01】 | 小説
トラックバック(0) |
 事件については、以下の記事をお読みください。
 さて、今回は私の感想ですが……正直言いまして怒りよりも、『何で?』と疑問に思います。
 そりゃあ私の小説は至るサイトに掲載していて、そこそこ読者数はありますけどね。
 だからと言って作品を掲載すれば、訪問者数が上げるのかな~?と思っちゃいます。
 まあ問題のブログ管理人にとっては、ほぼ毎日のように何かしらアダルト小説を掲載していたから、その中の一つに混ぜたれという単純かつ簡単な理由だったんでしょうけど。
 でも数え切れないほどある無料で読めるアダルト小説の中で、なーんで私の作品なんだろう?という疑問は未だにありますね。
 あっ、ちなみにブロマガ(有料記事)の小説は掲載されていませんでした。
 なので【無料】というのが、例の管理人にとっては重要なポイントだったんでしょう。
 ……まあ有料作品を無断で掲載したら、それこそ裁判ざたになっていたでしょうけどね。

 ピクシブのイラスト部門では無断転写の件はよく見ますが、まさか小説で、しかも私自身が当事者になるとは思わなかったです。
 だってそんなに有名じゃないですもん(きっぱり!)。……自分で言うのもなんですが、光り輝く才能を発揮してはいませんしね。いっ今のところは(汗)……。
 まあアダルトマンガの原作者をつとめたことで、少しは知名度が上がったかな~と思わなくもないですが。
 まっ、長年デビューせずとも作品を掲載していれば、起こるトラブルとも言えます。
 今後はこういった問題が起きないように、願いたいものですね。


 

【2015/02/13 06:11】 | 小説
トラックバック(0) |