フリーのシナリオライターとして活動しています
「だから…と言うこともないが。お前が女として迫ってきた時は……その延長みたいなもんだと思った」
 …つまりアタシの接触は、過激なスキンシップの一つと思っていたと。
「だけどお前は若いし、未来がある。可能性な無限大だし、俺なんかに構っているのが勿体無いと思ったんだ」
「むっ…」
「外の世界に出れば、お前にふさわしい良い男がすぐに見つかるさ。だから俺ことなんて…」
「むうっ!」
 耐え切れずに叫んだアタシは突然立ち上がり、机に膝を載せて先生の両肩を掴み、くだらないことばかり言う唇を唇で塞ぐ。
「んんっ…! おっおい!」

 ガターンッ

 そのまま先生は背中から床に落ちる。
 あたしは先生が抱きしめて庇ってくれていたから、どこも痛くない。
 …やっぱり優しい。
 そんな先生の上に乗りながら、アタシは何度も先生キスをする。
 最初は抵抗していた先生だけど、途中から力が抜けたようになすがままになった。
 唇がしびれるようになって、ようやくアタシは先生から離れる。
「…お前なあ」
 困り果てた先生の顔、唇はアタシの唾液で濡れていた。
 こういうところが妙に色っぽいんだよなぁ。
「だぁって先生、くっだらないことばかり言うから。アタシはこの恋心を一生のモノにしたい。死ぬ時だって持っていきたいと思っている気持ちを、バカにされたら怒るッスよ」
「うっ…」
 少し怒ったように上から言うと、先生はますます困る。
 そんな先生に、アタシはフッ…と笑いかけた。
「先生、知ってったッスか? アタシ、実は国語が苦手だったッスよ」
「…ああ、そう言えば一年の夏までは六十点台だったな」
「そうッス。でも夏に先生に惚れて、国語の教科書を大事にしたり、何度も読み返したりしたッス。そうすると、少しでも先生に近付けたように思えたッスから」
 そうしているうちに、いつの間にか成績がトップになっていたのだ。
「思い込んだら一途! と言うのがアタシッスからね。…逃がさないッスよ」
 ぎゅうっと先生に抱きつくと、とうとう観念したようにため息を吐く先生。
「…お前には本当に負けるよ」
「じゃあお嫁さんにしてくれるッスか?」
「ちゃんと大学に行くか、就職を決めれば、な」
「うがっ!?」
 …ヒドイ、交換条件。
 本当は専業主婦になりたかったのに…。
「んっ…。じゃあ大学に通って先生の資格を取って、この学校に戻ってくるッス。もちろん、国語の先生として。それなら良いッスよね?」
「お前…俺をクビにさせたいのか?」
「そうなったら、先生は専業主夫になれば良いッス!」
 ニヤッと笑うと、先生は柔らかくあたたかく苦笑した。
「言ってろ」
 そしてゆっくりとアタシの頭を引き寄せ、キスしてくれる。

 ――やっぱり恋愛は一途で、多少強引じゃなきゃね!

<終わり>
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:恋愛小説 - ジャンル:小説・文学

【2017/07/30 12:27】 | <Kiss>シリーズ
【タグ】 小説  短編  キスシリーズ  キス  恋愛  高校生  先生  歳の差  学園    
トラックバック(0) |
「お前、どういうつもりだ?」
「何がッスか?」
「この進路希望だ」
 生徒指導室で、アタシの目の前にいる担任の先生は思いっきり顔をしかめて、アタシが書いた進路希望の用紙をピラピラと振って見せる。
そこに書いてあるのは、

先生の奥さん』

 という心から希望している進路だ。
「ふざけないで、どこの大学でも就職でもいいから書け」
「だーからぁ、本気ッス。アタシの気持ちはずっと先生に言ってたッスよ」
「その口調も止めろ…」
 先生はただでさえくたびれた中年オヤジなのに、今は余計にくたびれ感が出ている。
 先生とアタシが出会ったのは、中学一年の時。
 ウチの学校は共学で中・高一貫、しかも寮住まい。
 かなり厳しい進学校として有名で、アタシなんかは変わり種。
 けれど運動も勉強も上位の方だから、別に文句は言われない。
 …目の前にいる先生以外は。
 先生は国語担当の教師で、中学一年の時、アタシは国語係だった。
 教科の係は各クラス男女一名ずつ。
 先生が使う資料を運んだり、宿題の提出物を回収して渡す役目をする。
 ――が、アタシのパートナーは当時、係をサボってばっかいた。
 成績が思うように伸びなかったのと、アタシを敵視していた為、係の役目を押し付けやがった…!
 でもそのことに気付いた先生が、パートナーを説得してくれたおかげで、何とか役目をこなしてくれるようになった。
 一見はボサ~とした冴えないオッサンだけど、生徒のことをよく見て知っていてくれる。
 そんな先生に惹かれたアタシは、中学一年から先生に迫っていた。
 けれど年齢差が二回りも違ったせいで、最初は子供扱いだった。
 まあ確かに十二歳の女の子に、三十六歳の男が告白されても、懐かれたとしか思えない。
 だから思いきって高校に上がってすぐ、先生の部屋に夜這いに行ったのだ。
 先生は、男先生専用の寮の一階の角部屋だったから、侵入は楽だったなぁ。
 アタシも中等部の頃は二人部屋だったけど、高等部では一人部屋だから、抜け出しても結構バレない。
 だから男子寮と女子寮が離れていても、夜中に密会する恋人は多い。
 アタシと先生のように。
「アタシ、もう先生のせいで傷モノッスよ。責任取ってください」
「真夜中に夜這いしに来た女子高校生が何を言う」
 あっ、怒った。
 まあ確かに最初はそうだったけど…。
「でもそれから三年間は受け入れてくれたじゃないッスか」
「それはお前がいつまでも窓の外にいるからだろう!」
 …おっしゃる通りで。
 でもその気になれば、寮の部屋は空きがあるんだから移動することだってできた。
 それをしなかったんだから、多少なりと脈はあるはず!
「でも先生も無用心ッスよ。窓に鍵かけないなんて」
「寮の敷地で危ないヤツが侵入するとは思わなかったんだ。お前みたいなヤツがいるとは予想外だったがな」
 ヤレヤレといった感じで肩を竦める先生。
「…とにかく、お前は優秀な生徒だ。希望すればどこへだって行けるだろう? ふざけるのもいい加減にして、本気で進路を考えろ」
「何度も言わせないでほしいッス。アタシは先生の嫁になりたいッスよ。…それとも先生はこうやって女子生徒の気持ちを弄んでいたッスか?」

 ゴンッ!

「あいたっ!」
「…お前のその態度といい口調といい…頭の良いヤツはどこかおかしなもんだ」
 おっ女の子の頭にゲンコツを落とすか、普通?
「大体、何で俺なんだ? 遊ぶのもここら辺にしといた方が良いだろう?」
 先生の言葉で、アタシは首を傾げる。
「…まさか先生、アタシに弄ばれていると思っていたッスか?」
「そうじゃない! …ただ、擬似的な恋愛関係だっただけだろう?」
 ムッ!
「何ッスか、それ? アタシは本気ッス! だから先生の部屋に夜毎、通っていたし…」
「それをここで言うなっ!」
 小声で怒鳴って、先生はアタシの口を塞ぐ。
 まあ確かに人気の少なくなった校舎の中とはいえ、誰が通り過ぎるか分からないしな。
「…でもアタシ、ずっと待っていったッスよ? 先生がちゃんと独身で恋人いないことを知ったから、迫ったんだし…」
「そもそも三十過ぎの男に迫るな。俺ももう四十二だぞ?」
「知ってるッス。アタシはもう時期、十八。結婚できるッス」
「親の承諾が必要だろう?」
 …それもごもっとも。
「…じゃあ先生は何でアタシに付き合ってくれたんッスか? 遊びだったら遊びだったと、言ってほしいッス」
 ウソ、本当は言ってほしくない。
 けれど切るのならば、バッサリ切ってほしい。
 変な期待を持たせずに、背中を押してほしいと思うアタシはワガママだな。
 案の定、先生は困り顔で腕を組んで、ため息まで吐く。
「…正直言えば、こんなオヤジに懐いてくれるお前は可愛かった。まるで妹か娘が出来た気分だったしな」
 それは知っている。一緒にいて、感じていたから。

FC2blog テーマ:恋愛小説 - ジャンル:小説・文学

【2017/07/30 12:22】 | <Kiss>シリーズ
【タグ】 小説  短編  キスシリーズ  キス  恋愛  高校生  先生  歳の差  
トラックバック(0) |
「まあそうですね。私の友人の何人かも、高校を卒業すると同時に結婚するコがいますから」
 しかも中には出来ちゃった婚までいるんだから、生き急いでいるように思える。
 でも私はそこまで熱くはなれない。
「んで? やっぱ結婚はイヤか? 同棲を先にしたいか?」
「別に同棲も結婚もイヤではないですよ。先生のことは好きですし」
「なら何でちゃんとした答えをくれないんだ?」
 私よりも年上のクセに、拗ねた表情をしてくるのだから、可愛い人だ。
「金に不自由させないし、浮気もしないぞ?」
「知ってますよ」
 教師という安定した職業をしているし、私に夢中なのは充分身に染みている。
「じゃあ何で焦らすんだ?」
「焦らされている先生が可愛いから、と言ったらどうします?」
「…振り回すなよ、大人を」
「冗談ですよ」
 本当は半分、本気だけど。
 最後の一冊を入れ終えた後、私は先生に寄りかかった。
 そして間近にある先生を見上げると、微笑んだ先生に肩越しでキスされる。
「んっ…」
 もう数え切れないほど重ねた唇は、触れ合うたびに胸が高鳴って熱くなる。
 離れた後、私は思い切って疑問を尋ねてみた。
「…先生は何で、私と結婚したいと思うんですか?」
「何でってそりゃあお前…好きな女と一緒になりたいって言うのは、男として当たり前の願望だろう?」
 相変わらずストレートな人。
「女だって、惚れた男と一緒にいたいと思うだろう?」
「まあ否定はしませんけどね。もうちょっと、先生が冷静になってくれればと思いまして」
「それはムリ。俺、お前に夢中だから」
 あっさり却下した先生は、再び私を強く抱き締める。
「高校を卒業したら、今より会えなくなるだろう? ましてや大学には、俺より良い男がいるかもしれないし」
「案外寂しがり屋なんですね、先生」
「お前が相手だと、そうなるみたいだ」
 嬉しいことを言ってくれる。
 高校を卒業した途端、先生と結婚すれば、周囲の人達に在学中から付き合っていたことがバレて、騒がれること分かっているんだろうか?
 そうなれば先生は今のままじゃ、いられないのに…。
 私は大学に逃げられるから良いけれど、先生はそうもいかない。
 だから私は躊躇ってしまうのだ。
「高校を卒業したら同棲、私が就職したら結婚、というのはどうですか?」
「何で籍を入れるのをイヤがる?」
「イヤではないですけど…先生、教え子に手を出したという評判はよろしくないと思いますよ?」
 だからせめて、高校を卒業して数年後に結婚をすれば、ある程度は誤魔化せる。
「本当のことだから否定はしないが。まあでもお前が気になるんだったら、そういう風にしようか? 俺はとにかく、お前と一緒にいたいだけだし」
 ワガママな人。
 でもこういうところも、良いと思ってしまう。
「ああ、でもさ。ようは学校関係者に、結婚したことを知られたくないんだよな?」
「そうですけど…」
「ならさ、籍は入れて、結婚式とか披露宴をお前が就職した後にすれば良いんじゃないか?」
「それは…」
 確かにそれなら、二人の関係を表沙汰にしなくても済む。
「なっ? 良い考えだろう?」
「…先生、そんなに私と結婚したいんですか?」
「当たり前だろう? 愛してるんだから」
 至極真面目な表情で言われると……断ることができなくなる。
「…じゃあ、それで話を進めましょうか」
「おっ。プロポーズを受け入れてくれるのか?」
「はい。私も先生のこと、愛していますから」
 改めて先生と真正面から向き直って、今度は私から背伸びをしてキスをする。
「そりゃ嬉しいな」
「ですがとりあえず、大学入試が終わるまでは保留で」
「またかよ…。ああ、でも分かっているさ。じゃ、試験が終わったら、お前さんとこのご両親に挨拶に行かなきゃな」
 嬉しそうに笑う先生を見て、私も笑みを浮かべる。
 けれど心の中では、絶対に大学に受かろうと決意を固めた。
 これで落ちたりしたら、絶対に両親に結婚を反対されるから。
 前途は洋々とは言いにくいけれど、とりあえず先生との未来は明るいことが決定した。

<終わり>


FC2blog テーマ:恋愛小説 - ジャンル:小説・文学

【2017/06/20 06:36】 | <Kiss>シリーズ
【タグ】 甘々  短編  キスシリーズ  キス  生徒  先生  恋愛  プロポーズ  
トラックバック(0) |
コンコン

「失礼します、先生
「おう、入れ」
 了解を得たので、私は職員室の引き戸を開ける。
 引き戸の近くに、私のクラスの担任の席があった。
「はい、日直の日誌です」
「はい、ご苦労さん」
 用が済んだらとっとと退散するのが、この職員室での決まり。
 なので私もさっさと職員室を出て、いつもの所へ向かう。
 私は科学部で、高校三年になった今は部長を務めている。
 担任の先生は科学部の顧問で、いっつもお世話になっていた。
 私は科学準備室で白衣を着た後、本棚の片付けをはじめた。
 ウチの科学部はかなり有名で、一言で科学部と行ってもそこから部門がまた分かれていたりする。
 生物を扱った部門や、機械を扱った部門などがあり、その活動は有名で、科学部に入る為にウチの高校に入ってくる学生もいるぐらいだった。
 かく言う私も科学に興味があって、この高校へ入学してきた。
 勉強は厳しくて難しいけれど、やりがいは感じる。
 この高校の学生達は、高校在学中に将来の夢を決めることが多い。
 そしてそのほとんどを叶えているのだから、根性がある学生が育っている証拠だろう。
「私はどうしよっかな?」
「何がだ?」
 声と共に現れたのは、先程会った担任兼顧問の先生
 三十代後半で、メガネをかけている。
 素っ気無い喋り方と、上手な授業のおかげで、男女共々人気が高い先生だった。
「将来のことです。ちょっとまだ、不安な部分がありまして」
「お前は何になりたいんだ?」
「とりあえず研究をしたいので、大学で科学者をしたいですね」
 いろいろと難しいことも多いだろうけど、研究が好きなので、大学もそっち方面を選んでいる。
「ただ…もう一つ、叶えようかどうしようか迷っていることがありますから」
 私はわざとらしく肩を竦めて見せる。
 すると先生は引き戸の鍵を閉め、近付いてくる。
 そして本棚に向かっている私を、背後から抱き締めてきた。
「何だ、プロポーズは受けてくれないのか?」
 低く耳元で囁かれると、背筋がゾクッとする。
「教え子に手を出すなんて、いけない先生ですね」
「何を今更」
 まっ、それを言われると本当に今更だと思う。

 先生との出会いは、高校に入学してすぐのこと。
 部活を見て回っている時、科学室で科学部の説明会に参加した。
 そこではじめて先生を見て、淡い恋心を抱いた。
 けれどそんな女の子は私だけじゃないってことは分かりきっていたから、憧れだけにとどめておこうと思っていたのに。
 説明会が終わった後、先生に呼び止められて、科学部に入らないかと誘われた。
「…何で私にだけ、言うんですか?」
「お前さん、中学ん時も科学部で活躍してただろう? ウチの高校に入学したのを知ってから、眼つけてたんだ」
 確かに中学校でも科学部にいて、活動はしていたけど…。
「でも先生、その言い方っていやらしく聞こえるんで、他の子には言わない方が良いですよ」
「いっいやらしい? …そう言われてみれば、そうかもな」
 どうやら無自覚だったらしく、先生はショックを受ける。
 そんな先生の姿を見て、私は緊張がほぐれた。
「まあ私レベルの部員はたくさんいるでしょうが、せっかく顧問の先生から誘われたことですし、入部しますよ」
「おっ、そう言ってくれるとありがたい。でも言っておくが、あんなこと言ったの、お前さんがはじめてだからな」
 僅かに顔を赤く染めながら弁解する先生を見て、私はついふき出してしまう。
「ふふっ、分かっていますよ」
「ちなみに俺から部員を勧誘したのも、お前さんがはじめてだ」
「それは嬉しいです」
「ホントだぞ?」
 そんな軽口をたたきながら、私と先生は仲良くなっていった。
 部活は楽しくて、先生に会えるのも嬉しくて、毎日があっと言う間に過ぎていった。
 だけど二年の秋、次期部長に任命された時は流石に戸惑った。
 でも先生が支えてくれると言ってくれたので、引き受けることにした。
 けれど部長を引き継いでからというもの、やることなすことは思った以上に多くて、部室で居眠りしてしまうことが多くなっていった。
 あれは二年の秋に県で行われた、科学部の発表会の後、緊張の糸が途切れた私は、今いる科学準備室でイスに座った途端、眠ってしまった。
 そんな私の隙をついて、先生が…。

「…でも寝込みを襲って、私が拒絶したらどうしようとか思わなかったんですか?」
 背中に先生の重みを感じながらも、私は手に持った本を、棚に入れていく。
「ん~まあでも、お前さんに好かれていることは気付いていたからな」
 自惚れ屋だとは言えない。
 何せ本当に、私は先生が好きだし。
 あれから何だかんだと一年以上が過ぎた。
 進路の問題が出た時、二者面談を行なった。
 その時、先生から言われた。
「高校を卒業したら、結婚しないか?」
 ―と。
 流石に私は若すぎることは自覚していたので、返事は保留にしてもらった。
 先生と私の関係は誰も知らないことだから、誰にも相談できないのがちょっとした悩み。
「先生は結婚を急ぐ年齢ですよね」
「言ってくれるな。でもお前さんの年代だと、十代で結婚も珍しくないだろう?」


FC2blog テーマ:恋愛小説 - ジャンル:小説・文学

【2017/06/20 06:30】 | <Kiss>シリーズ
【タグ】 甘々  短編  キスシリーズ  キス  禁断の愛  生徒  先生  高校生  
トラックバック(0) |