恋愛小説・「教え子の甘い誘惑」1

2017.10.10(23:32)

<あらすじ>
「ねぇ、センセ。オレのものになってよ。そうしたらセンセの言うこと、何でも聞いてあげる」
 そんなことを言い出したのは、アタシが勉強を教える高校の教え子くん!
 アタシを困らせるだけの彼だけど、ピンチのアタシは彼の手を取るしかない…。
 教師生活、どうなっちゃうのぉ~!?
 …そう言われて、アタシのとった行動は…!?

〔アタシだけの問題児〕
 授業開始の鐘の音が、校舎に鳴り響く。
 アタシは教室の扉の前で、深呼吸をした。

―よしっ! 今日こそは来ていますように!

 祈るような気持ちで、扉を開いた。
「おはよう、みんな。楽しい英語の授業を始めるわよ!」
 明るく振る舞い、教壇に立った。
 そして視線を彼の席へ向けて…がっくり項垂れた。
「せっ先生…」
「気にしない方が良いですよ」
「いつものことじゃないですか」
 生徒達が気まずそうに、口々にアタシを慰める言葉を言ってくれる。
「…今日も、なのね」
 あはは…と生徒達の間で渇いた笑いが広がる。
 40人いるはずの席には、1つだけ空席がある。
 彼の席だ。
 今日も彼、世納(せのう)華月(かづき)くんは、アタシの英語の授業に出席してくれなかった。

 思い出すこと三ヶ月前の春、アタシは高校2年の英語を担当することになった。
 教師生活も5年を向かえ、そろそろ担任を持ちたい気持ちがあった。
 だから来年ぐらいは…と考えていた矢先、アタシは彼と出会った。
 彼、世納華月くんはアメリカからの帰国子女。両親の仕事の関係で、6年間、アメリカにいたらしい。
 2年からの編入で、日本の生活も久し振りだから、何かとフォローしてあげようと、職員会議で言われていた。
 けれど…アタシの初授業の日。
 彼はアタシの授業の途中で、いきなり立ち上がった。
「…世納くん? どうしたの?」
「悪いケド、英語はアメリカでイヤってほど学んだんだ。この授業、受ける気は無いよ」
 …と、爽やかな笑顔で教室を出て行ったっきり、アタシは授業で彼と顔を合わせることは二度と無かった。
 さすがに担任の先生や、同じクラスメート達が何かと言ってくれたらしいが、効果はゼロ。

 もう…担任どころか、教師自体を続けていく自信が無くなってきた。
「ごっゴメンね、先生」
「いろいろとオレ達も言っているんだけどさ」
「アイツ、自分が英語得意だからって、天狗になっているんだよ」
 生徒達から慰められる教師…情けな過ぎる。
「…も、良いわ。とにかく、授業を始めます。もうすぐ学期末のテストがはじまるしね。みんな、気合を入れて頑張って」
 1人の生徒の為に、他の生徒達の授業に影響を与えてはいけない。
 アタシは気持ちを切り替え、授業を始めた。
 ―そして無事、終了。
 生徒達は渡されたプリントに、顔をしかめている。
「世納くんのは…机の中にでも入れといて」
「はい」
 彼の後ろの席の生徒が、英語のプリントを机に入れた。
 カバンはある。だから学校には来ているんだろう。
 朝、廊下で見かけた気もするし。
 アタシは深くため息をつきながら、保健室へ向かった。

 保健教諭はアタシと同じ歳で、同じ大学を出た榊原(さかきばら)涼子(りょうこ)がいる。
 美人でビシッとしていて、生徒達や教師達からの信望も厚い。
 しっかりしているから、いろんな人から悩みを相談されるそうだ。
 彼女は実際、カウンセラーの資格を持っているから、いつも保健室は誰かしらいる。
「榊原先生、今良いですか?」
 だからアタシは保健室に入る時は、教師の顔をする。
「アラ、美咲(みさき)。また世納クンに逃げられたの?」
 ぐっさり★と言葉の矢が、胸に突き刺さった。
 この言葉のキツさ…本当にカウンセラーの言葉だろうか?
「ええ。今日も、よ。今日でめでたくなく、3ヶ月が突破したわ」
「それはおめでたくないわね。慰めにコーヒーでもいかが?」
「いただくわ」
 壁際の長椅子に腰をかけ、首を鳴らす。
「ご苦労様。もうすぐ期末テストで忙しい時期に、相変わらずなんて大変じゃない?」
「事実、大変よ。教頭先生からは毎日お小言をいただいているしね。担任の先生も頭痛がするみたい」
「どうりで良く頭痛薬を貰いに来ると思った」
 涼子は肩を竦め、コーヒーカップを渡してくれた。
「ありがと。でもいい加減にしないと、彼、もう夏休み中の補習決定なのよ」
「自業自得ね。でもこれがずっと続けば…」
「ええ、今度は進級の問題になるわ。世納くん、成績自体は良いのだから、勿体無い話よね」
「随分他人事のように言うのね。もう諦めた?」
 イスに座り、涼子は楽しそうに言ってくる。

スポンサーサイト

NL・GL・BLのKissシリーズ、とりあえず完結です!

2017.10.10(23:20)

 様々なキスストーリーを書いてきたシリーズですが、とりあえず今日掲載した分で完結となります。
 とは言いましても、短編小説なので書きたくなったらまた書くと思います。
 三つのシリーズの作品数を合わせると、百を超えるんだからビックリしました。
 書き始めた切っ掛けですが、最初にこの作品を掲載したサイトは魔法の図書館でして、全年齢向けの甘い恋愛小説を書いてみたいと思いました。
 キスというのは様々なシチュエーションで行われるものですし、短編でいろいろと書いてみたいと思ったんですよね。
 読者の方にできるだけ感情移入してもらいたく思いまして、あえて登場人物達には名前をつけませんでした。
 まあ登場人物と言っても、作品にはキスをする二人しか出てきませんけどね☆

 Kissシリーズは終了しますが、まだまだ掲載できるストーリーはあります。
 今度からはちょっと長めの恋愛小説を掲載していくつもりですので、よければお付き合いください♪


Girls Kiss・「お嬢様とのキス」

2017.10.10(23:06)

「わたし、あなたのことが好きですわ」
「ありがと!」
 にこーとお互いに微笑み合う。
 彼女とはいつもこうだった。
「さっ、お弁当食べよ!」
「はい」
 彼女のお手製のお弁当を昼休み、二人っきりで中庭のベンチで食べる。
 これもいつものこと。
 うちの学校は私立で、小学校から大学までのエスカレータ式。
 彼女とは小学2年生の時に知り合って、もう8年の付き合いになる。
 うちの学校でもトップを競うほどの資産家のお嬢様で、成績も優秀で、美人。
 そんな彼女と友達なのが、あたしの自慢。
「うん! 今日もお弁当、美味しいよ」
「ありがとうございます。あなたにそう言っていただけるのが、一番嬉しいですわ」
 中学に入ると、彼女がお弁当を作ってきてくれるようになった。
 なのでありがたく、頂いています。
「でもさ、毎朝大変じゃない?」
「そんなことございませんわ。あなたに喜んでいただけることを考えて作っているので、とても楽しいんですの」
「そお?」
 ちなみにお茶も彼女特製。美味しい♪
 でも…ふと考える。
 彼女はモてるし、いずれはあたしのこの場所も、どこかの男の子に取られてしまう。
 そう考えると…ちょっとさみしい。
「ねっねぇ」
「はい? 何でしょう?」
「その…あたしが邪魔になったら、いつでも言ってね!」
「えっ?」
 あたしはさみしさを隠して、明るく振る舞った。
「ホラ、キミはモてるでしょう? いつか彼氏が出来たら、遠慮無く言ってね! あたしはちゃんと引くからさ」
 明るく言ったつもりだったけど…彼女の表情が暗くなる。
「それは…ありませんわ」
 あっ、許婚とかいるのかな?
「ごっゴメンね。何かあたし、空回っちゃったかな?」
「いえ、そうではなく…」
 彼女は頬に手を当て、少し首を傾げた。
 ううっ…。可愛いなぁ。絵になるよ~。
「…わたしがあなた以外を選ぶことなんて、ありえないという意味ですわ」
「………はい?」
「ですから、殿方なんて選びません。わたしはあなたが好きだと、以前から言っていますでしょう?」
 ほっ本気だったの!?
 てっきり社交辞令かとばかりっ…!
 それとも天然?
「すっ好きって、そおいう好き?」
「はい、恋愛感情の好きですわ。ずっとあなたが好きでしたの。気付きませんでした?」
 満開の花のような笑みで言われても…。
「でっでもどのぐらいの好きなの?」
 高鳴る胸を押さえつつ、聞いてみた。
 …本当は期待していたのかもしれない。
 彼女はにっこり笑って、あたしの頬に触れて…優しくキスした。
 甘くて、柔らかくて、あたたかな彼女の唇。
 頭の中がぽやっとする。
「…ご確認できて?」
「できました。しっかり」
 顔が真っ赤になっていることだろう。
 彼女は微笑みながら、あたしの顔を優しく手で包んだ。
「今度のお休みに、わたしの家に来てくださいな」
「良いケド…遊ぶの?」
「いえ、ご紹介したいんです。両親に、あなたのことを」
 ………それって、もしかしなくても………。

<終わり>


Kissシリーズ・イジワルなキス2(2)

2017.10.07(00:41)

「んなっ! ちょっ…何すんのよっ!」
 引き剥がそうとしても、思わぬ力でビクともしない!
「…あっ、本物?」
「本物よっ! ちょっと、具合が悪いなら保健室に行くか病院に行きなさいよ!」
「……そんなんじゃ、治らない」
「じゃあどうやったら治るのよ? ご両親、わざわざ海外から連絡してくれたんでしょ? 恋しいなら、もうそっちに行ったら?」
「行っても治らない」
 両親が恋しいとかじゃない、か。
 慣れない一人暮らしでまいっているのではないか、というのが周囲の意見だった。
 でも違うとなると…。
「じゃあどうすれば元気になるの?」
 あたしが尋ねると、顔を上げて真っ直ぐに見つめてくる。
「…協力してくれる?」
「まああたしにできることなら…」
 幼い頃にさんざんイジワルされたけれど、でも元気のない姿を見て喜ぶあたしじゃない。
 すると急に束縛が解けたかと思うと、いきなり…キスされた。
「…へっ?」
「…ああ、やっぱり…。こうしていないとオレ、元気が出ないみたいだ」
 そう言って今度はぎゅっと抱き締められた。
 ハッ!と我に返ったあたしは、アイツの腕の中で暴れだす。
「ちょっと! いきなり何すんのよ!」
「そんな驚くことじゃないだろう? 二回目なんだし」
 …その言葉で、八年前の出来事を思い出す。
 そう、彼とキスをするのは二度目。
 一度目は彼が引っ越す前日、突然あたしの眼の前にコイツが現れた。
 珍しく真面目な表情で話があると言われて、家の近くにある公園に行ったのだ。
 そこで何もコイツは言わず…突然、キスをしてきた。
 当時のあたしはキスの意味が分からず、ただ首を傾げるだけ。
 でもコイツは満足したように微笑んで、そのまま帰って行った。
 ――翌朝、アイツが誰にも何も言わず、転校して行ったことを知った。
 そしてあたしは成長し、キスの意味が分かるようになる。
 アレがファーストキスだったことも…。
「…ずっと聞きたかったんだけど、何でキスしてきたのよ?」
「あっ、覚えてた? 何も言ってこないから、忘れられてたかと思ってた」
「そりゃ忘れたかったわよ!」
 けれど同じ学校に通って、顔を見ていたらイヤでも思い出す。
「…当時のオレってさ、本当にガキで、好きなコほどイジワルしちまってたんだ。でも遠くへ引っ越すって親に言われて、気付いた。おチビと離れるのが寂しいって。だからキスしたんだ」
「……当時のあたしからしてみれば、最悪のイジワルだったわよ」
「ゴメン…。本当は引っ越すことを言って、イジワルしてたことを謝ろうと思っていたんだけど…。いざおチビを前にしたら、何も言えなくなって…気付いたらキスしてた」
「自分勝手なヤツ」
「本当にゴメン…。でもオレ、おチビがいないとダメみたいだ」
 …それならもう、昔の変なあだ名で呼ばないでほしい。
 まだ八歳の頃のあたしは小さくて、確かにおチビってあだ名が似合うコだった。
 そして性格も消極的で…コイツがイジワルしてこなかったら、きっと誰とも関われなかった。
 コイツがいない日々に平和を感じていたのは確か。
 けれどちょっとだけ、寂しさを感じたのも確かだった。
「…それならもう『おチビ』って言わないで。あたしの名前、ちゃんと呼んでよ」
 顔を上げながら言うと、少し照れるコイツが可愛いと思ってしまう。
「ううっ…! 改めて名前で呼ぶのって、結構照れるな」
「じゃなきゃ、もう二度と声をかけないし、キスもさせない」
「うっ! …こういうところでイジワルするなよ」
「アンタがそれを言うか」
 八年前のことはちゃんと今でも恨んでいるのだ。
「はあ…。わーったよ。無視されるのも、キスできないのも、オレにとっちゃあ死活問題だからな」
「バカなヤツ」
「自覚してる」
 こんなにやつれるほどあたしを好きだなんて、本当にバカ。
 けれど今は真剣な表情で、真っ直ぐにあたしの名前を呼ぶようになったんだから、いっか。

<終わり>


Kissシリーズ・イジワルなキス2(1)

2017.10.07(00:35)

 生きていれば、もう二度と会いたくないと思う人間は必ず一人はいると思う。
「おっ、おチビじゃねーか! ひっさしぶりだなあ!」
 …それが特に、小学二年生の時に思いっきりイジメられた男だと余計に。
 桜が満開の高校入学式で、あたしはそのイジメっ子と再会した。
「どっどうしてここにっ…!」
 小学二年の時に同じクラスになったコイツは、何かとあたしをイジメてきた。
 けれどそれも三ヶ月も経たずに終わった。
 理由はコイツが転校して行ったから。
 あの時ほどほっとしたことはない。
 あたしはそのまま地元に残り、平穏で平和な小・中学生活を送ってきたのに…!
「いや、今度親父が海外転勤になっちまって。でもオレ、英語が苦手でさ。日本に一人で残ることにしたんだ」
 一緒に行けばよかったのにっ!
 思い出したくもない、忌々しい思い出が次々とよみがえってくる。
 あっ…倒れそう。
「また三年間、よろしくな!」
 なのにコイツときたら、平然と明るい笑顔を浮かべやがる…。
 まあ同じクラスになるとは限らないしな……と思っていたのに!
 同じクラスの上、苗字の席順でも前後と近い!
 …神様はあたしに何の恨みがあるんだろう?
 あたしはできるだけ近づきたくなかったのに、コイツは平然と話しかけてくる。
 やがて互いに友達ができたものの、何故か男女入りまじったグループになった。
 そうなれば当然、遊んだりつるんだりするのはグループ行動が多くなるわけで……そうなると、アイツとも接する機会が多くなる。
 …本当に嫌だ。
 小学二年の頃のアイツは、あたしにとって悪魔だった。
 まあ子供ながらのイタズラが多かったけれど、大分傷付いた。
 まず髪の毛をグシャグシャにされる、おもちゃの爬虫類で驚かしてくる、ノートや教科書に落書きをされる…などなど、数多くのイジワルをされたきたのだ。
 流石に周囲の友達や大人達も、時々は見兼ねて止めてくれた。
 けれどコイツは全く反省なんかせず、直らなかった!
 …あの頃、支えてくれる友達がいなかったら、不登校になっていただろうな…。
「何、遠い目してるんだよ? なあ、ちょっとノート見せてくれよ」
 前の席に座るコイツは、こうやっていっつも気軽に話かけてくる。
「絶対イヤ」
 だからあたしはノートを胸に抱え、拒否をした。
「何でだよ?」
「授業中に寝ているヤツが悪いから」
 ハッキリ言うと、近くにいた友達がクスクス笑う。
「なっ…! すっ少しだけ貸してくれよ」
「他に人に借りなさい」
 情けない顔をするけれど、あたしはそのままノートを机の中に入れる。
「ひっでぇ! ううっ…。昔はもっと優しかったのに…」
「違うわよ。昔は弱かったの!」
 コイツにイジワルされて、何も抵抗できないぐらいに弱かった。
 だからコイツが転校しても、あたしは強くなろうと思って、生きてきた。
 様々な武術を習ったり、勉強も頑張ったり、人付き合いも上手くできるようになった。
 …まあコイツは不思議なことに、明るくて分かりやすい性格をしているから、友達があたしよりも多いけど。
 それでも成績はあたしの方が上っ!
「ちゃー…」
 ブツブツ言うも、それでも予鈴の鐘が鳴ったので前を向く。
 …そう、決して許しちゃいけない。
 確かに小学生の頃のイジワルは苦々しい思い出だけど……それ以上に、コイツには最悪なことをされたのだ。
 その一点だけは、決して許すまじっ!
 例えコイツが忘れていても、あたしは絶対に忘れられない!
 そういう出来事があったからこそ、あたしはずっとコイツに冷たいままだった。
 友達にはイジワルされた過去を話すと苦笑して、あたしの味方をしてくれる。
 けれどアイツに対して評価が下がるわけじゃなく、こういうのを人徳って言うんだろうな。
「はあ…」
 早く来年にならないかな?
 クラス替えでコイツの顔を見なくなれば、平穏を取り戻せるのに…。

 ――そして一年後。
 念願かなって、あたしはアイツと別のクラスになった。
 しかもアイツは一番最初のクラスで、あたしは最後のクラス。
 校舎も別になり、晴れてあたしは平穏な日々を取り戻した!
 新しいクラスでは新しい友達もできて、一年の時のグループとも遊ぶ回数は減っていった。
 だけどまあみんな、新しい友達が増えて喜んでいたし、別に良い…と思っていたのに。
 何故かアイツだけは見るたびに元気をなくしていく。
 高校二年の秋にはげっそり痩せていて、流石に心配して、声をかけてみることにした。
 他の友達や先生、親が聞いても何も答えないと言うから、あたしが話しかけても同じかもしれないけど…。
 放課後、誰もいなくなった教室で、アイツに机の上で寝ていた。
「…ねっねえ、大丈夫?」
 今にも倒れそうな顔をしているから、声をかけつつ近付く。
 するとゆっくりと顔を上げて、あたしを見るなり、いきなり腰に抱き着いてきた!

恋愛

  1. 恋愛小説・「教え子の甘い誘惑」1(10/10)
  2. NL・GL・BLのKissシリーズ、とりあえず完結です!(10/10)
  3. Girls Kiss・「お嬢様とのキス」(10/10)
  4. Kissシリーズ・イジワルなキス2(2)(10/07)
  5. Kissシリーズ・イジワルなキス2(1)(10/07)
次のページ