フリーのシナリオライターとして活動しています
「エプロン外すから、ちょっと離れて」
「あっ、うん」
 あたしが離れると、アイツはエプロンを脱いだ。
 そして改めてあたしと真正面から向き合う。
「ここが良い? それとも移動する?」
「ここで良い」
 そう言って今度は正面から抱き着く。
 アイツはちゃんと抱きとめて、優しくあたしの頭や背中を撫でてくれる。
 …昔は同じくらいの身長だったのに。
 いつの間にかコイツは『男』に、あたしは『女』になってしまった。
 いつまでも同じではいられないことは分かっていても、なかなか受け入れられないんだから、あたしってガキなのかもしれない。
 顔だけ上げて、じっとアイツの顔を見つめる。
 すると理解したように笑みを浮かべ、キスしてくれる。
「んっ…」
 手であたしの顎を軽く持ち上げるようにして、キスしてくるんだから、ちょっとムカつく。
 だから両腕をアイツの首に回して、あたしの方に引き寄せる。
「ふっ…。どうしたの? 今日はやたらと積極的だね」
 口ではそう言いながらも、顔は喜んでいる。
「…ねぇ、前から一度聞きたかったんだけど」
 唇に息がかかるように、わざとしゃべる。
「なに?」
「なぁんであたしの面倒を見ているのよ? 恋人として求めていないのに、どんな魂胆なの?」
 そう、ハッキリとコイツから告白されたことはない。
 けれどあたしが『抱き締めてほしい』と言えば抱き締めてくれるし、『キスしてほしい』と言ったらキスしてくれる。
 でもコイツからは、一度たりとも求められたことはない。
 いつだって、あたしの方から言っている。
「魂胆なんて人聞きが悪い。ただ俺は、お前が俺なしでは生きられないようにしただけなのに」
 …何か今、とてつもなく物騒な言葉を聞いた気がする。
「…はい?」
「だから、もうお前は俺なしでは生きられないだろう? 今までたくさん面倒をみてきて甘やかしてきたのは、そういう下心があったから」
 爽やかな笑みを浮かべながら言っても、その意味の黒さは隠せない。
 それに魂胆も下心も同じような意味…って、ツッコミどころはそこじゃない!
「あっあたしがアンタから離れられなくして、どうしたいのよ!」
 そう、それが問題。
 確かに今までの生活に居心地の良さを感じていたのは事実だけど、あたしだってやろうと思えば一人でやれる。
「うん。だから俺から一生離れられなくしたいだけ」
 そう言ってアイツの方からキスしてくる。
 …え~っと、もしかして、いや、もしかしなくても。
「…今のってプロポーズ?」
「ああ、そうかも」
「……じゃあ、あたしのことが好きなの?」
「それは…考えたことがなかったな」
「んなっ!?」
 真面目な顔で否定しやがった!
「だって今まで、この生活が当たり前だったからな。当たり前過ぎて、変わることが想像できない。…と言うより、したくなかったから」
「…じゃああたしのことは好きじゃないの?」
「いや、好きだよ? ただ今までちゃんと考えていなかっただけ」
「何それ…」
 思わず不貞腐れるあたしの頭を、アイツは優しく撫でる。
「俺にとっては、お前の面倒を見る生活を守りたいって言うか、ずっと続けていきたいと思っているんだ。だから結婚して、それが叶うなら良いって思っている」
「そこに恋愛感情はないわけ?」
「まだちゃんと考えていなかっただけだって。お前だってそうだろう?」
「うっ…!」
 確かに恋愛云々では真面目に考えたことはなかった。
 …人として、は多少あるけど…。
「今まで当たり前過ぎたからな、自覚していなかっただけだ。多分、俺はお前のことが好きなんだ。だからずっと面倒を見ていたいと思う」
 普通は逆でしょうに…。
 好きだと自覚したからこそ、一生を共に過ごしたいと考えるはずだ。
 でも…この生活がずっと続くのは、悪くない。
 …そう思ってしまうんだから、とっくにコイツの思惑にはまってしまっているんだろう。
「…じゃあ、今まで以上にあたしを甘やかしてよ?」
「もちろん」
 そしてどちらかともなく、キスをする。
 …うん。こういう生活、ずっと続けていきたいな。

<終わり>
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:恋愛小説 - ジャンル:小説・文学

【2017/07/20 01:59】 | <Kiss>シリーズ
【タグ】 小説  キスシリーズ  短編  キス  幼馴染み  恋愛  プロポーズ  
トラックバック(0) |
 あたしには幼馴染の男がいる。
 出来が良くて、格好良くて、モテる。
 …けど、あまりあたしはこの幼馴染が好きではない。
 同じ歳で、しっかりしすぎて、あたしの面倒まで見てくれる。
 でもいくら何でも、20歳を越えたら、ちょっと変わるもんじゃないだろうか?
 などと思いながら、あたしは食器を洗っている幼馴染に声をかける。
「…ねぇ、何か甘い物食べたい」
「今、夕飯を食べたばかりだろう? それにデザートにコーヒーゼリーを食べたし」
 …そう。つい30分ほど前まで、あたしはコイツと夕飯を食べていた。
 コイツは手料理が上手で、今日もクリームパスタとフルーツサラダ、コーヒーゼリーまで作った。
 美味しく頂いたけれど…。
「コーヒーゼリーってあんまり甘くないもん。生クリーム余っているなら、それ使ってなんか作ってよ」
「ったく…。太ったって知らないぞ?」
 そう言いつつ、冷蔵庫を見始めるから、作る気満々だ…。
 家が隣同士ということもあり、小さな頃からコイツとは一緒だった。
 幼稚園・小学校・中学校・高校に大学まできたら、流石に一緒にいることに飽きてくるんじゃないだろうか?
 コイツは精神的に成長が早く、いっつもあたしは面倒を見てもらっていた。
 でも流石に中学生ぐらいではそういうのもうっとおしくなって、離れようとした。
 …でも長年、コイツに頼りっきりの生活を送ってきたせいか、なかなか上手くいかず、結局今までズルズルと…。
 大学に入ってからは、マンションに一人暮らしするようになった。
 コイツの親戚が、大学近くに結構立派なマンションを持っていたので、紹介で住むことになった―までは良かった。
 けれどもれなくコイツまで、あたしの隣に引っ越してきたのは、どういうことだろう?
 まあ同じ大学に通っているから、不思議ではない。
 …問題は、何故毎日あたしの部屋に来ては、あたしの面倒を見ているか、だ。
 家事をしてくれるのはもちろんのこと、私生活のことでも面倒を見てくれる。
 不思議に思いつつも、受け入れているあたしもあたしか…。
「ほら、できたぞ」
 考え事をしている間に、注文の品はできた。
「フルーツ入りのクレープ。お前、好きだろう?」
「うん、ありがと」
 ナイフとフォークを使い、切り分けていると、アイツは紅茶を淹れてくれる。
 何と言うか、本当に甲斐甲斐しい。
 そう思いながらも、美味しいクレープと紅茶を食べて、満足。
 アイツは食器を持って、流し場へ向かう。
 なんのかんのと言いながらも、あたしのワガママは全部聞いてくれる。
 だから昔から、周囲には恋人扱いされてきた。
 でも…そういうのは一切なかったりする。
 けれどあえて否定しなかったのは、そう言うことで面倒な恋愛事を避けたかったから。
 恋愛なんてめんどくさい。
 それだったら、コイツに面倒を見てもらう生活を送る方が楽。
 出来がよすぎることに頭にきた時もあったけど、今はただ便利としか思えない。
 …でも流石に、何時までもこういうことは続けていられない。
 もう二十歳。
 そろそろお互いに本当に一緒にいたい相手を見つけたり、自立したほうがいいだろう。
 …まあコイツはとっくに自立しているけど。
 あたしは立ち上がり、アイツの背後に立つ。
「ん? どうかしたか?」
 食器を洗っている最中なので、顔だけこちらを向く。
 あたしは黙ってその背中に抱き着いた。
「ん~…。ちょっと甘えたくなった」
「そうか。もう少しで洗い物が終わるから、待っててくれ」
「うん」
 けれどあたしは離れない。
 ぎゅうっとしがみついたまま。
 アイツは拒まない。
 今まで一度たって、あたしのことを拒んだり、邪険にしたことはない。
 それが分かっているから、こうやって甘えられる。
 恋愛対象ではないのに、こうやるのって卑怯かな?
 そんなことをぼんやり思っている間に、洗い物は終了。


FC2blog テーマ:恋愛小説 - ジャンル:小説・文学

【2017/07/20 01:52】 | <Kiss>シリーズ
【タグ】 小説  キスシリーズ  短編  キス  恋愛  幼馴染み  大学生  
トラックバック(0) |
「俺は24になったばかりの男」
 にしては、だらしない男だ。
「でもまあ考えてみたら、現実感ありすぎるし、ないか」
「まあ…何だ。そろそろ現実に戻って、自分が行くべき場所を思い出すと良い」
 と、言うしかないな。
「…ああ、そっか。行く所、あったんだ、俺」
 しかし思い当たることがあったらしい。
 不意に顔付きが変わったことに、思わず胸が高鳴る。
 うん、真面目な表情は悪くない。
 青年が立ち上がると、身長の高さにビックリした。
 私より頭二つ分、身長が高い。
 私は女にしては身長がある方だから、青年は男性にしても高い方だろう。
 青年は服を叩いて、歩き出す。
 ―けれどふと振り返り、私を見つめる。
「ん? どうかしたか?」
 真剣な眼差しを向けられると、不覚にも顔が熱くなってしまう。
「―一応、確かめておこうと思って」
 そう言ってきびすを返し、今度はこちらに歩いて来た。
「へっ?」
 突然のことに驚いている間に、青年はどんどん近付いて来て、とうとう私の目の前に立つ。
 そして両腕を伸ばし、私に抱き着いてきた!
「えっ…えええっ!」
 あまりに突然の行動に、呆然とし、抵抗することも忘れてしまう。
 そして固まっているうちに、青年は顔を上げて…私の唇にそっと口付けた。
「…えっ?」
「ああ…この感触は確かに人間だ」
 そう言って、ゆっくりと私から離れた。
 そして振り返り、また歩き出した青年の背に、
「ふざけるではないわあ!」

 どかっ!

 と飛び蹴りを食らわした。
「ぐおっ!?」
 青年は顔から地面に倒れ込む。
 その背中を今度は踏みつけた。
「いたたたっ!」
「何をしたか、分かっておるのか! 貴様!」
 いっいきなり口付けされるなんて思わなかった!
 しかも…甘く感じてしまうなんて…!
 恥ずかしくて、照れ臭くて、また情けなくて。
 頭の中が熱くなる!
「いっいや、だから。本当に人間かどうか、確かめたかったんだって!」
 顔をこちらに向け、青年は必死に言い訳をするが、踏み付ける力は緩めない。
「人間だと言ったじゃろうがっ! その耳は飾り物かっ!」
 ぎゅうぎゅう踏んでいると、ふと料亭の方から仲人がやって来た。
 そして私と青年を見て、ぎょっと眼を丸くする。
 仲人が慌てた様子で青年の名を呼んだ。
 その名に聞き覚えがあった私は、足の力を緩める。
 何せその名は、今日の見合い相手の名前だったからだ。


「…まさかと思うが、私が誰だか分かっていて、ああいうことをしたのかえ?」
「いいや。でもそうかな?って思ってはいた」
 部屋の中で、改めて私と青年は二人っきりになった。
 仲人が5分ほど紹介の時間を取った後、青白い笑顔で部屋を出て行ったからだ。
 その後、青年は私の隣に座り、髪の毛や頭、頬を触れたりしている。
「でもこんなに綺麗なコが嫁さんになるなんて、ちょっと信じられなくて…」
 そしての精かとも思って、口付けたのか…。
「うん、でもキミなら良いな。ねぇ、俺の嫁さんになってよ」
 …何つうアッサリしたプロポーズ。
 ロマンの欠片もありはしない。
 いや、あのの木の下で出会った時が、一番甘い空気が流れていたな。
 まあ…その後のキスも甘かった。
「ねぇねぇ」
 …人が考えている間に、今度は体にしがみついて揺さぶってくる。
 コイツ、見た目に反してガキだ。
 しかもタチの悪いガキ。
 でも、だけど、私に一目惚れしたらしい…し?
 堅っ苦しい旧家の生活から抜け出して、こういう男と夫婦となるのも楽しいかもしれない。
「…お前さん、私を大事にしてくれるか?」
「もちろん。何があったって、俺はキミのことを守るよ」
 そう言って優しく微笑む。
「ならしょうがない。結婚してやろう」
「ホント? やった♪」
 嬉しそうに笑うと、まぁた私にしがみついてくる。
 …やれやれ。
 退屈な結婚生活を想像していたのだが、破天荒な結婚生活を送りそうだ。

<終わり>



FC2blog テーマ:恋愛小説 - ジャンル:小説・文学

【2017/07/20 01:43】 | <Kiss>シリーズ
【タグ】 小説  キスシリーズ  短編  キス  恋愛  お見合い  歳の差    
トラックバック(0) |
 旧家の家に長女として生まれたのならば、人生は決まっている場合が多い。
 人も羨む豪華な生活を送れるだろうけど、結婚相手や将来の職業に関しては、自分の意志など何一つ通じない。
 それが分かっているからこそ、私も大人しく18になってお見合いをすることを決めた。
 相手は同じく旧家の長男。
 この見合いが上手くいけば、私は相手の家に嫁入りしなければならない。
 まあこういうのも、昔から代々続くものだ。
 だから覚悟はとうに出来ている……はずだった。
 少なくとも、私は出来ている。
 なのに…何故相手の男は何時まで経っても現れない?
 見合いの仲人は時間を過ぎても現れないことに焦り、今、連絡を取りに行っている。
 今日は当人同士の顔合わせということで、親も付き添い人もいなくて、私一人が部屋に残されてしまった。
「まったく…。遅れるとはどういうことじゃ」
 いつもの古臭い言葉遣いも、人がいないからできるもの。
 いい加減、痺れを切らし、私は部屋から出た。
 見合いの席として用意されたのは、会員制の高級老舗料亭。
 の木がたくさん植えられていて、とても美しい庭園がある。
 かく言う私が今日着ている着物も、お気に入りの柄だ。
 せっかくの見合いだから、一番良い着物を着て、普段はしない化粧までしてきたと言うのに。
「それとも相手にはその気がなく、破談にするつもりかえ?」
 ああ、そういうのもあるな。
 一度の見合いで上手くいくのは珍しい方。
 別に婚約者というワケでもないし、破談になったところで別に構わない。
「しかし顔も見せんとは、礼儀もしつけもなっとらんのう」
 まあ私もこういう言葉遣いをいくら言われても直さないけれど、時と場合では使い分ける。
「…来ぬなら来ぬで連絡ぐらいしてこれば良いものを」
 そしたら一人ででも、この料亭で食事をしたのに。
 部屋は庭が見える所だし、庭園を見ながら美味い食事はしたい。
 でも相手がいつ来るのか分からないままでは、注文もできやしない。
「はあ…。腹が……」

 ぐりゅりゅりゅ~

 …ちなみに私の腹の音では決してない。
「…どこか聞こえてきよった?」
 周囲をキョロキョロ見回すと、の木の下に、一人の青年が倒れているんだか寝ている姿を発見した。
 まさか腹を空かせて、倒れているとか?
 この料亭にいるってことは、不審人物ではないだろう。
 チェックは厳しいから。
 しかしもしかしたら、この料亭の関係者かもしれない。
 私はそっと近寄り、声をかける。
「おい、大丈夫か?」
「んっ…」
 私の声に反応し、青年は顔をこちらに向けた。
 …おっ、結構整った顔立ちをしているな。
 年の頃は25歳前後というところか?
「何故ここで寝ている? 具合が悪いのならば、人を呼ぶか?」
「…ああ、大丈夫。天気が良かったし、も綺麗だったから、つい昼寝をしてた」
 そう言って上半身を起こし、大きな欠伸をする。
「確かにここのは立派ぞ。こう見事なは、ウチにもないからのぉ」
 私は桜を見上げ、そっとその幹に触れた。
 しかし青年がじっとこちらを見ていることに気付き、改めて視線と声をかける。
「何ぞ?」
「いや、アンタさぁ…。もしかして桜の精?」
「……はい?」
 どーやらまーだ頭の回転が悪いらしい。
 寝ぼけなまこで私を見ながら、頭をボリボリかいている。
 せっかく立派なスーツを着ているのに、台無しにしている。
 なのに本人は全く気にしていないとは…大物なのか、バカなのか。
「何故そう思う?」
 が、一応理由は聞いておきたいと思った。
「ん~…。だって古い言葉遣いをするし、桜の着物を着ているし…」
 …コレはアレか?
 いわゆる電波とか、そういう次元とリンクしているのか?
「それに綺麗だし」
 ……まあ最後の言葉は良しとしよう。
 ちょっと機嫌が良くなったので、笑って見せた。
「残念ながら18になったばかりの小娘じゃ。そなたは?」


FC2blog テーマ:恋愛小説 - ジャンル:小説・文学

【2017/07/20 01:37】 | <Kiss>シリーズ
【タグ】 小説  短編  キス  キスシリーズ  お見合い  歳の差  恋愛    
トラックバック(0) |
 私のもう一つのHP「MITUYA」で掲載しているブロマガ(有料記事)の紹介です。
 すべてR18、男性向け
アダルト小説なのでご注意ください★




「多額の借金を背負った未亡人妻にかけられる淫らな罠」(男性向け官能小説
人妻凌辱系ストーリー 
 夫+義父×妻の3Pシーンも有り
 月刊ブロマガ300円

〈あらすじ〉
 二十六歳になる松永美穂は、結婚して二年目で、幸せな結婚生活を送っていた。
 しかし突然夫が亡くなり、莫大な借金を残されてしまう。
 借金を返済する代わりに、金融業者から紹介された離島に住む麻野草太という独身男性と再婚することを決めた。
 嫁不足と言われている離島へ到着した美保は、草太の男らしさに次第に心惹かれていく。 
 ところがその夜、美保は麻野家が栽培している媚薬効果のある薬草の香を嗅がされた上に、養父の草一郎も交えた3Pをさせられ……。




アダルトボイスドラマシナリオ・「催眠術をかけられ、淫らな女になり、寝取られた人妻
ブロマガ100円

 約1万3千文字のボイスドラマの成人&男性向けアダルトシナリオになります。
 聞き手を主人公(夫)として、妻である女性が一人語りをしていく内容となっております。
 以下のあらすじをお読みになりまして、興味を持たれた方はブロマガを購入してください。
 

【あらすじ】
 結婚をして一年目の専業主婦の愛美とあなた(夫)はしかし仕事が多忙の為に、夫婦生活はあまり上手くいっていなかった。
 そんなある日、あなたが仕事中に、家にカウンセリングの訪問を行っている男が訪れる。
 愛美は悩みを打ち明けると、男から催眠術を肉体と金を引き換えに教わるようになった。 
 男と密かに肉体関係を持った愛美だが、ある夜、あなたにバレてしまう。
 大人しい妻だったのだが、突如豹変した愛美は男から教わった催眠術をあなたに使い、支配者になる。
 指一本自分の意思で動かせなくなったあなたに、愛美は次々と淫らな命令を下していく。
 夫の主導権を握った愛美は、目の前で豹変した姿を見せるのであった。




「こたつの中の秘め事(義父×娘)」
ブロマガ200円

〔あらすじ〕
 こたつの中で小学5年生の娘に、イタズラをする義父(40歳)のお話です。
 前半のストーリーは無料公開していまして、続きとなる本番の後半ストーリーがブロマガになります。



FC2blog テーマ:18禁・官能小説 - ジャンル:アダルト

【2017/07/18 02:25】 | ブログ
【タグ】 人妻  アダルト小説  小説  3P  借金  義父  官能小説  シナリオ  ボイスドラマ  催眠術  
トラックバック(0) |