BL小説・「うそでも良いから欲しい言葉」の紹介

in-session.png

 アルファポリスでは現在、第5回BL小説大賞を行っています。
 私もこのHPに掲載しているBL小説をいくつか参加していますので、せっかくですのでご紹介したいと思います。
 ご興味がありましたらお読みになりまして、良かったら投票してください♪

うそでも良いから欲しい言葉
 僕には好きな人がいる。
 その人は同性で、僕の思いを知っていた。
 そして――拒絶された。

★BL小説です。

 投票をお願いします!


スポンサーサイト

テーマ : 自作BL小説
ジャンル : 小説・文学

BL小説・「甘い鎖」の紹介

in-session.png

 アルファポリスでは現在、第5回BL小説大賞を行っています。
 私もこのHPに掲載しているBL小説をいくつか参加していますので、せっかくですのでご紹介したいと思います。
 ご興味がありましたらお読みになりまして、良かったら投票してください♪

「甘い鎖」
 オレの1つ年上の幼馴染は、強いカリスマを持つ。
 同性でありながら、アイツは強くオレを愛する。
 けれど同じ男として、オレは暗い感情をアイツに持ち続けていた。
 だがそれと同時にオレ自身もアイツへの気持ちがあり、そのはざまで揺れ続けていた。
 ★BL小説&R18です。

 投票をお願いします!


テーマ : 自作BL小説
ジャンル : 小説・文学

BL小説・「ハデな彼に、躾けられた、地味な僕」の紹介

in-session.png

 アルファポリスでは現在、第5回BL小説大賞を行っています。
 私もこのHPに掲載しているBL小説をいくつか参加していますので、せっかくですのでご紹介したいと思います。
 ご興味がありましたらお読みになりまして、良かったら投票してください♪

「ハデな彼に、躾けられた、地味な僕」
 僕、大祇(たいし)永河(えいが)は自分で自覚するほど、地味で平凡だ。
 それは容姿にも性格にも表れていた。
 なのに…そんな僕を傍に置いているのは、学校で強いカリスマ性を持つ新真(しんま)紗神(さがみ)。
 一年前から強制的に同棲までさせて…彼は僕を躾ける。
 僕は彼のことが好きだけど、彼のことを本気で思うのならば別れた方が良いんじゃないだろうか?
 ★BL&R18です。

 投票をお願いします!


テーマ : 自作BL小説
ジャンル : 小説・文学

恋愛小説・「教え子の甘い誘惑」1

<あらすじ>
「ねぇ、センセ。オレのものになってよ。そうしたらセンセの言うこと、何でも聞いてあげる」
 そんなことを言い出したのは、アタシが勉強を教える高校の教え子くん!
 アタシを困らせるだけの彼だけど、ピンチのアタシは彼の手を取るしかない…。
 教師生活、どうなっちゃうのぉ~!?
 …そう言われて、アタシのとった行動は…!?

〔アタシだけの問題児〕
 授業開始の鐘の音が、校舎に鳴り響く。
 アタシは教室の扉の前で、深呼吸をした。

―よしっ! 今日こそは来ていますように!

 祈るような気持ちで、扉を開いた。
「おはよう、みんな。楽しい英語の授業を始めるわよ!」
 明るく振る舞い、教壇に立った。
 そして視線を彼の席へ向けて…がっくり項垂れた。
「せっ先生…」
「気にしない方が良いですよ」
「いつものことじゃないですか」
 生徒達が気まずそうに、口々にアタシを慰める言葉を言ってくれる。
「…今日も、なのね」
 あはは…と生徒達の間で渇いた笑いが広がる。
 40人いるはずの席には、1つだけ空席がある。
 彼の席だ。
 今日も彼、世納(せのう)華月(かづき)くんは、アタシの英語の授業に出席してくれなかった。

 思い出すこと三ヶ月前の春、アタシは高校2年の英語を担当することになった。
 教師生活も5年を向かえ、そろそろ担任を持ちたい気持ちがあった。
 だから来年ぐらいは…と考えていた矢先、アタシは彼と出会った。
 彼、世納華月くんはアメリカからの帰国子女。両親の仕事の関係で、6年間、アメリカにいたらしい。
 2年からの編入で、日本の生活も久し振りだから、何かとフォローしてあげようと、職員会議で言われていた。
 けれど…アタシの初授業の日。
 彼はアタシの授業の途中で、いきなり立ち上がった。
「…世納くん? どうしたの?」
「悪いケド、英語はアメリカでイヤってほど学んだんだ。この授業、受ける気は無いよ」
 …と、爽やかな笑顔で教室を出て行ったっきり、アタシは授業で彼と顔を合わせることは二度と無かった。
 さすがに担任の先生や、同じクラスメート達が何かと言ってくれたらしいが、効果はゼロ。

 もう…担任どころか、教師自体を続けていく自信が無くなってきた。
「ごっゴメンね、先生」
「いろいろとオレ達も言っているんだけどさ」
「アイツ、自分が英語得意だからって、天狗になっているんだよ」
 生徒達から慰められる教師…情けな過ぎる。
「…も、良いわ。とにかく、授業を始めます。もうすぐ学期末のテストがはじまるしね。みんな、気合を入れて頑張って」
 1人の生徒の為に、他の生徒達の授業に影響を与えてはいけない。
 アタシは気持ちを切り替え、授業を始めた。
 ―そして無事、終了。
 生徒達は渡されたプリントに、顔をしかめている。
「世納くんのは…机の中にでも入れといて」
「はい」
 彼の後ろの席の生徒が、英語のプリントを机に入れた。
 カバンはある。だから学校には来ているんだろう。
 朝、廊下で見かけた気もするし。
 アタシは深くため息をつきながら、保健室へ向かった。

 保健教諭はアタシと同じ歳で、同じ大学を出た榊原(さかきばら)涼子(りょうこ)がいる。
 美人でビシッとしていて、生徒達や教師達からの信望も厚い。
 しっかりしているから、いろんな人から悩みを相談されるそうだ。
 彼女は実際、カウンセラーの資格を持っているから、いつも保健室は誰かしらいる。
「榊原先生、今良いですか?」
 だからアタシは保健室に入る時は、教師の顔をする。
「アラ、美咲(みさき)。また世納クンに逃げられたの?」
 ぐっさり★と言葉の矢が、胸に突き刺さった。
 この言葉のキツさ…本当にカウンセラーの言葉だろうか?
「ええ。今日も、よ。今日でめでたくなく、3ヶ月が突破したわ」
「それはおめでたくないわね。慰めにコーヒーでもいかが?」
「いただくわ」
 壁際の長椅子に腰をかけ、首を鳴らす。
「ご苦労様。もうすぐ期末テストで忙しい時期に、相変わらずなんて大変じゃない?」
「事実、大変よ。教頭先生からは毎日お小言をいただいているしね。担任の先生も頭痛がするみたい」
「どうりで良く頭痛薬を貰いに来ると思った」
 涼子は肩を竦め、コーヒーカップを渡してくれた。
「ありがと。でもいい加減にしないと、彼、もう夏休み中の補習決定なのよ」
「自業自得ね。でもこれがずっと続けば…」
「ええ、今度は進級の問題になるわ。世納くん、成績自体は良いのだから、勿体無い話よね」
「随分他人事のように言うのね。もう諦めた?」
 イスに座り、涼子は楽しそうに言ってくる。

テーマ : 恋愛小説
ジャンル : 小説・文学

Kissシリーズ・イジワルなキス2(2)

「んなっ! ちょっ…何すんのよっ!」
 引き剥がそうとしても、思わぬ力でビクともしない!
「…あっ、本物?」
「本物よっ! ちょっと、具合が悪いなら保健室に行くか病院に行きなさいよ!」
「……そんなんじゃ、治らない」
「じゃあどうやったら治るのよ? ご両親、わざわざ海外から連絡してくれたんでしょ? 恋しいなら、もうそっちに行ったら?」
「行っても治らない」
 両親が恋しいとかじゃない、か。
 慣れない一人暮らしでまいっているのではないか、というのが周囲の意見だった。
 でも違うとなると…。
「じゃあどうすれば元気になるの?」
 あたしが尋ねると、顔を上げて真っ直ぐに見つめてくる。
「…協力してくれる?」
「まああたしにできることなら…」
 幼い頃にさんざんイジワルされたけれど、でも元気のない姿を見て喜ぶあたしじゃない。
 すると急に束縛が解けたかと思うと、いきなり…キスされた。
「…へっ?」
「…ああ、やっぱり…。こうしていないとオレ、元気が出ないみたいだ」
 そう言って今度はぎゅっと抱き締められた。
 ハッ!と我に返ったあたしは、アイツの腕の中で暴れだす。
「ちょっと! いきなり何すんのよ!」
「そんな驚くことじゃないだろう? 二回目なんだし」
 …その言葉で、八年前の出来事を思い出す。
 そう、彼とキスをするのは二度目。
 一度目は彼が引っ越す前日、突然あたしの眼の前にコイツが現れた。
 珍しく真面目な表情で話があると言われて、家の近くにある公園に行ったのだ。
 そこで何もコイツは言わず…突然、キスをしてきた。
 当時のあたしはキスの意味が分からず、ただ首を傾げるだけ。
 でもコイツは満足したように微笑んで、そのまま帰って行った。
 ――翌朝、アイツが誰にも何も言わず、転校して行ったことを知った。
 そしてあたしは成長し、キスの意味が分かるようになる。
 アレがファーストキスだったことも…。
「…ずっと聞きたかったんだけど、何でキスしてきたのよ?」
「あっ、覚えてた? 何も言ってこないから、忘れられてたかと思ってた」
「そりゃ忘れたかったわよ!」
 けれど同じ学校に通って、顔を見ていたらイヤでも思い出す。
「…当時のオレってさ、本当にガキで、好きなコほどイジワルしちまってたんだ。でも遠くへ引っ越すって親に言われて、気付いた。おチビと離れるのが寂しいって。だからキスしたんだ」
「……当時のあたしからしてみれば、最悪のイジワルだったわよ」
「ゴメン…。本当は引っ越すことを言って、イジワルしてたことを謝ろうと思っていたんだけど…。いざおチビを前にしたら、何も言えなくなって…気付いたらキスしてた」
「自分勝手なヤツ」
「本当にゴメン…。でもオレ、おチビがいないとダメみたいだ」
 …それならもう、昔の変なあだ名で呼ばないでほしい。
 まだ八歳の頃のあたしは小さくて、確かにおチビってあだ名が似合うコだった。
 そして性格も消極的で…コイツがイジワルしてこなかったら、きっと誰とも関われなかった。
 コイツがいない日々に平和を感じていたのは確か。
 けれどちょっとだけ、寂しさを感じたのも確かだった。
「…それならもう『おチビ』って言わないで。あたしの名前、ちゃんと呼んでよ」
 顔を上げながら言うと、少し照れるコイツが可愛いと思ってしまう。
「ううっ…! 改めて名前で呼ぶのって、結構照れるな」
「じゃなきゃ、もう二度と声をかけないし、キスもさせない」
「うっ! …こういうところでイジワルするなよ」
「アンタがそれを言うか」
 八年前のことはちゃんと今でも恨んでいるのだ。
「はあ…。わーったよ。無視されるのも、キスできないのも、オレにとっちゃあ死活問題だからな」
「バカなヤツ」
「自覚してる」
 こんなにやつれるほどあたしを好きだなんて、本当にバカ。
 けれど今は真剣な表情で、真っ直ぐにあたしの名前を呼ぶようになったんだから、いっか。

<終わり>

テーマ : 恋愛小説
ジャンル : 小説・文学

訪問者数
最新記事
カテゴリ
最新コメント
お手紙はこちらにお願いします
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
同人誌を委託販売しています
CREATE うさぎ屋総本舗 CREATE CREATEの作品一覧
Kissシリーズ
アルファポリスランキング
BL風味・ホラー/オカルト短編集 うそでも良いから欲しい言葉 Fascinated by the darkness 空に月が輝く時 Boys Summer Love! SUN sweet poison 狂恋 甘い鎖 ハデな彼に、躾けられた、地味な僕 アルファポリス・ブログ
クラウドワークス
クラウドワークス
クラウドソーシング
クラウドソーシング「ランサーズ」
プロフィール

sakura

Author:sakura
 現在はフリーシナリオライターとして活動しています。活動記録を掲載していきたいと思っています。「久遠桜」の名前でツイッターもしていますので、よければそちらもご覧ください。仕事の依頼に関しては、メールフォールでお尋ねください。

私の作家としての活動の場です
検索フォーム
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
ランキングに参加しています





にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(純愛)へ
にほんブログ村 小説ブログ ホラー・怪奇小説へ
にほんブログ村 小説ブログ 小説家志望へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング
ニコッとタウン
絵本のような仮想生活コミュニティサイトです☆
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR