フリーのシナリオライターとして活動しています
 カミナ先生は険しい表情で頭を下げてきた。
 そしてキシはアタシを見て…。
「…カミナには今回の事件のことを任せましょう。うまく終わらせてくれますよ」
 アタシはしばし考えて…首を横に振った。
「大丈夫ですよ。アナタの血族のことや、サガミ先生のことは伏せて…」
「違うのよ、キシ」
 アタシはハッキリ言った。
「この事件、アタシはマカから任せられたの。だから最後まで担当するのは、アタシの役目だから」
 そしてアタシは携帯電話を取り出した。
 ―事件の終幕を、マカに伝える為に。


真実 /真実の後

 ソウマの店で、マカは雑誌や新聞をテーブルに広げて見ていた。
 例の猟奇事件が、世間から忘れ始めていた。
 けれどアタシは暗い表情のままだった。
「…まっ、ご苦労だったな。ヒミカ」
「ありがと。そっちこそ、うまく処理してくれたでしょう?」
「それが仕事だからな。…今回は血族が思わぬところで関わってしまったし」
 マカは血族の会議で、この事件の真相は話さなかった。
 終わったことだけを告げ、早々に闇に葬った。
 先生は遠くへ留学したことにした。その方が…いろいろな人を傷付けずに済む。
 多くの人に慕われていた先生。
 その裏の顔を、知る者は少なくて良い。
「今回はお咎めなしだが…あまり油断するなよ?」
「懲りたわよ。…もう二度と、外ではやらない」
「その言葉、信じるぞ」
 マカは真っ直ぐアタシを見てくる。
 だからアタシも見返して、頷いた。
「ぜひそうしてちょうだい。…さて、これからキシとデートなのよ」
「上手くやっているようだな」
「そりゃま、婚約者だからね」
 アタシを肩を竦めて見せて、ソウマに笑顔を見せた。
「お茶、ありがと。今度キシを連れて来てもいい?」
「ええ、ぜひお越しください。待っていますよ」
「うん。じゃね、マカ」
「ああ」
 アタシは店を出た。
 キシとは、あの公園で待ち合わせをしていた。
 彼からの指定だった。
 …アレから、キシとは付き合いを続けていた。
 だけどどこかギクシャグしているのは、事実だった。
 お互いに先生のことは禁句のようになっていて…ちょっと心苦しかった。
 公園に着くと、ベンチでキシが待っていた。
「ゴメン、待たせた?」
「とんでもない。ボクはヒミカの為なら、1日だって待てますよ」
「そこまでさせないわよ」
 アタシはキシの隣に座って…、キシの肩に寄り掛かった。
 キシは何も言わずに、頭を撫でてくれる。
 最近ではこうして素直に甘えられるようになった。
 それがとても嬉しい反面、罪悪感も拭えなかった。
「…ヒミカ」
「何? キシ」
「一つ、ボクのお願い、聞いてくれませんか?」
「ん?」
 アタシは顔を上げた。
 優しく、そして悲しそうにキシは微笑んでいた。
「もしボクが、ヒミカよりも先に死んだら…その体を残さず食べていただけますか?」
「はあ?」
 何を突拍子もないことを…。
「ボクはアナタが死んだら生きていけませんから、すぐに後を追います。けれどヒミカはボクを食べて、ずっと生きててください」
「どういうお願いよ、それ」
 あんまりに勝手すぎる『お願い』に、思わず顔が歪む。
「ホラ、人間は輪廻転生するって言うじゃないですか。でも体は残ってしまう。どうせ焼かれて骨になるなら、アナタの栄養になりたいと思いましてね」
 確かに、血族であるアタシと、人間であるキシとは同じ時間を生きられない。
 …やがてキシは歳を取り、死んでしまう。
 でも血族であるアタシは、そろそろ成長が止まるだろう。
 そして何もなければ、100年以上も生きる。
 その間にキシの転生を待つのなんて、苦ではない。
 …だからだろうか。
 キシは自分を食べて欲しいと言い出したのは。
 アタシと愛し合った証拠を、アタシ自身の中に納めたいんだろうな。
「愛するものの一部になれる…。これぞ究極の愛のカタチだとは思いませんか?」
 チクッと胸が痛んだ。
 それを隠すように、キシに抱きついた。
「…分かったわ。でも…なるべく長生きはしてね?」
「当然ですよ。アナタの為に、生き続けて見せますよ」
 キシは優しく抱き締めてくれた。
 …ああ、でも気付かれてしまったんだろうな。
 サガミ先生の温室には、殺された人間の残骸があった。
 どうやら先生は料理教室で料理をした後、温室の野菜の肥料に残骸を使っていたらしい。
 キシと共に温室を訪れた時に、アタシは気付いた。
 ―死体の匂いに。
 だからそこの温室は、こちらで押さえた。
 野菜も全て、取っていた。
 アタシが食べる為に。
 そしてサガミ先生の死体は…残さずアタシが食べた。
 肉の一欠けらも残さずに。
 キシはアタシのことになると、勘が血族並みに鋭くなる。
 だからこんなことを言い出したんだろう。
 キシの白い首筋が、眼に映った途端、思わずノドが鳴った。
 この薄い皮膚の下の、あの味と匂いが、アタシの血族としての顔を出させてしまうのだ。
 しかしキシが笑った。
「どうしたの?」
「まだボクが死ぬまで、ガマンしててくださいよ? 寿命はまっとうしますから」
 顔を見ずとも、気配で考えが分かったらしい。
 …やれやれ、いつまで狂気を押さえられるやら。

【終わり】

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:怪談/ホラー - ジャンル:小説・文学

【2017/07/04 08:47】 | ★マカシリーズ★
【タグ】 小説  カニバリズム  マカシリーズ  オカルト  ホラー  肉料理  
トラックバック(0) |
 挑発するな! キシ!
「だろうね。だから考えたんだ。キミの中の僕を、永遠にする方法を考えたんだ」
 先生はアタシを見たまま、ナイフの刃を自分の首に当てた。
 そして…

ブシュッ!

 …血が、舞った。
「…っ! サガミ先生ぇ!」
 アタシの絶叫は、空しく屋上に響いた。
 サガミ先生は血に塗れながらも、笑顔で倒れた。
 キシは眼を丸くし、言葉を無くした。
 アタシは無我夢中で、先生の側に寄った。
「こんなことしてっ、意味があるって言うんですか!」
「ある…よ。キミはこ…したら、きっと、忘れ…ない、から…」
「何でっ…!」
 どうしてこんなことになった?
 いつからおかしくなった?
 アタシは誰にも傷付いてほしくないから、自分を傷付けていただけなのに!
 血に塗れた先生の手が、アタシの頬に触れた。
 いつの間にか流れていた涙を、拭ってくれる温かな手。
 でも…急速に熱は失われていく。
 アタシの血族としての能力は、血肉を食す代わりに、自分の身体能力を上げるだけ。
 マカのように、『気』を使うことはできない。
 だから…死に往くサガミ先生を、助けることはできない。
 応急処置をしても、救急車を呼んでも、もう…。
「…泣いて、くれる…ですね。やっぱ…り、あなたは優しい…コだ」
 優しくなんてない! 
 こんな涙なんて…意味が無い。
「最期の…僕のワガママ、聞いて…もら、えるか…な?」
「…何ですか?」
「キシ…くんと、し…あわせに…なって、くださ…」
 アタシとキシは大きく眼を見開いた。
 けれど…問いかける間も無く、先生は…命の灯を消してしまった。
 アタシの頬から滑り落ちる、冷たくなった手。
 笑顔のまま固まってしまった笑顔。
 アタシの眼からは、次から次へと涙が溢れ出る。
 そんなアタシに影がかかった。
 …キシだった。
 キシは何も言わず、先生のまぶたを手で落とした。
「キシ…」
「はい」
「アタシは…何を、間違えたの?」
「…ヒミカは何も間違えていませんよ。そしてボクも。…サガミ先生も、ね」
「人を、殺しても?」
「誰だって狂気は持っています。それをコントロールできるかは、自分自身だけです。そして狂気を持つことは誰も否定できませんし、禁止されてもいませんから」
 確かに…そうだ。
 狂気を持つことは、誰にも否定できないし、禁止されてもいない。
 けれど、サガミ先生の狂気を触発させたのは、間違いなくアタシだった。
 アタシがいなければ、サガミ先生は優しい先生のままだったのに…!
 やり切れなかった。
 キシは立ち上がり、ハシゴの方を向いた。
「カミナ」
「…はい、坊ちゃま」
 ハシゴを上って来たのは…カミナ先生だ。
 …どういうこと?
 どうしてキシは、カミナ先生を呼び捨てに…しかもカミナ先生はキシの事を「坊ちゃま」って…。
「紹介が遅れて申し訳ありません。カミナはボクの付き人なんですよ」
 キシは気まずそうに、カミナ先生を見た。
「付き…人?」
「ええ。ボティーガードの役目もあります。父がわざわざ講師にまでしまして…その、ボクの意思ではなかったのですが…」
「キシ坊ちゃまは悪くありません。なので、どうかお許しを」


FC2blog テーマ:怪談/ホラー - ジャンル:小説・文学

【2017/07/04 08:37】 | ★マカシリーズ★
【タグ】 小説  カニバリズム  マカシリーズ  オカルト  ホラー  肉料理  
トラックバック(0) |
「例の料理教室、確かに肉料理専門らしいですけど、あなたも野菜料理を教えているんですよね?」
「…うん」
 ふと、サガミ先生の表情が曇った。
「そこで被害者達を知ったんですね? 親子料理教室なんてものもやっていれば、幼い子供と出会うこともあったでしょうね」
「あっ…!」
 思わぬところから、被害者の接点が見つかった。
 そうだった。
 サガミ先生は野菜料理専門の先生。
 そして被害者達は皆、ベジタリアン―菜食主義者ばかりだった。
 肉料理のことばかり頭にあったけど、事件の角度を変えれば、サガミ先生が怪しい事が分かる。
「被害者達はまさか料理教室の先生が、殺人者だなんて思いもよらなかったでしょうね。しかも本職は野菜料理専門担当、事件が世間に明らかになっても、あなたは疑われなかった」
 アタシがポカンとしている間に、キシは笑顔で殺気を放ちながら話を続ける。
「そして例の料理教室が、料理した所なんですね? 料理教室ならば、それなりの設備に調味料も揃えているでしょうし。ましてや普段は肉料理専門ですから、料理をしてても疑われることもなかったでしょう」
「そうだね」
「そして料理を準備して、公園に準備をする。…そしてヒミカが来るのを、待っていたんですね?」
「でもヒミカくんは一度たりとも来てはくれなかったけどね。まさか生が好みだったとか?」
 サガミ先生は笑顔でアタシを見た。
「ヒミカは人を食いませんよ、サガミ先生」
「自分の生き血は飲んでもかい?」
「ええ。ヒミカは自分を傷付けることで、他人を傷付けずに生きてきたんですよ。―あなたが余計なことをするまでは」
 キシの眼に、鋭い光が宿った。
「どう…してですか? 先生」
 アタシの声はかすれていた。
 きっと泣きそうな顔をしているだろう。
「ヒミカはやっぱり鈍いんですね。アナタのことが、好きなんですよ」
「えっ…」
「最初から、言ってたじゃないですか? この事件はヒミカへの招待状であり、ボクへの挑発だと」
 確かにキシはそう言っていた。
 だけど本当にそうだとは、思っていなかった。
 アタシはすがるような気持ちで、サガミ先生を見た。
 先生はにっこり笑い、
「そうですね。恋に似ているかもしれません。ヒミカくんのことしか、考えられなくなっていますから」
 …と肯定した。
「ヒミカくんが自分の血を飲むところを見た時から、心奪われててね。それでもキミをどうこうしようとは考えていなかったんだ。ただ…」
 先生はキシに視線を向けた。
「キシくんと付き合いだしたことを知って、流石に冷静ではいられなくなった。だからせめて、特別な存在にはなれなくても、キミの為に何かしたかった」
「それが猟奇殺人事件の動機ですか? 何ともまあ、バカらしい理由ですね。ヒミカに料理を食べてもらいたいが為に、人殺しをするなんて」
「キシくんは簡単にヒミカくんに料理を食べてもらえる立場だから、そう言えるんだよ。だから僕はこんな方法しか、取れなかったんだ」
 先生は自分の両手を広げて見た。
「…でも流石は優等生のキシくんだね。警察なんか足元にも及ばない捜査力だ」
「そりゃ、ボク自身とヒミカの為なら。…ああ、ちなみに証拠は例の料理教室で見つけましたよ。殺された人間の残骸が、まだ残っていましたからね」
「ああ、それはしょうがない。人間って簡単には捨てられないからね」
 仕方無いというふうに、先生は苦笑いした。
「…それで、サガミ先生はどうするんですか?」
「何がだい?」
「これからですよ。警察に自首します? それともここから飛び降りて、死にますか?」
「キシッ!」
 冗談でもそういうことは言って欲しくなかった。
「そうだねぇ…。まあキミ達が僕を訪ねてきたところで、もう終わりだろうとは思ってたんだけどね」
 先生はポケットから、折りたたみ式のナイフを取り出し、刃を出した。
「このまま捕まったら僕はもう二度と、ヒミカくんと関われないだろうし、忘れられてしまうだろう」
「ええ、きっぱりすっきりあっさり忘れるでしょうね」


FC2blog テーマ:怪談/ホラー - ジャンル:小説・文学

【2017/07/04 08:29】 | ★マカシリーズ★
【タグ】 小説  カニバリズム  マカシリーズ  オカルト  ホラー  肉料理  
トラックバック(0) |
 …と考えてみれば、今はもう昼。
 残りの時間の潰し方を考えれば、普通に授業に出ることしか思い浮かばなかった。
 けれど心ここにあらずで過ごす。
 …授業料のムダだな。
 深く息を吐いた。
 授業が終わると、アタシは教室を出て、屋上へ来た。
 例の給水塔の上にハシゴを使ってよじ登り、沈みゆく太陽を見つめた。

ぞくっ…!

 背筋が痺れた。
 真っ赤な夕日が、血の色を思い出させる。
 そしてあの味も口の中によみがえる…!
 強烈なノドの渇きを感じる。
 ああ…ダメだ。
 アタシは懐から、ナイフを取り出した。
 銀色の薄い刃が、夕日の赤に照らされ、妖しく光り輝く。
 そのまま刃を手首に当てた。

―が。

「また、血を飲むつもり?」
 声をかけられ、ハッと我に返った。
 この声はキシじゃない!
 聞いたことのある、この声はっ…!


真実

 アタシはゆっくり振り返った。
 ハシゴを上って来たのは―サガミ、先生だった。
 別の意味で、ノドが渇いた。
「サガミ先生…。今、何て…」
「キミは自分の血しか、受け付けないのかい?」
 サガミ先生は穏やかだった。
 全く動じる様子が無いのが、今は怖い。
 アタシは立ち上がった。
「どうして…」
「キシくんと同じ理由だよ。キミが自分の血を飲むところを、見たんだ」
 笑顔で返答してくる。
「でも僕はキシくんのような独自のルートは持っていなくてね。情報不足なんだ。だから、失敗してしまったのかな?」
 そう言って肩を竦めて見せる。
 …もしかしなくても、連続猟奇殺人事件の犯人は…。
「サガミ先生、あなた…だったんですか?」
「うん。僕だよ」
 またあっさりと返した。
「どうして…!」
「それはボクから説明しましょうか?」
 キシがハシゴを上って来た。
「キシ!」
「お待たせしました、ヒミカ。ようやく証拠を押さえられましてね」
 キシは向かいのビルを見た。
「ヒミカ、アナタは少し、注意力が不足気味だったようですね」
「それは…!」
 否定のしようが無い。無かった。
 まさかキシだけではなく、サガミ先生にまで見られていたなんて…!
「でもサガミ先生が、ヒミカの儀式を見たのはここじゃないんですよ」
「えっ?」
 アタシは思わずキョロキョロと辺りを見回し…そして気付いた。
 例の…料理教室のある場所から、ここは丸見えだ。
「まあ距離がありますし、一応逆光のことを考えてたみたいですけど、ちょっと頭の働く人なら分かってしまう行為ですからね」
 角度とかで…バレてしまう可能性を考えていなかった。
「サガミ先生、あなたがヒミカの儀式を見たのは、例の料理教室ですね?」
「うん。そうだよ」
 キシの問い掛けにも、サガミ先生は笑顔で答える。


FC2blog テーマ:怪談/ホラー - ジャンル:小説・文学

【2017/07/04 08:22】 | ★マカシリーズ★
【タグ】 小説  カニバリズム  マカシリーズ  オカルト  ホラー  肉料理  
トラックバック(0) |
 ここで野菜を育てているのが、サガミ先生。
 恐る恐る扉を開けると、明るい照明の元には緑が一面に広がる。
「サガミ先生、いらっしゃいますか?」
 キシが声をかけると、奥からサガミ先生が出てきた。
「やあヒミカくんにキシくん。珍しい組み合わせだね。どうしたの?」
 柔らかい口調と物腰。
 サガミ先生は癒やし系の先生として人気だった。
 他が…個性が強過ぎるからなぁ。
「サガミ先生にこの間教えてもらった料理教室、とても良かったですよ」
「それは良かった。キシくんのご希望に叶ったかな?」
「ええ、それでですね…」
「あっ、もしかしてヒミカくんも興味を持った?」
 おおっと…。これは予想外。
 察しが早い人だ。
「えっええ」
「興味を持ってもらえて嬉しいよ。あいにくとチラシは今、手元に無くてね。まあ無くてもすぐ隣だから」
「隣?」
 サガミ先生が指差した方向には…隣のビルがある。
「あのビルの8階でやっているんだ。講師は僕の先輩夫婦。若い人向きの肉料理を教えてくれるんだ」
 …なるほど。接点はあったんだな。
 野菜料理担当という名前に、頭が回らなくなってた。
「ところでサガミ先生は、あそこの料理教室のメニューをご存知なんですか?」
「全部というワケではないけどね。ある程度なら知っているよ」
 キシの問い掛けにも、サガミ先生は穏やかに答える。
「そうですか…」
「うん。話は僕の方で先輩達に伝えておくから、いつでも行くと良いよ」
「はっはい」
 …やっぱり穏やかな人だなぁ。
 終始ニコニコ。
 でも、この温室の匂いは…。
「さっ、ヒミカ。用事は済みましたよ。行きましょう」
 キシがまたアタシの肩を抱いて歩き出す。
「あっ、サガミ先生! ありがとうございました!」
「はい」
 キシに強引に温室から引っ張り出された。
 嫉妬深いヤツだな、本当に。


専門学校 /結末へ向けて、動き出す真実

 ちなみにキシに儀式を見られたのは、この屋上の給水塔の上だった。
 この建物の一番上。だから気を抜いてしまっていた。
 ジッと見ていると、キシも見上げた。
「思い出の場所ですよねぇ…」
「忌まわしい思い出の、ね」
 トゲトゲしく言うも、キシは笑うだけ。
「…それで? 犯人は分かったの?」
「ええ、もちろん」
「うっそ?!」
 …実は半信半疑だった。
「まあ…大体は予想通りと言ったところでしょうか。後は証拠を見つけて、自白させるだけですね」
「…できるの?」
「ボク等の為ならば。それにきっと、犯人も見つけてほしいと思っていますよ」
 そう言ってキシはアタシを見て、にっこり微笑んだ。
「なのでボクは証拠を見つけてきます。ヒミカはここで待っていてくれませんか?」
「えっ! ここで? アタシも行くわよ!」
「ダメです、危険過ぎます。犯人はアナタの正体を知っているかもしれないんですよ?」
「それだったらキシだって…」
「ボクは独自のルートがありますから、大丈夫です」
 …確かにコイツ、そのルートでウチの血族のこと、知ったんだったな。
「だから大人しく、ここで待っててくださいね?」
「…早く帰って来る?」
「陽が沈むまでは、必ず」
 そう自身ありげにキシが言ったので、アタシは頷くしかできなかった。


FC2blog テーマ:怪談/ホラー - ジャンル:小説・文学

【2017/07/04 08:16】 | ★マカシリーズ★
【タグ】 小説  カニバリズム  マカシリーズ  オカルト  ホラー  肉料理  
トラックバック(0) |